企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ガラスノテンジョウ ガラスの天井

「ガラスの天井」とは、英語の「グラスシーリング」(glass ceiling)の訳で、組織内で昇進に値する人材が、性別や人種などを理由に低い地位に甘んじることを強いられている不当な状態を、キャリアアップを阻む“見えない天井”になぞらえた比喩表現です。もっぱら女性の能力開発を妨げ、企業における上級管理職への昇進や意思決定の場への登用を阻害する要因について用いられることが多く、ガラスの天井の解消を図ることが、職場における男女平等参画を実現する上で重要な課題となっています。
(2013/1/11掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガラスの天井のケーススタディ

日本の女性管理職の比率は先進国で最低
“上”を目指す前にキャリアを離脱

ガラスの天井」(グラスシーリング)という言葉が、自由・平等の国アメリカで女性のキャリアパスを阻む見えざる障害を意味する用語として流布し始めたのは、1980年代後半でした。91年にはアメリカ連邦政府労働省がこの表現を公的に使用し、女性やマイノリティーの組織内での昇進がガラスの天井によって妨げられていることを認めています。

日本ではキャリアパスにおける男女格差を改善するために、1986年に男女雇用機会均等法が施行されました。99年4月施行の改正法で募集・採用、配置・昇進、教育訓練での差別に対する努力義務が禁止規定に、ポジティブ・アクション(積極的改善措置)も認められ、2007年4月施行の改正法では間接差別禁止の規定が入りました。こうして法の上では平等が保障され、各企業においてもいまや昇進・昇格に関わる制度やルールに男女の制限はほぼありません。ところが、能力さえあれば誰でも“上”を目指せる条件が整っているようにみえて、実際の職場環境にはまだそれを阻む周囲の無理解や偏見、女性への配慮に欠ける労働慣行などが残されているのも事実です。

日本の働く女性が痛感する見えない天井の実態は、データにはっきりと表れています。厚生労働省がまとめた2011年度の「雇用均等基本調査」によると、係長相当職以上の管理職に占める女性の割合は8.7%で、前回09年度調査時の8.0%より0.7ポイント上昇し、過去最高を更新しました。役職別では部長相当職が4.5%、課長相当職が5.5%、係長相当職が11.9%となり、それぞれ前回調査時の3.1%、5.0%、11.1%を上回っています。しかし他の先進国と比較すると、その差は歴然。管理職の定義や範囲は国ごとに異なり直接的な比較は難しいのですが、ILO(国際労働機関)の08年の統計によると、女性管理職の割合はアメリカが42.7%、ドイツ37.8%、イギリス34.6%で、他国と比べて日本が格段に低い水準にあることがわかります。

原因は何か――前述の「雇用均等基本調査」では、女性管理職が少ないかあるいは誰もいない企業に対して、その理由を質問しています。最も多い理由は、「現時点では必要な知識や経験、判断力等を有する女性がいない」で54.2%。以下、「将来管理職に就く可能性のある女性はいるが、現在、管理職に就くための在職年数等を満たしている人材がいない」(22.2%)「勤続年数が短く、管理職になるまでに退職する」(19.6%)の順でした。日本の企業社会では、昇進・昇格の際にガラスの天井にぶつかるというよりも、それ以前に結婚や出産・育児などが原因でキャリアパスから離脱せざるを得ない女性が多いことが、女性の管理職登用を妨げているようです。

女性の積極活用は男女平等の観点から語られがちでしたが、近年は競争力強化の面でも欠かせないとの意見が増えつつあります。そもそも日本の全就業者に占める女性の比率は40%余りで、欧米と比べて遜色ありません。その中からリーダーになる人材をどう育成していくか。自民党は大勝した先の衆院選の公約で、「指導的な立場につく女性の比率を2020年までに30%にする」と謳っており、今後の動向が注目されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

女性活躍推進法
「女性活躍推進法」とは、2015年8月28日に国会で可決成立した新法――「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」の通称です。同法は、女性が職業生活でその希望に応じて、十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整備するために制定されました。これにより、従業員301人以上の企業は来年の4月1日までに、...
ポジティブ・アクション
Positive Action。積極的格差是正措置。男女間の差別を解消して、働く意欲と能力のある女性が活躍できるように、企業が自主的に行う取り組みのことです。
スポンサーシップ制度
「スポンサーシップ制度」とは、女性の管理職や経営幹部を増やすために、役員クラスが選ばれた女性社員のスポンサーに就き、マンツーマンで指導して昇進を後押しする制度のことです。スポンサーは英語で保証人、支援者の意。自分の裁量権で、リーダーに必要なスキルが学べる仕事を担当させたり、本人に代わって業績や能力を...

関連する記事

女性活躍推進の重要性が叫ばれる現在も、変わらず求められるのは 「トップやマネジメント層の理解」と「女性社員の意識改革」 ~「女性管理職3割以上」時代に向けて実態を調査~
昨今、女性管理職の登用を推進する企業が増えています。企業の現状はどうなっているのかを知るために、「女性管理職に期待していること」「活躍している女性管理職のタイプ」「女性管理職を増やすための取組み」の三項目について聞きました。
2014/10/01掲載編集部注目レポート
女性活躍推進が成果を「上げている」企業は約半数。 「上げていない」と答えた企業では、女性従業員の「昇進意欲」や「モチベーション向上」が課題
多くの企業が女性活躍推進に取り組んでいる。その成果については、「上げている」(8.9%)「どちらかといえば上げている」(36.6%)が合わせて45.5%と、半数近くが手ごたえを実感している。女性活躍推進の成果を「上げていない」「どちらかといえば上げていない」と...
2018/08/02掲載人事白書 調査レポート
人事マネジメント「解体新書」第70回 新・女性活用時代―― いま改めて注目される「女性活躍推進」について考える(後編)
『前編』は政府の成長戦略の中、改めて「女性活用」が求められている背景と、企業が取り組むべき課題について述べてきた。『後編』では、迫りくる労働力不足の下、どのように「女性活用」に取り組んでいけばいいのか、その考え方と事例を紹介していく。
2014/04/14掲載人事マネジメント解体新書

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


若手社員の定着率をアップさせるためには

若手社員の定着率をアップさせるためには

求人難が叫ばれる中で、若手社員の早期離職傾向がなかなか止まらない。少子...


健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想<br />
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

健康経営を加速する「コラボヘルス」という新発想
企業と健保が強みを活かしあう協働の仕組みとは

社員一人ひとりの健康づくりを支援することによって、医療費の適正化と生産...