無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

職能等級表の件

お世話になっております。
このたび、職能等級制度を導入することになりました。
そこで、職能等級表の分かりやすいサンプルがあればご教示をお願いいたします。

投稿日:2020/02/21 06:43 ID:QA-0090687

ベルリンさん
埼玉県/医療・福祉関連

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答3
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

職能等級表に関するサイト紹介

▼本サイトは Q&A コーナーの為、情報量が限られています。ご質問趣旨に割合、合うと思われる<等級制度とは>のサイトを紹介しますので、参考にしてください。
サイト ⇒ https://jinjibu.jp/f_ps_system/article/detl/outline/931/
▼尚、上記サイトは、本掲示板運営会社の提供なので、信頼性や利便性に問題はないと思います。

投稿日:2020/02/21 10:38 ID:QA-0090695

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

参考

掲示板ですので具体例は紹介できませんが、「職能等級表」で見本例が、「中小企業のモデル賃金」などで、解説も検索できると思います。

投稿日:2020/02/21 11:06 ID:QA-0090698

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、掲示板の性質上直接サンプルを提示させて頂く事については出来かねる件ご了承下さい。

その上で申し上げますと、職務等級表も様々なタイプのものがございますし、業務事情を考慮された上で適したものを使用されることが重要といえます。

そこで、まずは大きな書店にて人事関連の書籍を確認されるかまたはネット検索でお調べ頂きますと多くのサンプルがすぐに見つかるはずですので、その中で御社業務に見合った簡明なものを選択されるとよいでしょう。

投稿日:2020/02/21 20:01 ID:QA-0090713

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
人事評価制度導入フロー

システムを導入することで、人事評価制度が円滑に運用されるわけではありません。人事評価システムは、単純にパソコンレベルで、評価を行うだけのシステムではありません。人事評価制度が制度レベル、運用レベル(ユーザ利用レベルと管理者利用レベル)でしっかりと確立(イメージ)されていて、初めてシステム導入のメリットが具現化されます。 システムを導入する前に、人事評価制度の運用イメージをご確認ください。

ダウンロード
人事評価システム導入における必須条件

システムを導入することで、人事評価制度が円滑に運用されるわけではありません。人事評価システムは、単純にパソコンレベルで、評価を行うだけのシステムではありません。人事評価制度が制度レベル、運用レベル(ユーザ利用レベルと管理者利用レベル)でしっかりと確立(イメージ)されていて、初めてシステム導入のメリットが具現化されます。 システムを導入する前に、人事評価制度の運用イメージをご確認ください。

ダウンロード

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード