企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】マミー トラック マミー・トラック

「マミートラック」とは、子どもを持つ女性の働き方のひとつで、仕事と子育ての両立はできるものの、昇進・昇格とは縁遠いキャリアコースのことです。職場の男女均等支援や仕事と育児の両立支援が十分でない場合、ワーキングマザーは往々にして補助的な職種や分野で、時短勤務を利用して働くようなキャリアを選ばざるをえなくなり、不本意ながら出世コースから外れたマミートラックに乗ってしまうことが少なくありません。
(2013/8/26掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マミー・トラックのケーススタディ

大企業の4割、女性管理職ゼロの現実
女性活躍推進のカギはイクメン育成

女性活躍の推進を成長戦略の柱のひとつとして掲げる安倍政権は、上場企業に対して、女性役員を少なくとも一人以上登用するように求めています。しかし帝国データバンクが2013年8月14日に発表した調査(全国1万395社を対象)結果によると、全体の8割以上の企業において、管理職のうち女性社員が占める割合は10%にも満たないことが明らかになりました。また女性管理職の割合が10%に満たない企業を規模別にみると、大企業で88.7%、中小企業で78.8%、小規模企業で71.6%と、大企業ほど女性登用が遅れています。大企業の実に40.2%、3社に1社以上は管理職に女性が一人もいません。今後、女性管理職の増加を見込む企業は全体の約2割にとどまり、6割は「変わらない」と答えています。女性人材の活用が遅々として進んでいない実態や、その道のりの険しさを裏付ける調査結果となりました(読売新聞2013年8月15日付より)。

改正育児介護休業法が施行されて3年が経過。制度面での女性活躍推進のしくみは整いつつあるものの、実際に女性をとりまく環境や人々の意識が追い付いていないことに起因する問題が顕在化してきました。「マミートラック」の問題はその典型といえます。

仕事と育児を両立する女性が増える一方で、キャリアと家庭との両立については諦めている人は少なくありません。“定時退社で残業を頼めない上に、子どもの急病などでいつ休むかわからない”――そうした社員に対して補助的な仕事しか与えられない職場が依然として多く、結果的に働く女性たちは、管理職層や経営層にまでキャリアアップするひとにぎりの独身女性と、マミートラックに乗った大半のワーキングマザーとに分かれてしまっているのです。いったんマミートラックに陥ると、出世から縁遠くなるためにモチベーションも下がりやすくなります。ハードな家事・育児との両立に耐えてまでこの仕事を続ける意味があるのかと悩んだ末に、結局退職してしまうケースも珍しくありません。

女性が仕事と育児を両立しながらマミートラックを脱するにはどうすればいいのか――女性が働きやすい職場づくりだけでは限界があります。遠回りに見えても、家事や育児に積極的な“イクメン”を育て、家庭内でも男女の責任分担を進めることが不可欠ではないでしょうか。

マミートラックに陥った女性の場合、夫は育休を取るどころか、子どもが生まれても毎日残業続きで、育児といえば週末に子どもと遊ぶくらいというようなケースが多いといいます。総務省「社会生活基本調査」(2011年)で子育て期の夫婦(末子が就学前)の家事関連時間(週全体・1日平均)をみると、妻が1日に7時間31分を費やしているのに対して、夫はわずか66分。およそ7:1という大きな格差があります。職場だけでなく、家庭内も平等でなければ、仕事の成果やキャリアへの機会も平等にはなりえません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

マザーズハローワーク
子育てしながら求職する女性に対し、再就職支援を行うハローワークです。2006年4月1日から、全国12都市(札幌・仙台・千葉・東京・横浜・名古屋・京都・広島・福岡・小倉・神戸・大阪)でオープンしました。
キャリアロス
「キャリアロス」とは、労働者が休職などで職場を離れることにより、査定・昇進面でのマイナス、スキルやモチベーションの低下を招き、復帰後のキャリアに支障が出る現象を指す言葉です。日本で仕事と育児の両立や女性の管理職登用が進まない要因のひとつに、育児休業や時短勤務に伴うキャリアロスの問題があるといわれます...
バリキャリ・ゆるキャリ
「バリキャリ」とは、“バリバリ働くキャリアウーマン”を略した言葉で、仕事こそ自己実現の手段と考え、私生活の充実よりも職場での成功やキャリアアップを優先する女性の生き方、価値観を表します。これに対し「ゆるキャリ」とは、決して仕事第一ではなく、家庭生活を大切にし、自分の趣味や交友も楽しみながらマイペース...

関連する記事

女性活躍推進の重要性が叫ばれる現在も、変わらず求められるのは 「トップやマネジメント層の理解」と「女性社員の意識改革」 ~「女性管理職3割以上」時代に向けて実態を調査~
昨今、女性管理職の登用を推進する企業が増えています。企業の現状はどうなっているのかを知るために、「女性管理職に期待していること」「活躍している女性管理職のタイプ」「女性管理職を増やすための取組み」の三項目について聞きました。
2014/10/01掲載編集部注目レポート
女性の本音に迫る 働く女性の仕事と家庭、企業の取り組みに関するアンケート
「女性は管理職になりたがらない」――果たして “女性の意識” はそれほど低いのだろうか。女性活躍推進の課題として指摘されるのが、女性側の意識問題。今回は働く女性のキャリア意欲、仕事に対する考え、家庭と両立しながら働き続けていく上での不安、企業の女性活躍推進の取...
2015/08/21掲載人事・労務実態調査
香山リカさん 均等法世代の働く女性の結婚問題
仕事で自己実現を図っても、結婚していない女性は「負け犬」という厳しい見方をされてしまう風潮も出てきていますが、均等法から現在までの間に、働く女性の結婚観はどう変わってきたのでしょうか。『就職がこわい』『結婚がこわい』(ともに講談社)などの著書もある精神科医、香...
2005/10/07掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するキーワード

分類:[ キャリア開発 ]
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

今や企業の成長を左右する源泉は人財活用力であり、人財を一つの企業資産と...