無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】リファレンスチェック リファレンスチェック

「リファレンスチェック」とは、中途採用を行う企業が、応募者の以前の同僚や上司らに問い合わせて、応募者の経歴や人柄を確認する手法のことです。リファレンスとは、身元確認、推薦といった意味で使われます。リファレンスチェックには、応募者本人がリファレンス先に依頼してリファレンスレター(推薦文)を用意するケースや、応募者から提出されたリファレンス先に、採用側が直接電話やメールで連絡を入れて確認を取るケース、採用側が自らリファレンス先を探して確認するケースなど、いくつかの方法があります。リファレンスの内容はさまざまですが、一般的には在職時の仕事内容や成果、勤務態度、退職理由などを、職務経歴書と照らし合わせて確認することが多いようです。
(2016/3/10掲載)

リファレンスチェックのケーススタディ

目的は身元保証よりも仕事上の評価確認
求職者にとっても重要な“お墨付き”に

一般的に「リファレンスチェック」は、経営陣や役員、部長クラス、役員の専属秘書、あるいは戦略上重要なポジションなど、マネジャークラス以上の責任の大きい職務に就く人材を採用する場合に求められます。アメリカではかねて一般的に行われていましたが、近年、日本企業の中途採用でも活用される機会が増えてきました。

リファレンスチェックの第一の目的は、採用しようとする応募者の仕事での評価を確認すること。書類や面接だけではわからないような人物像や以前の仕事ぶりなどを、第三者へのヒアリングによって確認します。言い換えれば、リファレンスチェックは、採用側のビジネス上のリスクを減らすために行なわれるもので、いわゆる身元保証とは意味合いが大きく異なります。そのため、選考の最終段階で行なわれることが多く、とくに外資系企業では、リファレンスチェックの活用を人事の必須職務として組み込んでいるケースも少なくありません。

求職者自らがリファレンス先を応募企業に提供する場合、信頼できる情報提供者として最もよく選ばれるのは現職もしくは前職の上司ですが、転職を内密に行っている場合は、同僚や取引先になることもあります。リファレンス先は、採用側にとって貴重な情報源であると同時に、求職者にとっても自らの価値に“お墨付き”を与える重要な推薦者となりうるのです。現に、アメリカの企業社会では、将来、リファレンスを依頼することを想定して上司との関係を醸成するのが一般的で、エグゼクティブたちはすすんで職務経歴書にリファレンス先を記載するといいます。

もっとも、求職者自身が信頼できるリファレンス先として選んだ相手が、かならずポジティブな評価をするとは限りません。前職での仕事ぶりや勤務態度について、本人の自己評価と周囲の評価との間にズレが生じている可能性もあり、採用側としては、だからこそ「リファレンスチェック」を行う意味があるわけです。特に転職が決まってから本人が実際に退職するまでの期間は、業務の引き継ぎなどを巡るトラブルが起こりやすく、それまでの好評価も一転しかねません。「立つ鳥跡を濁さず」――転職時によく使われることわざですが、求職側にも、採用側にも必要な視点といえそうです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「リファレンスチェック」に関する記事

「リファレンスチェック」に関する人事のQ&A

過去の選考NG理由の人事部内で共有について

人材紹介会社の者です。ある役員レベル人材を某有名企業に紹介しましたが書類でNGになりました。

NG理由は、過去1年強前に、今回応募とは別ポジションだが面接した事があり、説明能力で期待水準に至らないと...

*****さん
東京都/ コンサルタント・シンクタンク(従業員数 101~300人)
2020/03/12 01:03 ID:QA-0091326 中途採用 解決済み回答数 6 件

「リファレンスチェック」に関する書式・テンプレート