企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14612件   回答数31045

自己啓発における休日の研修受講について

 いつも大変お世話になっております。社内研修を担当しております。初歩的な事になりますがご教示いただければ幸いにございます。
 弊社におきまして、学べる環境を整備するために、自己啓発における休日の研修受講費用を一部会社負担を行い、研修受講促進を図ろうとしております。そこで、下記の点を確認させていただきたくお願いします。
①「自己啓発」における休日の研修受講は「業務時間外」扱いで間違っていないか。
②「自己啓発」ではなく「会社・部門指示」での休日の研修受講は「業務時間」としての扱いになる(休日出勤 or 振替出勤)。
③「自己啓発」ではあるが研修自体が平日のみの開催だった場合、平日の研修を受講するとなった場合、その研修受講時間は
「業務時間外」扱いとなる(← 会社の考え方次第とは思いますが、一般的・基本的な考え方は?)
基本的な事かも知れませんが、ご教示いただければと思います。
何卒よろしくお願い申し上げます。

  • かもがわさん
  • 京都府
  • その他業種
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2019/05/31 10:25
  • ID:QA-0084722

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/05/31 12:11
  • ID:QA-0084728

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

①について 
 研修参加が義務ではなく、自由参加であれば、業務外となります。

②について
 指示であれば、ご認識のとおり、業務時間となります。

③について
 平日の勤務時間内ということであれば、指揮命令下にありますので、そこで研修参加を認めるわけですから、業務の一環と考えれます。

  • 投稿日:2019/06/05 11:07
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答いただき、ありがとうございます。大変参考になりました。改めて質問ですが、③につきまして「自己啓発」の扱いで「時間外」とするならば有給を取得し、あくまでも個人の時間として研修受講することは可能でしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/05/31 12:18
  • ID:QA-0084729

代表者

「会社の指示か否か」の明確化が最大のポイント

▼何を差し置いても、研修名の如何に拘らず、冒頭において、受講が「会社の指示か否か」が明確に示されることが必須、且つ、最重要の要件です。
▼このポイントさえ明確ならば、ご質問は、その応用面として、事前に、明確になります。少々、愛想のない回答ですが、長文化すれば、ポイントが埋没する可能性が高くなります。

  • 投稿日:2019/07/08 07:11
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答いただき、ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/05/31 17:55
  • ID:QA-0084742

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、①②につきましてはご認識の通りとなります。

一方、③につきましては、平日の勤務時間帯において行われる場合ですと、業務ではなくとも会社がその時間帯で研修参加を容認されている以上、勤務されたものと同様とみなして通常賃金を支払うべきといえます。始業前または終業後の研修参加であれば、業務時間外の処理で差し支えございません。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/06/03 11:20
  • ID:QA-0084761

人事・経営コンサルタント

業務姓

①業務外です。
②業務です。
③会社が業務と認めれば業務。有給などで勝手に参加する分には業務外でしょう。
いずれにしても、会社の指示の有無がすべてです。また暗黙のプレッシャーなども指示と見なされる恐れがありますので、完全自由意志であることを明記して下さい。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
研修について
当社では、様々な研修を行う機会を設けています。そして、かなり口うるさい従業員がいる為、就業時間内に研修を行うようにしています。しかしながら、従業員を就業時間内に研修させるとエステサービス業の為、直接「売上減」に繋がってしまいます。そもそも、「タイムカードを切ってから研修しろ」なんてものは、昔ながらの...
研修について
階層別研修等、ビデオ研修を用いたいのですが経費的に貸しビデオを利用したいと思います。質量とも揃っている施設をお教えください
研修中の労災について
研修予定者から質問を受けました。 弊社では研修期間中は社員としてはみなしておらず、正式に配属された日を入社日としています。 そのため、研修中はアルバイト的に給与を支払っています。 質問は研修期間中に事故にあった場合に労災がおりるのか、という質問です。 弊社は販売職で、研修は実際に販売を行うプログラム...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • マネジメント・管理職研修をどう企画・実施するか
    現在、変革期を迎えているマネジメント・管理職研修だが、研修を企画・実施する場合、どのような点を重視し、自社に合った内容を作成していけばいいのか。以下では、そのステップと留意点を整理していく。
  • 研修の準備と段取り
    研修の実施に当たり、事前準備や研修当日の運営において行うべきことは多い。これら研修の準備と段取りについて、ポイントを整理してみたい。
  • 研修会社の選び方
    自社だけで、全ての研修を実施するのは難しい。社内に人材育成や研修実務に長けた人材が数多くいるわけではないからだ。また、研修計画を立案するための時間をなかなか捻出するできないケースも多い。そこで、外部の研修会社を利用していくことになる。以下、研修会社を選ぶ際のポイントを整理していく。

あわせて読みたいキーワード

研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。
インストラクショナルデザイン
「インストラクショナルデザイン」(Instructional Design、以下ID)とは、それぞれの環境において、最も効果的かつ効率的な教育を設計・開発するための方法論です。元来は米軍の新兵教育手法の研究成果として発表されたものですが、その後、経営学や教育工学、システム工学など学際的分野で研究が...
シェア研修
「シェア研修」とは、複数の企業のコラボレーションにより、新入社員研修などを合同で企画・実施する研修スタイルのことです。研修プログラムや講師、会議場など各社の育成リソースを共有し、所属の異なる参加者が企業の枠を超えて同じ研修を受けるのが特徴。自社内に閉じていた従来の新人研修と違い、“社外同期”ともいう...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

働くパパママ育休取得応援奨励金 ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

いわゆる団塊世代が75歳以上の後期高齢者になると、日本は「大介護時代」...