企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】サンジュウゴサイゲンカイセツ 35歳限界説

「35歳限界説」とは、35歳を機に転職成功率が下がるという、転職市場での定説のこと。特に未経験の職種や業種の場合、35歳を超えてから転職することは難しいと言われます。企業側が他の企業の色に染まっていない、20代の人材を求めていることが多いからです。しかし最近では、この通説を打ち破るようなデータや動向もあり、“転職の常識”に変化の兆しが見えはじめています。
(2018/2/21掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

35歳限界説のケーススタディ

人生100年時代。70、80歳まで働く時代がやってくる
もう「35歳が限界」と言っていられない

従業員の募集・採用において、企業が年齢により応募資格に制限を設けることは原則として禁止されています。しかし、転職情報サイトには「若年層の長期キャリア形成を図るため」といった注釈とともに、実質的な年齢制限が設けられているケースが多く見られます。間口は広げながらも、採用チームの中で一定の年齢以上は対象外とする暗黙のルールが存在している企業も多いようです。

転職志望者側の中でも「35歳限界説」は根強く、20代後半~30代前半になると、これからの自分のキャリアについて考えを巡らせ、「30歳を契機に転職を」と考える人も少なくありません。

しかし、ここへきて「35歳限界説」の崩壊がささやかれています。パーソルキャリアが運営する転職サービス『DODA』が、2018年に発表したエージェントサービス利用者の転職年齢の調査では、10年前と比較して平均転職年齢が3歳上昇。2007年下半期の平均年齢は29.1歳だったのに対し、2017年下半期には32.1歳となっています。年齢別の内訳を見ても、「35~39歳」の割合は5.1ポイント上がり、「40歳以上」に関しては12.6ポイントの伸びをみせるなど、ミドル層の転職が増加していることが分かります。

理由としては、人材獲得競争の激化により若年層の採用が難しくなっており、年齢によるフィルタリングが緩和傾向にあること。また、技術の発展や業界の境界が曖昧になっているため、社内にはない経験を持つ即戦力の需要が高まっていることなどが挙げられます。社会全体が大きく変化し、これまでの常識ややり方が通用しなくなっている今、中途採用にも多様性が求められているのです。

「人生100年時代」の到来により、今後は定年退職の年齢が70歳、80歳になる可能性があります。企業も個人も年齢に対する先入観を捨て、経験や能力を重視した採用へと変化していくことが求められているのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ジョブホッピング
「ジョブホッピング」(job-hopping)とは、労働者が好待遇やスキルの向上を求めて、あるいは職場の人間関係や業務分担への不満などから、比較的短い期間に転職を繰り返すことを言います。また、ジョブホッピングを行う人は「ジョブホッパー」と呼ばれています。世界的に見ると、よりよい条件を求めて転職を重ね...
嫁ブロック
「嫁ブロック」とは、既婚男性が妻に転職や独立を反対、阻止(ブロック)されることをいいます。もともとは企業の採用担当者やヘッドハンターなどが使っていた業界用語で、内定を出しても妻の“ブロック”で採用が失敗に終わることを言いましたが、昨今の転職市場の拡大にともない、一般にも広く知られるようになりました。...
人材市場価値
個々の会社員について、仕事の内容、能力、本人の性格特性などから、現在の人材市場での年収相場はいくらかを示したものです。雇用流動化の時代、転職希望者の増加につれ、市場価値を算定するサービスが広まっています。

関連する記事

後向きな理由から始まる、前向きな転職理由
人材紹介を行うにあたって欠かせないのが、転職を希望する人たちとキャリアアドバイザーとの直接面談だ。そこで最初に確認するのが、転職後のミスマッチを防ぐための最重要ポイントとなる「転職理由」である。そして、ほとんどの転職が最初は「ネガティブな理由」から出発している...
2016/02/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
社風や仕事内容は、本当に合っている? 時期尚早な転職先の決断が、後悔へとつながった求職者のケース
転職を成功させる上で重要なのが、転職先の社風や仕事内容と自分との相性をじっくり見極めることでしょう。しかし、実際に転職活動を行っていると、早い決断を迫られることがあります。企業側が採用を急いでいる場合や、求職者側が経済的な事情で早く働きたいと焦っている場合など...
2012/02/06掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
転職と人脈
「外資系企業」という言葉から受ける印象の一つに「人間関係がさっぱりしている」というものがある。つきあい残業がないとか、仕事帰りに飲みに行ったりしない、といったイメージだ。しかし、実際には各部署のマネジャーが採用権限を持っているなど、上司と部下の関係が非常に密な...
2015/06/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

平均年齢
平均年齢29歳というのは、低いのか高いのか判断する基準値などありますでしょうか。ちなみに弊社はフードビジネスです。
転職先企業名の開示
いつもお世話になっております。 自己都合で退職を申し出た社員の転職先について、競合他社に転職した場合の社内情報漏えいを防ぐという目的から、本人に転職先会社名を報告するよう指示することは可能でしょうか? よろしくお願い致します。
役員の定年
従業員部分と兼務している役員については、定年の年齢を高年齢者雇用安定法に基づく年齢にする必要があるのですか。 教えて下さい。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

しごとコンパス

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第1回)

管理職1年生日記 (第1回)

主人公は、首都圏に本社がある食品メーカーC社営業部第2課に勤務するA氏...