企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

二重出向の可否について

いつも参考にさせて頂いています。
二重出向(再出向)の可否についてのご相談です。
過去の相談履歴から、出向先から別の出向先への再出向はできないとの回答を確認したのですが、どういった根拠(法律、判例など)に基づくものなのかを、分かりやすくご教示頂けないでしょうか。

また、出向先の業務を兼務しながら、再出向先での業務も行う場合でも、出向元と再出向先との出向契約を締結することになるのか(この場合、出向元と出向先、出向元と再出向先の契約が各々あることになります)という点についても併せてご教示下さい。

素人質問で恐縮ですが、宜しくお願い致します。

投稿日:2018/12/13 19:15 ID:QA-0081023

takutomokaさん
福岡県/不動産

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、労働者派遣とは異なり二重出向について明確に法令等で禁止されてはおりません。出向先についても雇用関係が成立していることから、違法とされる労働者供給には該当しないものといえます。

しかしながら、そうとはいえ結果としまして三社との雇用関係が成立し労務管理も複雑になりますので、そのような形は避ける方が望ましいといえるでしょう。

またご文面のように兼務される場合でも、出向を命じている以上再出向契約の締結は当然に行われるべきです。

投稿日:2018/12/14 09:42 ID:QA-0081037

相談者より

ご回答ありがとうありがとうございます。
兼務の場合で、重ねての質問です。
(A社(出向元)、B社(出向先)、C社(再出向先)とします。)
C社への再出向を、A社、B社、両者が確認しておく意味で、三社間での合意書を締結することに問題はないでしょうか。
その際、記載内容で避けるべき内容があれば、ご教示下さい。
(例えば「B社からC社へ再出向する」という表現は違法。)
度々申し訳ございません。よろしくお願い致します。

投稿日:2018/12/14 10:31 ID:QA-0081042参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

再度お答えいたします

ご返事有難うございます

ご質問の件ですが、三社間で合意文書を結ばれても勿論差し支えございません。任意の文書ですので、明らかに違法な内容が含まれない限り大丈夫です。

投稿日:2018/12/14 11:25 ID:QA-0081046

相談者より

再度ご回答いただき、ありがとうございます。

投稿日:2018/12/14 13:55 ID:QA-0081052大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

二重出向は否です。

出向法はありませんので、二重派遣の禁止のように、二重出向の禁止といった文言まではありませんが、職業安定法44条に違・抵触することになります。

なぜなら、出向というのは、一定の目的をもって出向先に出向く必要がありますので、そこからさらに出向させるというのは、目的達成が無視され、最出向が目的となり、人材供給とされるリスクが高いからです。

また、出向というのは出向元・先双方に雇用関係が発生しますが、さらに再出向ということであれば、責任もぐちゃぐちゃになりますし、そもそも出向先に再出向を命じる権限はあるのかといたところです。

投稿日:2018/12/14 12:08 ID:QA-0081047

相談者より

ご回答ありがとうございます。

投稿日:2018/12/14 13:55 ID:QA-0081053大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

直列式の出向は、望ましくない

▼ 直列式の出向は、雇用に関する権限・責任の観点から望ましくありません。
▼ 出向元を起点とする並列的出向なら、午前・午後、或いは、週の曜日を明確に区分した上で、短時間就労として、当事者間の権限・責任を明確にし得る点からは可能でしょう。
▼ これとても、可能というだけで、余程のニーズがなければ、推奨は致しかねます。

投稿日:2018/12/14 13:28 ID:QA-0081051

相談者より

ご回答ありがとうございます

投稿日:2018/12/14 13:55 ID:QA-0081054大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
転籍出向者の出向について
弊社の子会社に転籍出向させている者を、得意先に対して出向させる(二重出向)ことの是非についてご教示願います。 出向契約は、弊社子会社と出向先会社となります。
出向者が一定期間 出向元で働かいていたときの労災は?
出向元から、出向者を一定期間 出向元で働かせたい。 その時に、労災が発生したらどうなりますか? また、出向料の扱いはどうなりますか?
出向に関する注意事項
出向契約をする際、通常、出向元の会社が出向者へ給料を支払い、出向先より出向元の会社へ 出向料を支払いますが、この出向料を支払わない場合、法律上、問題はありますでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 5. 人材派遣が可能な業務と期間
    人材派遣は可能な業務や期間が法律で定められている。特に、受け入れ期間については細かい規制が設けられている。その背景には、恒常的に人員が必要な業務に携わる人材は、直接雇用すべきだという行政からのメッセージがあることを理解しておきたい。この原則を踏まえた上で、自社の業務がどういったもので派遣が可能な期間...
  • 人事管理制度の実際
    人事管理制度全般にかかわる「人事異動」「出向」「転籍」「退職」「定年制」「解雇」「昇進」「コース別人事管理」について紹介する
  • いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)
    「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイゼリヤが取り組んでいる事例を見ていくことで、現在の人事給与業務のあり方について探っていった。特に印象に残ったのは、同社の「徹底した業務効率性の追求」。そのためには、人事給与システムの有効活用を始めとする、「業務改革」が不可欠である...
あわせて読みたいキーワード
出向
「出向(在籍出向)」とは、一般的には企業が社員との雇用契約を維持したまま、業務命令によって社員を子会社や関連会社に異動させ、就労させることを指します。出向の場合、対象となる社員の籍と給与の支払い義務は出向元企業にあり、社員に対する業務上の指揮命令権は出向先の企業が有します。人事異動の形態としては、企...
配置転換
人事異動により、従業員の担当職務や勤務地などを変更することを「配置転換」、略して「配転(はいてん)」といいます。配置転換は大きく、企業内の配置転換と企業間の配置転換に分かれます。前者には昇進・昇格、職種変更、勤務地変更などが含まれ、後者には子会社や関連会社への転籍、出向などが該当します。狭義では、...
雇用調整助成金
雇用調整助成金とは、景気悪化などによる事業縮小や労働者の雇用調整が必要となった使用者に対して休業手当や賃金の一部を国が助成するもので、雇用を維持することを目的に支給されます。 ※本記事は社会保険労務士の監修のもと作成しました。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/27
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。