企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】キャリアケン キャリア権

人は誰でも自ら望む職業キャリアを主体的に開発・形成する権利をもち、企業や社会は個々人のキャリア形成を保障・支援すべきであるという法概念、およびそうした労働者の権利自体を、企業組織が有する人事権に対して「キャリア権」と呼びます。キャリア権の議論は、職業経験による能力の蓄積やキャリアを個人の財産として法的に位置づけようとする試みであり、今後の雇用政策や職業能力開発政策の展開を支える新しいコンセプトとして注目されています。
(2011/7/25掲載)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャリア権のケーススタディ

個人のキャリア形成を支える新概念
組織の人事権より優遇される可能性も

社会や産業の構造が変われば、職種・業種の盛衰が生じ、個人に求められる能力も変化します。かつて終身雇用が一般的だった時代は、企業が労働者に対して、雇用の安定を保障する代わりに人事権などで幅広い裁量を有していました。個人もまた組織の人事権に従っていれば、自らの能力やキャリアのビルドアップについてそれほど心配せずに済みました。しかしその前提となる長期雇用システムが変容し、労働移動が活発化する現在では、労働者自身が主体的に能力開発やキャリア形成に関わるべきだという考え方が強まっています。自らの職業人生を他人まかせ、組織まかせにせず、どう構想し実現するか――労働者個人のキャリア形成を支える法的基盤として提唱されたのが「キャリア権」という概念です。

2002年に諏訪康雄・法政大学教授を座長とする厚生労働省の「キャリア形成を支援する労働市場政策研究会」が、キャリア形成の現状と支援政策のあり方について報告書をまとめました。報告書では、産業構造や職業構造が大きく転換し、もはや生涯一社就労は現実的ではないと指摘。こうした環境変化に対応するには、個人の財産である職業経験による能力の蓄積と、その能力蓄積の展開である職業キャリアを保障することが必要であるとして、「キャリア権」の法理を提示しています。

誰もが長い職業人生の中で、転職や転社、職務転換を経験せざるを得なくなる。しかしそうした場合でも個々人の職業キャリアを中断、あるいはロスすることなく、円滑に発展させる必要がある。さもないと働き手はもちろん、企業、さらには社会全体が職業能力の低下と人的資本の枯渇に直面することになりかねない――。同書はそう警告し、企業一社による雇用保障を超えて、キャリア権を法的に保障することの重要性を指摘しました。
 
現状では、キャリア権をめぐる議論はまだ理念の域を大きく出ていません。しかしこうした流れを受けて、企業側の、個人のキャリア形成に対する配慮義務は高まる傾向にあるのが実情でしょう。たとえば、社内の研修制度などを利用して海外に留学したり、業務に関する資格を取得したりした社員が他社に転職した場合、費用補助分の返還を求めることが可能かというと、請求はまず困難だと考えられます。社員が退職してしまうことは教育投資に伴う“リスク”と割り切った上で、能力開発やキャリアデザインに関する人事戦略を構築していかなければなりません。また今後キャリア権が認められ、法的効力まで付与されるようになると、労働者が自ら望むキャリアを形成するために配置転換や休業命令を拒んだ場合でも、その拒否には合理的な理由があると判断される可能性があります。個人のキャリア権が組織の人事権より優遇されるようなケースが増えてくるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
キャリアデザイン
「キャリアデザイン」とは、自分の職業人生を自らの手で主体的に構想・設計=デザインすることです。自分の経験やスキル、性格、ライフスタイルなどを考慮した上で、実際の労働市場の状況なども勘案しながら、仕事を通じて実現したい将来像やそれに近づくプロセスを明確にすることが、キャリアデザインの要諦です。
キャリアショック
「キャリアショック」とは、国内のキャリア研究の第一人者である、慶應義塾大学大学院特任教授の高橋俊介氏が同名の著書で提唱した概念で、自分が積み上げてきたキャリアや描いてきたキャリアの将来像が、想定外の環境変化や状況変化によって短期間のうちに崩壊してしまうことをいいます。変化の激しい時代を生きるビジネス...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
研修・人材育成とは
人材育成のために、今、企業に求められていることは何か。企業における人材育成の現状について確認し、今後、どのような対策を行っていけばいいのか、進むべき方向性を整理した。
2012/10/12掲載よくわかる講座

関連するQ&A

職業能力開発校等の格付けについて
いつもお世話になっております。 本件、新卒採用での給与水準の策定にあたり、判断に迷っております。 ・職業能力開発校出身者 ・職業能力開発短期大学校出身者 ・職業能力開発大学校出身者 の初任給については、 ・職業能力開発校出身者 → 高卒同等 ・職業能力開発短期大学校出身者 → 専門卒同等 ・職...
08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
雇用契約について
派遣事業に関し、質問させていただきます。 個人事業主の方をある企業へ派遣しようとする場合、その個人事業主と当社の雇用契約は常用雇用契約が必要なんでしょうか?某企業から「個人事業主の方は一般派遣の免許を持っている企業と常用雇用契約が必要となる」と指導されましたがどうなのでしょうか?期間限定の雇用契約で...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ キャリア開発 ]
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング ジョブ・カード制度 総合サイト

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...