企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】パラレルキャリア パラレルキャリア

「パラレルキャリア」(parallel career)とは、経営学者のピーター・ドラッカーが著書『明日を支配するもの』などで提唱した考え方です。寿命が延びた現代において、個人はひとつの組織に依存して同じ仕事を続けるだけでなく、それとは別の“第二のキャリア”にも時間や労力の一部を費やすことで新しい世界を切り開くべきだと、ドラッカーは述べています。仕事以外の仕事をもったり、社会活動などに参加したりして、本業と第二のキャリアを両立させる生き方を「パラレルキャリア」といいます。
(2012/3/26掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パラレルキャリアのケーススタディ

若手が働く意義を見つめ直すきっかけに
別世界で得たスキルや人脈を本業に還元

終業後や休日のオフタイムを活用して、自分の本来の仕事とは別の活動に打ち込む――日本でも「パラレルキャリア」の動きが、若いビジネスパーソンを中心に広がりつつありますが、その意義やねらいは先進地の欧米と少々異なるようです。欧米では、日本と比べて、若いビジネスパーソンの転職率が高いこともあり、現在の仕事や働き方にとらわれずに自分のキャリアプランを考える傾向があります。そうした背景から「パラレルキャリア」に取り組む場合も、その活動を通じて他業種・業界の情報を入手したり、人脈を築いたりするなど、キャリアアップにつながる「転職への足がかり」と捉える人が少なくありません。

一方、日本の若者の「パラレルキャリア」志向の背景には、競争の激化などによる労働負担の増加や職場の疲弊が目立ちます。端的にいうと、本業の仕事では全力投球しても、やりがいを見出しにくい。そうしたなか「パラレルキャリア」が若者たちにとって、働く意義とは何かを見つめ直すきっかけになっているのかもしれません。

厚生労働省の『労働経済白書』によると、「新入社員が働く目的」を調査したところ、2010年度では「楽しい生活をしたい」が38%で最も多く、「社会のために役に立ちたい」も14%で10年前の00年度の2倍超に達しました。逆に、その00年度で最多だった「経済的に豊かな生活を送りたい」や2位の「自分の能力を試す生き方がしたい」といった、かつての“モーレツ社員”的なモチベーションは低下傾向にあり、「パラレルキャリア」への共感につながりやすい若者心理の変化を見てとることができます。また「パラレルキャリア」の支援サイト「もんじゅ」を運営している玄道優子さんによれば、「東日本大震災を機に、社会貢献関連のパラレルキャリアへの関心が高まっている」そうです。

NPO活動に参加したり、起業に挑戦したり、あるいは趣味でプロを目指したり、別世界での活動から得られるものは仕事以外のやりがいだけではありません。経験やスキル、人脈なども貴重な収穫。先述したように欧米ではそれを転職のための手段として利用する傾向がありますが、日本の場合、「パラレルキャリア」に打ち込む若手のビジネスパーソンは得られたスキルや人脈を本業にも還元し、役立てようとする意識が強いようです。その結果、本業での働きがいにあらためて気づいたり、仕事上の壁や行き詰まりを突破して急成長したりするなどの効果も現れています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ジョブ・クラフティング
「ジョブ・クラフティング」とは、従業員一人ひとりが、仕事に対する認知や行動を自ら主体的に修正していくことで、退屈な作業や“やらされ感”のある業務をやりがいのあるものへ変容させる手法のことです。ジョブ・クラフティングのプロセスでは、仕事の現状を可視化して整理し、自分の動機や強み、能力を明らかにした上で...
トランスファラブルスキル
「トランスファラブルスキル」とは、ビジネスパーソンに求められる能力のうち、とくに転用・応用可能なスキルを指す言葉です。トランスファラブル(transferable)は「移動できる、持ち運べる」という意味で、会社や業種・業界、地域などを超えて移動しても、どこでも必ず活用できる汎用性の高いスキルのことで...
キャリアショック
「キャリアショック」とは、国内のキャリア研究の第一人者である、慶應義塾大学大学院特任教授の高橋俊介氏が同名の著書で提唱した概念で、自分が積み上げてきたキャリアや描いてきたキャリアの将来像が、想定外の環境変化や状況変化によって短期間のうちに崩壊してしまうことをいいます。変化の激しい時代を生きるビジネス...

関連する記事

ビジネスパーソン800人調査「仕事力」があると思う企業、有名人は――?
ビジネスパーソンが「仕事力がある」と思う企業のトップはトヨタ自動車。次いで2位ユニクロ、3位パナソニック、4位ソニー、5位ソフトバンクという結果となりました。
2010/12/13掲載人事・労務実態調査
石山恒貴さん: “2枚目の名刺”が若手を育て、シニアを活性化 楽しく学ぶ「パラレルキャリア」の人材育成効果とは(前編)
いま、“2枚目の名刺”を持つビジネスパーソンが増えています。本業をしっかりと持ちながら、同時にNPOやプロボノなど本業以外の社外活動に取り組み、複数のキャリアを実践する――「パラレルキャリア」という新しい潮流です。働き方やキャリア観の柔軟化を推奨する石山恒貴先...
2016/05/09掲載キーパーソンが語る“人と組織”
人材紹介会社の実情は──? 本当の「キャリアチェンジ紹介」は可能か
本格的な少子高齢化社会の到来、環境を重視するエコ経済への転換…。働く人々を取り巻く社会や経済の状況は急速に変化している。当然、新しい時代に見合った仕事や勤務環境を求めて転職しよう、という人も増えていくだろう。そんな転職希望者の期待に人材紹介会社も応えていかなく...
2009/11/30掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

請負で仕事をしてもらっている一人親方を短期雇用する
一人親方で、普段当社の仕事を、請負で仕事をしてもらったり 1日¥25000で仕事をしてもらったりしています、 この人は,他社のからも請け負って仕事をしています。 この人と、週2日、20時間の労務契約を結んで、社会保険に入れることはできるでしょうか、又その時に請負で仕事を頼めるでしょうか、よろしくお願...
職制の定年後再雇用について
今まで職制であった者を、定年後再雇用する場合の賃金を検討しております。仕事としましては、役職はなく、部下もいませんが、後進の育成や今までの経験や人脈を生かし自分自身で仕事のスケジュールを立てていくような仕事になります。賃金は定年前よりも20%減らすことになりますが、この場合、時間外については、どのよ...
割増賃金について
所定労働時間(8時間)後に所定内の仕事とは異なる簡単な仕事を毎日1時間程度従事さす場合の時間外割増のベースとなる賃金はどのようにすればいいのかお教えください
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 労務・法務 ]
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

働くパパママ育休取得応援奨励金 ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。