企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】タレントプール タレントプール

「タレントプール」とは、「才能(タレント)」を「蓄積(プール)」すること、つまり採用活動の中で応募者とのつながりを一度きりの縁とするのではなく、つながりを保ち続けることを指します。採用活動の中では、条件が合わずに最終段階で不採用となったり、求職者から内定を辞退されたりするなど、うまくいきかけていたのにマッチングしないケースが多々見られます。しかし、一度は縁のなかった人材でも、その後状況が変われば、うまくマッチングする可能性もあります。そのようなタイミングに改めてスカウトできるよう、採用の可能性がある人材とコンタクトを取り続けることは、昨今の激化する採用市場において有効な手段の一つとなりそうです。
(2018/8/23掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タレントプールのケーススタディ

企業はコスト削減、求職者はじっくり見極め。
両者にとってメリットの大きいタレントプール

従来の日本の雇用スタイルは、終身雇用型でした。そのため日本企業では、雇用関係に無い人たちと定期的にコンタクトを取ることに、あまりなじみがないかもしれません。アメリカでタレントプールの概念が知られるようになったのは、2001年にマッキンゼーが発表した人材育成や採用に関する調査報告書『The War for Talent』にまでさかのぼります。これによってタレントプールの考え方がまたたく間に広がり、多くの企業が自社の採用活動に取り入れるようになりました。

タレントプールは、企業側にも求職者側にもメリットがあります。企業のメリットの一つは、採用のためにかかる紹介料や広告料を削減できること。また、自社に関心のある人に対してコンスタントに情報を届けることにより、候補者のエンゲージメントを高める効果も期待できます。

求職者側のメリットとしては、自身のキャリアをゆっくりと考えられることが挙げられます。中長期的に企業からの情報をキャッチすることで、価値観に不一致があった場合に気付くことができ、ミスマッチを減らせる点は大きなメリットといえるでしょう。

タレントプールを形成するために、一般的にはLinkedInやFacebook、Twitch、TalentBaseなどのSNSが用いられます。ブログ機能などを通じて定期的に自社の情報を発信したり、イベントを開催したりすれば、定期的に接点づくりを行うことができるでしょう。新たなポジションの求人が発生した際に、その情報を届けることも可能です。タレントプールの中からうまく採用に結びつけることは、今後、優秀な人材獲得の鍵となりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新しい働き方を実現するソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

表彰盾/記念品工房のアトリエグレイン

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


定着率を高め、自発的に行動する新入社員を育成するソリューション特集

本特集では、自発的に行動し、早期に戦力となる新入社員を育成するための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーや資料請求のお申込みも可能です。万全の体制で春を迎えるために、ぜひご活用ください。



新しい働き方を実現するソリューション特集

いま、『日本の人事部』が注目する『働き方改革』についての記事・セミナーやサービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?
new

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...


2020新卒採用の“傾向”と“対策”

2020新卒採用の“傾向”と“対策”

大卒求人倍率は7年連続して上昇、300名未満の中小企業の求人倍率は9....