企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ジョブホッピング ジョブホッピング

「ジョブホッピング」(job-hopping)とは、労働者が好待遇やスキルの向上を求めて、あるいは職場の人間関係や業務分担への不満などから、比較的短い期間に転職を繰り返すことを言います。また、ジョブホッピングを行う人は「ジョブホッパー」と呼ばれています。世界的に見ると、よりよい条件を求めて転職を重ねること自体は、働く人の当然の権利としておおむね受容されているものの、終身雇用と年功序列制度の下で成長を遂げた日本の労働観では、職を転々とする行為にネガティブなイメージがつきまといやすく、キャリアへの悪影響や社会的に不利な評価を受けることも少なくありません。
(2017/5/18掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジョブホッピングのケーススタディ

「海外では転職を繰り返すのが普通」は本当か
アジア人材は厚遇を求めて転々と。日本は例外

転職を繰り返すことを英語で「ジョブホッピング」といい、ジョブホッピングする人をジョブホッパーと呼びますが、「繰り返す」とは、どの程度のことをいうのでしょうか。表現の発祥地であるアメリカでは一般的に2~3年以下のサイクルで職を転々としたり、転職の回数が4、5回以上になったりすると、ジョブホッパーと見なされるようです。

欧米では転職でステップアップするのが当たり前と、私たち日本人は思いがちですが、転職を“繰り返す”という点については、あえてそれを「ジョブホッピング」と表現するくらいですから、けっして当然視されてはいないのでしょう。特に、収入や技能の向上といった明確な目的がある場合はまだしも、漫然と転職を重ねたり、未経験の職種・職務を転々とするなど、キャリアビルディングにつながらない形のジョブホッピングに対しては、欧米でも実はネガティブな印象を持たれることが多いといわれます。

いずれにせよ、人材難が深刻化する中、企業側にとっては、時間と費用をかけて採用し教育した社員に、短期間でジョブホッピングされることは大きな損失でしかありません。また、そうした社員が同業他社を渡り歩くことで、情報やノウハウの流出につながりかねない点も問題視されるゆえんです。

近年は、海外とくにアジアの新興国に進出した日本企業が、幹部候補となる優秀な現地人材の確保・流失防止に苦しみ、現地化の推進に支障をきたしているというニュースをよく耳にするようになりました。少しでも待遇のいい勤め先があれば迷いなく転職を重ねる、現地のジョブホッパーに悩まされているというのです。新興国人材のジョブホッピングについては、13年にリクルートワークス研究所の荻原牧子研究員が発表した論文「彼らは本当に転職を繰り返すのか」に、興味深い調査結果が示されています。アジア8ヵ国と日米の20代、30代のビジネスパーソンに転職に関するアンケート調査を実施したところ、日米でも、アジアでも、転職を繰り返す人は“一部”でした。タイやインドネシア、マレーシアではその“一部”の割合が比較的多いものの、彼らが何度も転職を繰り返すために全体の転職率が引き上げられているのであって、新興国の人材全般にジョブホッピングの性向があるわけではないと考えられます。また、初職の退職理由については、日本を除くすべての国で「賃金への不満」がトップ。しかし日本では「賃金への不満」で退職した人はごく少なく、逆に最も多いのは「人間関係への不満」でした。日本では転職の回数が多いほど管理職である確率は下がりますが、他の国々では転職経験者が管理職である確率は、転職未経験者より高いか、もしくはほとんど差がありません。中途入社が生え抜きに比べて昇進で不利を受けやすいのは日本だけの話なのです。

参考文献:
リクルートワークス研究所・研究員 荻原牧子「彼らは本当に転職を繰り返すのか―アジアの転職実態,転職要因・効果の実証分析―」(Works review : リクルートワークス研究所研究報告)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

35歳限界説
「35歳限界説」とは、35歳を機に転職成功率が下がるという、転職市場での定説のこと。特に未経験の職種や業種の場合、35歳を超えてから転職することは難しいと言われます。企業側が他の企業の色に染まっていない、20代の人材を求めていることが多いからです。しかし最近では、この通説を打ち破るようなデータや動向...
嫁ブロック
「嫁ブロック」とは、既婚男性が妻に転職や独立を反対、阻止(ブロック)されることをいいます。もともとは企業の採用担当者やヘッドハンターなどが使っていた業界用語で、内定を出しても妻の“ブロック”で採用が失敗に終わることを言いましたが、昨今の転職市場の拡大にともない、一般にも広く知られるようになりました。...
転進支援制度
従業員の多様なライフプランに対応して、その転職や独立を支援する制度のことです。65歳までの雇用を継続できない企業が、従業員のセカンドキャリアを支援するために設けているケースも少なくないようです。

関連する記事

後向きな理由から始まる、前向きな転職理由
人材紹介を行うにあたって欠かせないのが、転職を希望する人たちとキャリアアドバイザーとの直接面談だ。そこで最初に確認するのが、転職後のミスマッチを防ぐための最重要ポイントとなる「転職理由」である。そして、ほとんどの転職が最初は「ネガティブな理由」から出発している...
2016/02/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
社風や仕事内容は、本当に合っている? 時期尚早な転職先の決断が、後悔へとつながった求職者のケース
転職を成功させる上で重要なのが、転職先の社風や仕事内容と自分との相性をじっくり見極めることでしょう。しかし、実際に転職活動を行っていると、早い決断を迫られることがあります。企業側が採用を急いでいる場合や、求職者側が経済的な事情で早く働きたいと焦っている場合など...
2012/02/06掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
転職と人脈
「外資系企業」という言葉から受ける印象の一つに「人間関係がさっぱりしている」というものがある。つきあい残業がないとか、仕事帰りに飲みに行ったりしない、といったイメージだ。しかし、実際には各部署のマネジャーが採用権限を持っているなど、上司と部下の関係が非常に密な...
2015/06/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

転職先企業名の開示
いつもお世話になっております。 自己都合で退職を申し出た社員の転職先について、競合他社に転職した場合の社内情報漏えいを防ぐという目的から、本人に転職先会社名を報告するよう指示することは可能でしょうか? よろしくお願い致します。
転職活動をしている社員の解雇について
ご相談をお願いします。 現在勤務している社員が在職中に転職活動をしていることが発覚しました。発覚した経緯としては、社内の共有フォルダ内からその社員の履歴書が発見され、上長が問い質したところ本人が認めた形となります。 当人と上長の面談内容として… 【転職活動中の社員の主張】 ①今転職活動をしている...
退職後の競業企業への就業規制について
いつも大変参考にさせていただいています。 退職後に競業企業へ転職をし、顧客をそちらに誘導していると思われる事例が今までにありました。 そこで、その対策として、退職にあたっての規則をつけることは可能でしょうか。 例えば「競業企業への転職の場合は、退職金を半額にする」等です。 退職後に期間があいての転...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ キャリア開発 ]
分類:[ 就業管理 ]
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

働くパパママ育休取得応援奨励金 求める人材を確実に採用する視点

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアのスキルの細分化、高度化が進み、人事が知りたい「実務力」...