企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ヨメブロック 嫁ブロック

「嫁ブロック」とは、既婚男性が妻に転職や独立を反対、阻止(ブロック)されることをいいます。もともとは企業の採用担当者やヘッドハンターなどが使っていた業界用語で、内定を出しても妻の“ブロック”で採用が失敗に終わることを言いましたが、昨今の転職市場の拡大にともない、一般にも広く知られるようになりました。ある転職支援サイトの調査によると、35歳以上の男性ユーザーの四人に一人が「嫁ブロック」を受けた経験があり、その半数近くが「嫁ブロック」を理由に内定を辞退したと答えています。
(2016/6/24掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

嫁ブロックのケーススタディ

収入ダウン!? 夫の転職に強烈な“待った”
妻に反対されると半数近くが内定を辞退

転職市場の拡大が続いています。日本経済新聞社が4月にまとめた採用計画調査(最終集計)によると、2016年度の企業の中途採用数は3万6219人と、前年度に比べて9.0%増える見通しです。しかも伸び率は14年度が7.7%、15年度が8.7%と3年連続で拡大。大卒や新卒採用の伸びに陰りが見られる一方で、ITや建設業界などの成長分野を中心に即戦力を求める傾向が強まっているほか、バブル崩壊後やリーマン・ショック後に採用を抑えた影響で手薄になってしまった中堅層を補おうとする動きもあるようです。

かつて“氷河期”に不本意な就職を余儀なくされた世代にとっては、キャリアの好転をはかる絶好のチャンスといえるでしょう。ところが、そんな転職にかける夫の夢も、妻のツルのひと声でご破算になるケースが増えているといいます。中途採用でせっかく内定が出ても、男性候補者が「妻が反対しているので」という理由で辞退したり、転職活動自体をあきらめたり。こうした現象を「嫁ブロック」といいます。

エン・ジャパン株式会社が、運営する人材紹介会社集合サイト『ミドルの転職』のユーザーを対象に「嫁ブロック」に関するアンケート調査を行なったところ、転職を希望するミドル(35歳以上)の男性の四人に一人が「嫁ブロック」を経験していることがわかりました。そのうち、「嫁ブロック」を理由に内定辞退したことがある人は44%に上っています。「嫁ブロック」の理由として最も多かったのは「年収が下がるから」(42%)で、以下「有給休暇の取得率が低いから」(26%)、「転職先の企業や業界にあまり良い噂を聞かないから」(26%)と続きます。

人材紹介会社クライス&カンパニーの代表でヘッドハンターの丸山貴宏さんによると、夫の転職に「嫁ブロック」をしかける妻は専業主婦がほとんどで、共働きの場合は少ないといいます。それは、自分も稼いでいるので収入の心配がないからではなく、企業で働くことを通じて会社や仕事の本質を、妻自身が肌身でわかっているからです。

また、妻に黙って転職活動を続けていたために、採用の最終盤に来て、猛烈な「嫁ブロック」に遭うケースも少なくありません。先のアンケート調査では、活動を始める前から日頃のコミュニケーションを十分にとり、互いの価値観や思いをすり合わせておくことが、「嫁ブロック」を避けるためにも重要という声も上がっていました。こうした状況を受けて、最近では妻ら家族向けの採用説明会を開く企業も現れるなど、「嫁ブロック」が企業側の採用手法にも影響を与えつつあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

35歳限界説
「35歳限界説」とは、35歳を機に転職成功率が下がるという、転職市場での定説のこと。特に未経験の職種や業種の場合、35歳を超えてから転職することは難しいと言われます。企業側が他の企業の色に染まっていない、20代の人材を求めていることが多いからです。しかし最近では、この通説を打ち破るようなデータや動向...
リベンジ転職
「リベンジ転職」とは、新卒入社時に希望する企業や業界に就職できなかった社会人が、意中の仕事やより働きがいのある企業に再チャレンジしようと、転職活動にいそしむことをいう造語です。リーマンショックや東日本大震災後の就職氷河期にあたる2010~13年に入社した若手に多く見られることから注目を浴び、使われる...
ジョブホッピング
「ジョブホッピング」(job-hopping)とは、労働者が好待遇やスキルの向上を求めて、あるいは職場の人間関係や業務分担への不満などから、比較的短い期間に転職を繰り返すことを言います。また、ジョブホッピングを行う人は「ジョブホッパー」と呼ばれています。世界的に見ると、よりよい条件を求めて転職を重ね...

関連する記事

後向きな理由から始まる、前向きな転職理由
人材紹介を行うにあたって欠かせないのが、転職を希望する人たちとキャリアアドバイザーとの直接面談だ。そこで最初に確認するのが、転職後のミスマッチを防ぐための最重要ポイントとなる「転職理由」である。そして、ほとんどの転職が最初は「ネガティブな理由」から出発している...
2016/02/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
社風や仕事内容は、本当に合っている? 時期尚早な転職先の決断が、後悔へとつながった求職者のケース
転職を成功させる上で重要なのが、転職先の社風や仕事内容と自分との相性をじっくり見極めることでしょう。しかし、実際に転職活動を行っていると、早い決断を迫られることがあります。企業側が採用を急いでいる場合や、求職者側が経済的な事情で早く働きたいと焦っている場合など...
2012/02/06掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
転職と人脈
「外資系企業」という言葉から受ける印象の一つに「人間関係がさっぱりしている」というものがある。つきあい残業がないとか、仕事帰りに飲みに行ったりしない、といったイメージだ。しかし、実際には各部署のマネジャーが採用権限を持っているなど、上司と部下の関係が非常に密な...
2015/06/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

内定辞退
今年になって内定辞退が急増しております。内定辞退を防ぐ具体的な方法についてお伺いいたします。
転職先企業名の開示
いつもお世話になっております。 自己都合で退職を申し出た社員の転職先について、競合他社に転職した場合の社内情報漏えいを防ぐという目的から、本人に転職先会社名を報告するよう指示することは可能でしょうか? よろしくお願い致します。
採用アウトソーシングについて
採用のアウトソーシングを受託したいと考えているのですが、他企業の採用を代行する際、採用決定までアウトソーシング会社がおこなってよいのでしょうか? また、行ってはいけない行為はどのようなことがありますでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


究極の人事給与システムとは何か?

究極の人事給与システムとは何か?

優れた人材を採用し、働きやすい環境を整え、企業の成長に不可欠な人事戦略...