企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】リファラルサイヨウ リファラル採用

「リファラル採用」とは、社内外の信頼できる人脈を介した、紹介・推薦による採用活動のことです。リファラル(referral)は「委託、紹介、推薦」といった意味で、具体的には自社の経営者や優秀な社員からの紹介、外部の専門家や著名人からの推薦などを指します。人材紹介会社や求人サイトなど既存の採用チャネルに頼らず、人と人との個人的なつながりを活用することで、採用候補者の質や信頼性を確保し、採用のマッチング精度を高めるのがリファラル採用の狙いです。近年ではソーシャルメディアの発達が、リファラルによる人づての採用活動の利便性・効率性を飛躍的に進化させています。
(2014/7/28掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リファラル採用のケーススタディ

人と人とのつながりが人材の質を担保
SNSの活用で採用チャネルの主流に

成績優秀な社員からの紹介、信頼できる外部の関係者からの紹介、著名人からの推薦状つきの応募、信頼できる転職コンサルタントからの推薦、採用対象学生を輩出する学部の教授からの推薦――こうした“信頼に値する人からの紹介・推薦”を採用の決め手とするのが「リファラル採用」の特徴です。

縁故採用やコネ採用と似ているようにも思えますが、そのねらいは大きく異なります。いわゆる“縁故主義(nepotism)”の採用では、採用する本人の資質や能力、自社とのマッチングに対する評価は二の次で、どちらかというと、そのコネクションである内外の有力者への配慮が優先されます。一方、リファラル採用ではあくまで採用候補者に一定以上の質を求め、そのために人脈を積極的に活用します。あの人からの紹介なら間違いない――人と人とのつながりによる信頼が、その情報の質を保証してくれるのです。

アメリカでは、実に7割近くの企業が従業員採用にリファラル採用を活用しているという調査結果もあります。オープンでフェアなことを重視するアメリカの企業文化を考えれば、リファラルといわゆる縁故が似て非なるものであることは、このデータからも明らかでしょう。また同調査で、採用にリファラルを活用するメリットを聞いたところ、最も多く挙げられたのは「企業文化や価値観への親和性」で、以下2位に「採用プロセスの短縮」、3位「採用コストの削減」、4位「上司からの高い満足度」、5位「長い就業期間(少ない早期退職)」と続いています。

信頼のおける人づての採用は手間がかかり、いい情報がいつ寄せられるかも分からないことから、以前はベンチャーのスタートアップ時など限られた局面でしか使われず、採用チャネルの主流とはいえませんでした。しかし近年ではソーシャルメディアの発達により、人と人とのつながりがネットワーク上で可視化されるようになりました。それが、リファラル採用の“仕組み化”を可能にし、利便性や効率性を大きく向上させたのです。SNS経由で求人情報を自社の社員や関係者、知り合いなどのソーシャルグラフ(友だちの輪)に拡散し、そのつながりから採用に至った場合は企業から紹介者に紹介報酬が支払われるなど、さまざまな仕組みでリファラル採用の活用を促進する新しいサービスも始まっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ダイレクトリクルーティング
「ダイレクトリクルーティング」とは、採用において、企業が自ら能動的に活動し、採用する手法のことです。人材の募集活動を求人広告媒体や人材紹介会社など第三者にアウトソーシングして、求職者の応募をただ「待つ」のではなく、企業側が人材データベースやSNSなどさまざまなツールを活用して、求める人材を自ら探し、...
通年採用
「通年採用」とは、企業が年間を通し、そのときの必要性に応じて自由に採用活動を行うことをいいます。欧米企業では当り前のことですが、日本の多くの企業の多くは、長年にわたって毎年春に新規学卒一括採用を行ってきました。変化が現れたのは、1990年代なかば頃。一部の企業が海外の大学を卒業した者や帰国子女の秋採...
縁故採用
企業が求職者を雇用する場合、求職者本人にその企業との何らかの縁故(コネ)があることを採用の条件とすることを「縁故採用」あるいは「コネ採用」といいます。縁故には、企業・業界に影響力のある人物の紹介、現職社員やOB、取引先との縁戚関係などがあります。機会の平等に反する不公正な慣習というイメージが強いもの...

関連する記事

「新卒採用コンサルティング」とは
採用コンサルティングは、テクニカルな業務レベルでのサポートだけでは不十分だ。クライアントの企業理念や経営戦略などを十分に踏まえた、「戦略的な採用の提案」を行うことが求められる。
2011/01/31掲載人事支援サービスの傾向と選び方
厳選採用時代の中途採用に必要な「企業の意識」 ~厳選採用のもう一つの顔
企業が「厳選」されることもある。一部の優秀人材に企業の内定が集中!?
2011/02/07掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
採用成果を上げている企業は「勝つためのプランニングができている」「社内の協力体制は十分である」「PDCAサイクルは十分に機能している」割合が高い
「自社の採用チームは、採用において十分な成果を上げている」という項目に対して「当てはまる」企業は11.2%、「どちらかというと当てはまる」企業は49.4%。このような「成果を上げている」企業は、「採用市場において勝つためのプランニングができている」「採用活動に...
2017/06/30掲載人事白書 調査レポート

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


これからの組織・事業を担う若手・中堅を育てる!セミナー特集

成果を出せる社員育成のために『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む
new

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...


個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる<br />
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入
new

個の成長が企業の成長。そして、社会を変えていく力になる
ニトリが全社員に「グロービス学び放題」永年プランを導入

日々の業務に熱心に取り組む社員の視野を広げ、より中長期的な目線でキャリ...