無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

管理職を対象にした、副業・複業に関する調査(2018年・2021年比較)

Adecco Group

管理職を対象にした、副業・複業に関する調査(2018年・2021年比較)

上場企業に勤務する30代から50代の管理職(部長職・課長職)510名を対象に「副業・複業※1に関するアンケート調査」を実施しました。本調査は、2018年にも同条件の対象者に実施しており、経年による意識の変化についても比較分析しています。

※1 本調査では、副業を「本業の合間に行うサブ的な仕事」、複業を「複数の仕事をすべて本業として行うこと(兼業)」と定義しています。

Q1.勤務先で「副業・複業」は許可されているか(n=510、単一回答)

2018 認めており、推進している6.5% 認めている16.3% 禁止にしている66.3% よく分からない11.0% 2021 認めており、推進している8.0% 認めている29.2% 禁止にしている51.8% よく分からない11.0%

勤務先での「副業・複業」の許可:約4割以上の企業で「副業・複業」が認められている。2018年より15ポイントアップ

上場企業に勤務する30代から50代の管理職(部長職・課長職)510名を対象に勤務先での「副業・複業が認められているか」について聞いたところ、「認めており、推進している」(8.0%)、「認めている」(29.2%)で、合わせて37.2%と約4割の企業で認められていることがわかりました。これは、2018年の22.8%よりも14.4ポイント高い数値で、企業の「副業・複業」に対する許容度が3年間で高まった一方で、「禁止している」という回答が51.8%あり、依然として半数以上では禁止されている現状がわかりました。

また、「認めており、推進している」または「認めている」と回答した190名を対象に、認められた時期について質問したところ、2020年1月以降が53.2%となり、コロナ禍により働き方の多様性の高まりとともに「副業・複業」への許容度が高まったことがうかがえます。

Q2.勤務先で副業・複業が認められている理由(n=190、複数選択)

2018 2位本人のスキルアップにつながるから32.8% 6位イノベーションや新事業の創出につながるから26.7% 4位従業員の収入増につながるから26.7% 1位特に禁止する理由がないから41.4% 3位社外の人脈形成につながるから32.8% 8位定着率の向上につながるから21.6% 5位人手不足の解消や多様な人材の活躍につながるから26.7% 7位リーダーシップの醸成やリーダーシップを持つ人材の発掘につながるから25.9% 2021 1位本人のスキルアップにつながるから50.0% 2位イノベーションや新事業の創出につながるから34.2% 3位従業員の収入増につながるから30.5% 4位特に禁止する理由がないから28.9% 5位社外の人脈形成につながるから27.9% 6位定着率の向上につながるから22.1% 7位人手不足の解消や多様な人材の活躍につながるから21.1% 8位リーダーシップの醸成やリーダーシップを持つ人材の発掘につながるから17.9%

企業で副業・複業が認められている理由:2021年1位「本人のスキルアップにつながるから」、2018年との比較では長期的な視点でのメリットが上昇傾向に

勤務先で自社の社員に対する副業・複業を「認めており、推進している」、「認めている」と回答した管理職190人に対し、「副業・複業が認められている理由」について質問したところ、2021年では「本人のスキルアップにつながるから」が1位になりました。また、2位には「イノベーションや新規事業の創出につながるから」が上がっており、これは2018年では6位に位置していたもので、もっとも順位の上昇が大きな項目でした。

2018年と比較すると2021年は、より長期的な視点によるメリットが上位に上がってきており、副業・複業に対する期待感にも変化が表れてきたことがわかります。

Q3.今後、副業・複業を許可することが検討されているか(n=338、単一回答)

2018 認める方向で検討中0.6% 一定の懸念が解消されれば、認めることを検討する8.6% 今後も認める予定はない34.0% 決まっていない21.9% 分からない34.9% 2021 認める方向で検討中2.7% 一定の懸念が解消されれば、認めることを検討する14.4% 今後も認める予定はない29.2% 決まっていない22.0% 分からない31.8%

将来的に社員に副業・複業を認めることを検討している:2割以下にとどまる

勤務先で、自社の社員に対する副業・複業を「禁止している」と回答した管理職338人に対し、「勤務先では、自社の社員に副業・複業を将来的に認めることを検討しているか」について質問したところ、「認める方向で検討中」が2.7%、「一定の懸念が解消されれば、認めることを検討する」が14.4%で、ポジティブな検討をしていると回答した人は17.1%にとどまりました。

Q4.「副業・複業」が日本で広がると思うか(n=510、単一回答)

2018 広がると思う25.7% どちらかというと、広がると思う44.1% どちらかというと、広がらないと思う22.0% 広がらないと思う8.2% 2021 広がると思う29.4% どちらかというと、広がると思う43.5% どちらかというと、広がらないと思う17.5% 広がらないと思う9.6%

今後、「副業・複業」が日本で広がる:7割以上が広がると予想

管理職510名へ「今後、日本では副業・複業が広がると思うか」を聞いたところ、「広がると思う」(29.4%)、「どちらかというと広がると思う」(43.5%)で、7割以上の人がより「副業・複業」という働くスタイルが国内でも広がっていくことを予想していることがわかりました。

調査結果まとめ

  • 勤務先での「副業・複業」の許可: 約4割以上の企業で「副業・複業」が認められている。2018年より15ポイントアップ一方で、半数以上がいまだに「副業・複業」認めず
  • 企業で副業・複業が認められている理由: 2021年1位「本人のスキルアップにつながるから」、2018年1位「禁止する理由がないから」、2位に「イノベーションの促進」。長期的な視点でのメリットが上昇傾向に
  • 現在、「副業・複業」を禁止している企業で将来的に認めることを検討している: 2割以下にとどまる
  • 今後、「副業・複業」の日本での広がりについて: 7割以上の管理職が広がると予想

【調査概要】

調査対象:上場企業に勤務する30代から50代の管理職(部長職・課長職)
サンプル: 510名
調査方法 : インターネット調査
実施時期 : 2021年9月9日~13日

※回答結果はパーセント表示を行っており、小数点以下第2位を四捨五入して算出しているため、各回答の合計が100%にならない場合があります。

Adecco Group

Adecco Groupは、世界60の国と地域で事業を展開する人財サービスのグローバルリーダーです。コンサルテーションを通じ、働くすべての人々のキャリア形成を支援すると同時に、人財派遣、人財紹介、アウトソーシングをはじめ、企業の多岐にわたる業務を最適化するソリューションを提供します。Adecco Groupは⼈財が躍動できる社会の実現を⽬指し、さらなるサービスの強化に取り組んでいます。
https://www.adeccogroup.jp/

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

HR調査・研究 厳選記事のバックナンバー

関連する記事

【用語解説 人事辞典】
ジェンダーギャップ指数
ジョブホッピング
クラッシャー上司
4R
マミー・トラック
ガラスの天井