無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

転職活動と電話交渉やすり合わせに有効だが 増えてきた「電話に出ない人」

ビジネスにおいて、もっとも頻繁に使う連絡手段といえば「電話」。そんな時代は、過去のものになりつつあるようだ。電話から主役の座を奪ったのは、言うまでもなく「電子メール」である。近年では「いきなり電話するのは失礼だ」と考える人も少なくないらしい。人材紹介において、その場でスピーディーに調整や交渉、すり合わせができる電話は非常に有効なツールだが、電話を使うことに消極的な人が増えてきた現在、それ以外の連絡方法を模索する必要が出てきている。

「いきなり電話は失礼」という風潮

「面接を担当する部長が急に出張することになったので、Tさんの面接日を変更してもらえないでしょうか」

企業から、面接日の予定変更を依頼されることは珍しくない。しかし、この時ばかりは都合が悪かった。Tさんはすでに他の企業から内定をもらっていたのだが、比較・検討するためにもう一社の面接も受けてみては、と提案していたのだ。その面接日が遅れると日程的に厳しくなり、面接を辞退される可能性があった。

こんな時にはすぐ、「電話」で連絡しなければならない。企業側の事情を伝えるとともに、すでに内定の出ている会社にはどれくらい待ってもらうことができるのかを聞き、Tさんの意向も尊重しながら、すり合わせていく必要があるからだ。

さっそくTさんに電話をしたが、留守番電話になっている。折り返し電話をくれるようにメッセージを残し、夜には自宅にも電話してみたが、Tさんが電話に出ることはなかった。

翌日、Tさんから一通のメールが届いた。

「電話で話す時間がとれないので、用件をメールで送ってもらえませんか」

単に用件を伝えて済むのなら、最初からそうしている。しかし今回は、感触を探りながら説得、交渉していく必要がある。メールなら、何往復もやりとりすることになるだろう。タイムリミットが迫る中、それは避けたかった。

交渉やすり合わせに有効だが増えてきた「電話に出ない人」 Photo

しかし、最近は「電話よりメール派」の人が増えているのも確かだ。「相手の都合も考えずに、いきなり電話するのは失礼」と考える人は多い。電話に出られる時でも、用件のわからない電話には出ない、という人もいる。メールが普及する以前に社会人になった人は、基本的に「何はともあれ、まず電話」と教えられてきたし、メールがビジネスシーンで使われるようになってからも、「いきなりメールを送るのは失礼」と言われてきた。しかし、今ではその常識がまったく逆転しようとしている。

人材紹介の場合には、別の理由もあるようだ。メールならすぐに返信せずに、ワンクッション置くことができる。「話の主導権を握られたくない」と考える求職者にとって、メールは都合の良いツールなのだ。紹介会社のアドバイスはありがたいが、説得されたり、丸め込まれたりしたくない、と考える人は多いのである。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
35歳限界説
Oターン
ジョブホッピング
嫁ブロック
カウンターオファー
リベンジ転職
リファレンスチェック
パラレルキャリア
キャリア権