企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人材採用“ウラ”“オモテ” 
企業・求職者・人材紹介会社の「転職」三角関係

外国人の求職者を日本企業に紹介する難しさ

2014/1/6

グローバル採用がトレンドの時代だが……

対象が限られる、外国人の中途採用

日本企業でも外国人の採用が増えているという記事を、新聞などでよく目にするようになった。しかし、新卒採用が中心で、外国人の中途採用は積極的に行われていないのが実情ではないだろうか。外国人を優先的に採用するとしたら、海外拠点とのコミュニケーションを担当する「外国人枠」での募集か、一定のスキルを持った人材を各社が奪い合っているIT系エンジニアの募集に限られている印象が強い。
(1/2ページ)

外国出身の第二新卒

「マーケティング関連の部門で、語学が必要な人材の募集はありませんか。実務経験は浅いのですが、ITの専門知識もあって意欲的な若手人材がいるのですが」

企業の採用担当者と会うたびに、私はこんな質問をしていた。念頭にあったのは、ある外資系ITベンチャー企業に勤務しているPさんというエンジニアだ。生まれも育ちも海外だが、日本が好きで、日本で働きたいと3年前に日本にやってきた外国人。日本好きというだけあって、日本語も日常会話程度なら問題ない。

Photo

「今回、転職したいと思われた理由は何でしょうか?」

Pさんが現在勤務している会社は、日本オフィスの社員が数名というベンチャー企業だ。おそらくもっと大きな会社に移りたいのだろうと思っていたのだが、Pさんの回答は意外なものだった。

「私はマーケティングを希望しています。特に興味があるのはスポーツのマーケティングですね。そのような仕事があれば、ぜひ紹介してください」

まだ20代のPさん。職務経歴書を見るとITのサポートエンジニアの経験のみで、マーケティング業務に携わったことはないようだ。しかしPさんは自信満々だ。

「大学でマーケティングを勉強したので専門的な知識はあります」

「なるほど……」

人材紹介会社では、外国人の登録もそう珍しいことではない。そのため、日本人とは少し違う彼らの考え方にも多少は慣れている。

日本と海外との違いでまず大きいのは、大学の位置づけだ。日本では、大学で専門的に勉強したからといって即戦力になると考える企業はほとんどない。特に文科系では皆無だろう。しかし、海外の大学は勉強に対する姿勢も厳しく、一流大学ともなれば卒業生を即戦力扱いで採用する企業も少なくない。Pさんのように大学で学んだことに自信を持っている人はかなり多い。

日本では控えめな姿勢がよいとされるが、海外では逆だ。実力はあっても「私などまだまだです」というのが日本流で、実務経験はなくても「できます」と言い切るのが海外流。この二十年ほどで日本人にも自分をアピールする姿勢がかなり広がってきたが、まったく経験がないことを「できます」と言える人はごく少数派だろう。

とはいえ、若手でバイリンガル、ITの専門知識があるPさん。日本人なら第二新卒の枠で可能性がありそうなスペックだ。そこで、何か良いチャンスはないかと私はいろいろな情報を探してみることにした。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事にコメントする

この記事に対するご意見・ご感想のコメントをご投稿ください。
※コメントの投稿をするにはログインが必要です。

※コメントのほか、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)がサイト上に公開されます。

※投稿をしたコメントは、『日本の人事部』事務局で確認後、掲載されます。投稿後すぐには掲載されませんので予めご了承ください。

人材採用“ウラ”“オモテ”のバックナンバー

人材採用“ウラ”“オモテ”
何かウラがあるのでは……?と勘ぐってしまう超ポジティブな転職理由
人材紹介会社が転職支援を行う際、重視するのが「転職理由」。 妙にポジティブすぎる転職理由に、本音を隠しているのではと不安になることも。
2019/09/02掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
転職直後の夏休み 長い休暇で不安や迷いが生じてしまったら――
家族や友人と話し合ったり、自分を見つめなおす機会にもなる長期休暇。入社したばかりの人材が休暇明けにちゃんと出社してくれるのか、人事だけでなく人材紹介会社も気を揉...
2019/08/02掲載
人材採用“ウラ”“オモテ”
どうする?! 入社クロージングの山場で決裁者がまさかの海外休暇へ――。
日本進出直後の海外企業のコア人材採用 クロージングの山場で決裁者がまさかの海外休暇へ――。
2019/07/04掲載

関連する記事

外国人労働者が関係する労組トラブル対応最前線
相次ぐ外国人技能実習生の失踪などから、長時間労働や過重労働をめぐって紛争につながるケースが多発しています。外国人労働者が関係する労使トラブルの最新事例と、具体的...
2019/09/05掲載人事・労務関連コラム
平成は非正規雇用拡大時代~パート賃金クロニクル~
パート・アルバイトの時給は、平成という時代の中でどのように変化してきたのでしょうか。非正規雇用に着目し、時代背景を踏まえつつ振り返ってみました。
2019/08/19掲載新卒・パート/アルバイト調査
人材採用“ウラ”“オモテ”
「あの人と一緒に働きたい」という入社動機
入社する企業を決める理由は人それぞれ。面接官の考え方などに共鳴し、「この人と一緒に働きたい」という気持ちが決め手になることもある。しかし、それだけで入社を決めて...
2019/06/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ” 
採用時に求められる「情報の透明性」
人手不足が続く中で、自社をアピールする際に、採用の障害になるかもしれない情報をできるだけ伏せようとする企業も多いようだ。しかし、それが入社すればすぐにわかってし...
2019/05/15掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材採用“ウラ”“オモテ” 
転職失敗、 再び利用した人材紹介
人材紹介会社では、過去に転職相談を受けていた人材から、再び転職相談を受けるケースもある。前回の利用時に信頼を獲得できていた証拠でもある「再登録」だが、インターバ...
2019/04/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

求める人材を確実に採用する視点 ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。