企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

退職者の手続き

いつもお世話になります。

弊社に入社した社員が1ヵ月後に突然、電話のみで退職する旨の連絡があり、その日から欠勤しております。
入社当初は、本人の自宅に連絡ができたのですが、現在は電話が不通となっており、本人所有の携帯電話に連絡をいれても留守番電話となります。本人の自宅へ訪問しましたが、留守のようです。(時間帯をわけて訪問しました)
携帯には留守電をいれてあり、総務担当の私へ直通となる電話番号に連絡してもらうように伝言をいれてありますが、一向に連絡がもらえず、現在、1週間がたちます。
会社規定では、無断の欠勤による解雇は20日間としておりますが、今後の具体案がありません。
実は、同棲する女性がいることを聞いており、女性からのDVがあることを聞いており、犯罪につながる可能性も否定できません。
本人の実家にも連絡をいれておりますが、本人との縁を切っており、連絡もできない状態になっているとのことです。(連絡しても繋がらない)親御さんとしても、どうなってもかまわないと言っています。
今後、会社としてどのように事を進めるべきかご回答いただければと思います。
宜しくお願い致します。

投稿日:2006/03/01 17:59 ID:QA-0003870

*****さん
愛知県/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

退職者の手続き

■人間関係がかなりささくれだっているようにお見受けします。雇用関係面では、就業規則上、試用期間中だと思いますので、規程条文が分かりませんが、契約解消に関して、然るべき規定があると思います。その規定内容および労基法20&21条(14日を超えて引き続き使用されるに至つた試用期間中の者)の解雇予告ないし賃金支払義務に基づき処理してください。解雇の場合、① 解雇の意思表示が相手になされること ② 未払賃金の支給が必要です。
■① については現在の状況では意思到達は不可能です。従って、簡易裁判所に対し、公示送達(民法97条の2)の手続きをとります。これは、本人が居所不明の場合、民事訴訟法で定める公示送達手続については、裁判所の掲示場に公示送達のあることを掲示してもらい、かつ、掲示のあったことを官報及び新聞に1回以上掲載するという方法をとります。裁判所は、官報・新聞へ掲載させる代わりに、市町村役場またはこれに準ずる場所にその旨掲示することを命ずることもできます。いずれの場合も、掲示した日から2週間経過した日に、意思表示が相手方に到達したことになります(民法97条12)
■② については、会社として社員を探し出してまで賃金を渡さなければならないという法的義務を負うわけではありません。会社は、従業員が賃金を取りに来るまで、それを管理していればいいのです。(民法644条)管理期間は、賃金の消滅時効の2年間となります。賃金が消滅時効にかかる場合、この賃金は、雑収入として受け入れることになります。トラブルが予想される場合は、民法494条(供託による免責)により法務局に供託する方法もあります。
■なお、家出人捜索願は被捜索人の家族、またはそれに類する人物しか提出できません。親御さんのお考えを伺うとき、難しそうですね。当人に家出の意思が無く、何らかの外的要因によって行方不明になった場合や、家出人に生命の危機がある場合は特異家出人として、捜索願資格の範囲も少し変るようですが、そこまでやることもないでしょう。

投稿日:2006/03/02 13:37 ID:QA-0003879

相談者より

 

投稿日:2006/03/02 13:37 ID:QA-0031574大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
退職日前の退職金一部(または全部)支払について
3月末付で退職予定の従業員に対し、通常は翌4月中に退職一時金の支払いをしておりますが、3月中の支払いができないかとの問い合わせがありました。退職所得として課税するにあたり、支払日は退職後であることは必須でしょうか?
退職日
当社は退職の申し出があった者に対し、退職届(退職願)を提出させています。 この際、退職日を確定するのですが、退職日は当社の営業日としています。 1.これは合法でしょうか。 たまに、退職日は●月末日と申告してくる社員がいます。 2.これは正式な届出としては認めなくてよいでしょうか。何日ときちんと日付...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
  • 退職連絡票
    退職連絡票
    退職について管理するための連絡票です。退職事由・離職票交付の希望の有無、健康保険証の返還、健康保険証の任意継続手続きの希望、住民税の徴収方法などを書く欄があります。どうぞご利用ください。
    ダウンロード
  • 退職証明書
    退職証明書
    従業員が退職したことを証明する「退職証明書」のサンプルです。ダウンロードして自由に編集することができます。
    ダウンロード
  • 退職手続きリスト
    退職手続きリスト
    従業員の退職では社会保険や退職金の手続き、返却・回収するものなど、数多くの業務が発生します。ここでは必要な退職手続きを表にまとめました。ご活用ください。
    ダウンロード
  • 入社手続きのご案内(新卒採用者用)
    入社手続きのご案内(新卒採用者用)
    新卒採用者に入社手続きを案内するためのテンプレートです。
    ダウンロード
この相談に関連する記事
  • 「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
    4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発展してしまうケースがある――
  • 転職活動と電話
    ビジネスにおいての連絡手段といえば「電話」であった時代は過去のものとなり、現在の主役は「電子メール」。近年では「いきなり電話するのは失礼だ」と考える人も少なくない。人材紹介においてこの状況は、色々と困ったことを引き起こしている――。
  • 人材紹介会社のフォロー範囲
    人生の大きな決断である転職。転職先で企業文化の違いに驚いた、場合によってはカルチャーショックさえ受けた、という話は珍しくない。早期退職を防ぐため、入社後も転職者をフォローする人材紹介会社は多いが、人事は採用した社員に人材紹介会社とつながりを持ってほしくない、という気持ちが強いようで――。
あわせて読みたいキーワード
新卒切り
深刻な就職難をくぐりぬけて入社したばかりの新入社員が、上司からの理不尽な要求や、パワーハラスメントなどを受けた上で自主退職を迫られるケースが増加。「新卒切り」と呼ばれ、「派遣切り」「内定取り消し」に続く社会問題として注目されています。 (2011/2/14掲載)
円満退社
「円満退社」とは、会社に就業していた労働者がその職を退く際、使用者との労働契約を双方の合意のもとに解除することをいいます。本来、そうした労働契約解除の形態を指す言葉ですが、より一般的な解釈としては、これまで勤めてきた職場の上司や同僚などにも納得・理解を得た上で、円滑な職務の引継ぎを経て、わだかまりな...
ジョブ・リターン制度
「ジョブ・リターン制度」とは、結婚・出産・介護などを理由に退職した社員を、本人の希望により再雇用する制度。働く側はキャリアを活かして復職、企業側は即戦力の確保と労使双方に大きなメリットがあります。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

会社の法律Q&A 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/27
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


10~300名規模の企業だからこそ効果的<br />
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

10~300名規模の企業だからこそ効果的
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

クラウドシステム導入を検討する中堅・中小企業必読のインタビュー。システ...