企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】リベンジテンショク リベンジ転職

「リベンジ転職」とは、新卒入社時に希望する企業や業界に就職できなかった社会人が、意中の仕事やより働きがいのある企業に再チャレンジしようと、転職活動にいそしむことをいう造語です。リーマンショックや東日本大震災後の就職氷河期にあたる2010~13年に入社した若手に多く見られることから注目を浴び、使われるようになりました。企業側も採用難の中、若くて社会経験もあり、即戦力として期待できるリベンジ転職組の採用に関心を示し始めています。
(2016/4/11掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リベンジ転職のケーススタディ

本命企業へ転職、氷河期入社組の再挑戦
中堅・中小企業が草刈り場になる恐れも

新卒時に希望しながら入れなかった本命企業に再挑戦したり、現在の職場よりも条件のいい会社に入り直したり、「リベンジ転職」を目指す動きが、リーマンショックや東日本大震災の影響で不本意な就職活動を強いられた氷河期入社組を中心に広がっています。自分たちの頃とは雇用環境が一転、景気回復を受けて引く手あまたの売り手市場となり、現役の就活生に強い追い風が吹いているからです。ほんの1、2年違うだけなのに、同じ大学の後輩たちが“楽勝”で内定をもらっている――そんな現状に発奮して、リベンジに踏み出す若手も少なくないといいます。

また、昨年の新卒採用では、面接など採用選考の解禁を4月から8月へと後ろ倒ししたことが混乱を招き、「学生、大学、企業の三方が損をした状態」(榊原定征経団連会長)となりました。あおりを受けて第一志望の企業に就職できなかった学生も多く、そうした無念を抱えて新入社員となった彼らが今年、早くも「リベンジ転職」に回るのではないかとの見方も出ています。

確かにそれが、本人が心から就きたいと望む仕事なら、いったん別の会社に就職して社会経験を積み、基本的な能力を磨いてからリベンジしてみるという手もあるでしょう。むしろそのほうが、理想のキャリアに近づく可能性は高まるかもしれません。新卒採用の競争が激化する中、企業側の採用意欲の高まりも、すでに転職市場へと飛び火しつつあります。転職・求人サービス大手のインテリジェンスによると、2015年12月の転職求人倍率は前月比0.04ポイント増の1.21倍で、求人数は最多を更新。転職希望者にとって優位な状況が広がっています。特に最近では、これまで新卒採用と30代以上の中途採用が中心だった大手企業も、若手やいわゆる“第二新卒”の転職市場に目を向けるようになってきました。

しかし、厳しい時代に不本意な就職をした若者たちが、「リベンジ転職」でより条件のいい大手や成長企業へ移っていく流れが進むと、結果として中堅・中小企業が“草刈り場”になる恐れもあります。苦労して若手社員を採用しても、人材育成やリテンション施策にきちんと取り組まない企業は、若くて優秀な人材をみすみす失うことになりかねません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

第2新卒
明確な定義はありませんが、第2新卒とは、新卒入社1年目から3年目の25歳以下の若手社員で、転職を希望している人を指します。
逆求人
企業が求人募集をかけて学生を集める従来の新卒採用活動の流れとは逆に、学生側がイベントやインターネットなどを活用して自らをアピールし、興味をもってくれた企業からのアプローチを待つしくみのことを「逆求人」と言います。知名度は低いけれど採用意欲の高い中堅・中小企業と、人気企業にこだわらずより広い選択肢か...
ダイレクトリクルーティング
「ダイレクトリクルーティング」とは、採用において、企業が自ら能動的に活動し、採用する手法のことです。人材の募集活動を求人広告媒体や人材紹介会社など第三者にアウトソーシングして、求職者の応募をただ「待つ」のではなく、企業側が人材データベースやSNSなどさまざまなツールを活用して、求める人材を自ら探し、...

関連する記事

慎重に行いたい「第二新卒」の転職相談
かつては「石の上にも三年」と言われたものだが、「第二新卒」という言葉が定着した頃から、自分に合わない環境で長く我慢するのは時間の無駄…と考える人が増えているようだ。しかし、人材紹介会社は基本的に「キャリアを活かした転職」を支援するシステム。新入社員の悩み解決に...
2010/05/31掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
転職希望者へどう答える? ブラック企業かどうかの判断の難しさ
ブラック企業は勤務環境が過酷で、離職率が高いなど、いわゆる「人材の使い捨て」というイメージがあります。就職や転職の際には「ブラック企業は絶対に避けたい」と考える人がほとんどでしょう。しかし、ある企業がブラックかどうかを見極めるのはそう簡単ではありません。人材紹...
2013/08/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
後向きな理由から始まる、前向きな転職理由
人材紹介を行うにあたって欠かせないのが、転職を希望する人たちとキャリアアドバイザーとの直接面談だ。そこで最初に確認するのが、転職後のミスマッチを防ぐための最重要ポイントとなる「転職理由」である。そして、ほとんどの転職が最初は「ネガティブな理由」から出発している...
2016/02/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ANAの研修力 紀尾井カンファレンス

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


従業員のエンゲージメントを高めるソリューション特集

従業員のエンゲージメントを高めるヒントとなるセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...


「働きがい」が業績向上を実現する<br />
~成長する組織をつくる働き方改革~

「働きがい」が業績向上を実現する
~成長する組織をつくる働き方改革~

すでに関連法令も成立し、「働き方改革」への対応は待ったなしの状況といえ...