企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】リファレンスチェック リファレンスチェック

「リファレンスチェック」とは、中途採用を行う企業が、応募者の以前の同僚や上司らに問い合わせて、応募者の経歴や人柄を確認する手法のことです。リファレンスとは、身元確認、推薦といった意味で使われます。リファレンスチェックには、応募者本人がリファレンス先に依頼してリファレンスレター(推薦文)を用意するケースや、応募者から提出されたリファレンス先に、採用側が直接電話やメールで連絡を入れて確認を取るケース、採用側が自らリファレンス先を探して確認するケースなど、いくつかの方法があります。リファレンスの内容はさまざまですが、一般的には在職時の仕事内容や成果、勤務態度、退職理由などを、職務経歴書と照らし合わせて確認することが多いようです。
(2016/3/10掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リファレンスチェックのケーススタディ

目的は身元保証よりも仕事上の評価確認
求職者にとっても重要な“お墨付き”に

一般的に「リファレンスチェック」は、経営陣や役員、部長クラス、役員の専属秘書、あるいは戦略上重要なポジションなど、マネジャークラス以上の責任の大きい職務に就く人材を採用する場合に求められます。アメリカではかねて一般的に行われていましたが、近年、日本企業の中途採用でも活用される機会が増えてきました。

リファレンスチェックの第一の目的は、採用しようとする応募者の仕事での評価を確認すること。書類や面接だけではわからないような人物像や以前の仕事ぶりなどを、第三者へのヒアリングによって確認します。言い換えれば、リファレンスチェックは、採用側のビジネス上のリスクを減らすために行なわれるもので、いわゆる身元保証とは意味合いが大きく異なります。そのため、選考の最終段階で行なわれることが多く、とくに外資系企業では、リファレンスチェックの活用を人事の必須職務として組み込んでいるケースも少なくありません。

求職者自らがリファレンス先を応募企業に提供する場合、信頼できる情報提供者として最もよく選ばれるのは現職もしくは前職の上司ですが、転職を内密に行っている場合は、同僚や取引先になることもあります。リファレンス先は、採用側にとって貴重な情報源であると同時に、求職者にとっても自らの価値に“お墨付き”を与える重要な推薦者となりうるのです。現に、アメリカの企業社会では、将来、リファレンスを依頼することを想定して上司との関係を醸成するのが一般的で、エグゼクティブたちはすすんで職務経歴書にリファレンス先を記載するといいます。

もっとも、求職者自身が信頼できるリファレンス先として選んだ相手が、かならずポジティブな評価をするとは限りません。前職での仕事ぶりや勤務態度について、本人の自己評価と周囲の評価との間にズレが生じている可能性もあり、採用側としては、だからこそ「リファレンスチェック」を行う意味があるわけです。特に転職が決まってから本人が実際に退職するまでの期間は、業務の引き継ぎなどを巡るトラブルが起こりやすく、それまでの好評価も一転しかねません。「立つ鳥跡を濁さず」――転職時によく使われることわざですが、求職側にも、採用側にも必要な視点といえそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

多面評価制度
人事評価の制度をより高めるために、上司だけでなく部下や同僚、顧客など複数の方位から評価を行う制度です。上司から部下への一方的な視点に立つのではなく、あらゆる方向からの評価であるため「360度評価」とも言われます。すでに一般の企業の1割以上で導入されており、今後もさらに広がりそうです。
スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...
垂直的評価
「垂直的評価」とは、上司と部下というタテの関係の中で行われる人事評価のことです。定義としては「部下が上司を評価する」意味も含まれますが、一般的には「上司が部下を評価する」ことを指します。多くの企業では、日常的・直接的に部下の指導監督にあたる直属の上司を第一次考課者として、一次考課者の監督者を第二次...

関連する記事

求職者の信頼を失うことも――? 「リファレンス」に関する微妙なかけひき
中途採用の過程で行われることがある「リファレンス」――。前職の会社に問い合わせて、職務経歴書の内容などが間違っていないか確認するというものですが、求職者からすると、なんとなく信用されていないような感じがして、いい気はしないもの。今回は、企業と求職者との間に立つ...
2011/09/05掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載人事支援サービスの傾向と選び方
採用成果を上げている企業は「勝つためのプランニングができている」「社内の協力体制は十分である」「PDCAサイクルは十分に機能している」割合が高い
「自社の採用チームは、採用において十分な成果を上げている」という項目に対して「当てはまる」企業は11.2%、「どちらかというと当てはまる」企業は49.4%。このような「成果を上げている」企業は、「採用市場において勝つためのプランニングができている」「採用活動に...
2017/06/30掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

リファレンス対象者はいるのだが連絡がつかない
リファレンスのとれる人の名前は知っているのですが、普段つきあいがないので連絡がとれないと採用予定者がこぼしていました。この場合、採用側の企業はどのようにすればいいのでしょうか。
リファレンス・チェックー取れない場合について
1名、採用しようとしていますが、リファレンスチェックをしようとしたところ、先方企業さんから「本人の同意があったも、当社ではNo Referenceです」として、断られました。 もちろん、本人の同意を得たうえで、本人をよく知っていると思われる方を3名、選んでいただいたのですが、1名は、当人の前職に現...
【2010年度入社】 新卒の採用単価について
2010年度新卒採用における一人当たりの採用単価の相場はどのくらいでしたでしょうか? また2名採用の場合、どんな採用手法が適切でしょうか? よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

求める人材を確実に採用する視点 ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


尻込み、指示待ち、評論家……<br />
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

尻込み、指示待ち、評論家……
ひそかに進行する20代社員の“ゆでガエル化”現象とは

ゆっくりと進行する危機や環境の変化に対応する難しさを戒めた、いわゆる「...