企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

「育児支援」関連のコンテンツ

  • 1

20件中 120件を表示

ニュース2019/06/10
最大200万円の出産祝い金導入 日比野設計
幼児施設の設計を行う(株)日比野設計(神奈川県厚木市、日比野拓代表取締役社長)は5月、社員または配偶者が出産した場合に祝い金を支給する制度を導入した。社員の育児負担と不安を和らげ、子供を生みやすい環境を整える狙い。祝い金は第1子から順に30万円、60...

ニュース2017/04/20
社員の働き方改革に「取り組んでいる」企業は82.5%。取り組み内容の主流は「長時間労働をなくす(残業を減らす)」が68.9%と最も高い~『企業の「社員の働き方改革」に関する意識調査』:地方経済総合研究所
公益財団法人 地方経済総合研究所は、『企業の「社員の働き方改革」に関する意識調査』の結果を発表しました。 【調査結果の概要】●現在、社員の働き方改革に「取り組んでいる」と回答した企業は82.5%に上った。●現在の取り組み内容の主流は、「長時間労働をな...

ニュース2016/10/03
保育施設利用料など、子育てしながら働くために要した費用を支給する、「育児・仕事両立支援金制度」を導入~子育てをしながら働く従業員が、さらに能力を発揮することができる環境を実現:日立製作所
株式会社日立製作所(執行役社長兼CEO:東原 敏昭/以下、日立)は、子育てをしながら働く従業員が、さらに能力を発揮することができる環境を実現するため、10月1日から「育児・仕事両立支援金」制度を導入します。本制度では、共働きまたはひとり親で、小学校就...

用語集2014/12/15
プラチナくるみん
「プラチナくるみん」とは、仕事と育児の両立支援に熱心に取り組む企業のうち、トップクラスの実績を上げている企業を厚生労働省が認定し、税制面などで優遇する制度およびその認定マークのことです。プラチナくるみん(特例)認定制度は、次世代育成支援対策推進法(次...

ニュース2014/12/04
新「くるみんマーク」と「プラチナくるみんマーク」が誕生(厚生労働省)
厚生労働省は、次世代育成支援対策推進法(以下「次世代法」)の改正に伴い、「くるみんマーク」の見直しを行い、新しい「くるみんマーク」と、「プラチナくるみんマーク」を作成しました。「くるみんマーク」は、 次世代法に基づき、企業が従業員の仕事と子育ての両立...

ニュース2013/08/06
アイエスエフネット、事業所内保育所「ゆめみん青山保育園」開園
株式会社アイエスエフネット(本社:東京都港区、代表取締役:渡邉幸義、以下アイエスエフネット)は、8月1日に東京本社近くの「匠ソホラ」(多目的シェアオフィス)内に「ゆめみん青山保育園」を開園いたします。アイエスエフネットでは、従業員の多様なライフスタイ...

用語集2013/07/29
イクボス
「イクボス」とは、男性の従業員や部下の育児参加に理解のある経営者や上司のことです。子育てに積極的に関わる男性をイクメンと呼ぶのに倣い、そのイクメンを職場で支援するために、部下の育児休業取得を促すなど、仕事と育児を両立しやすい環境の整備に努めるリーダー...

ニュース2013/07/18
ビースタイル、仕事と家庭の両立についてのアンケートを実施
安倍政権への提言:「保育所=両立?」主婦の9割が違和感仕事と家庭の両立に必要なのは「条件に合う仕事」86%主婦に特化した人材サービスを提供する株式会社ビースタイル(本社:東京都新宿区、代表取締役:三原邦彦、以下ビースタイル)が運営する「しゅふ活研究室...

用語集2013/07/08
企業内保育所
「企業内保育所」とは、企業が育児中の従業員のために、事業所内または事業所の近辺に設ける専用の託児施設のことです。施設は企業がつくり、実際の運営は保育サービス事業者に外部委託するケースが一般的。国の認可外保育所の一つに分類され、預かる子どもの人数や子ど...

ニュース2013/04/26
NPO法人ArrowArrow、再就職を希望するママの
最初の一歩を託児付き『ママインターン』をスタート!
NPO法人ArrowArrow(東京都国分寺市)は、2013年3月に再就職を希望する子育て中の女性を対象に、託児もサポートした『ママインターンプロジェクト』をスタートさせた。このプロジェクトは公益財団法人日本財団(東京都港区)の「ママの笑顔を増やすプ...

用語集2013/02/25
M字カーブ
日本人女性の年齢階級別の労働力率(15歳以上の人口に占める求職中の人も含めた働く人の割合)をグラフで表すと、学校卒業後20歳代でピークに達し、その後、30歳代の出産・育児期に落ち込み、子育てが一段落した40歳代で再上昇し、アルファベットの「M」のかた...

ニュース2013/02/06
佐川急便を傘下に持つSGホールディングスが女性を積極採用し、
顧客ニーズに対応。全て女性配達員で構成されるセンターも
男性の仕事というイメージが強い運送業だが、佐川急便を傘下に持つSGホールディングス(京都市・南区)では、女性の積極採用を進めている。背景にあるのは、インターネット通信販売の拡大。仕事をしている一人暮らしの女性は朝や夜に荷物を受け取ることが多く、女性に...

ニュース2013/02/05
埼玉県、企業と共同運営する保育所を開設。中小企業の積極的参画を促す
埼玉県が企業と共同運営する「事業所内保育所」を県庁内に開設すると発表した。共同運営型の事業所内保育所の運営に都道府県が関わるのは全国初。費用面などの理由で事業所内保育所の単独設置が難しい中小、零細企業の参画を募集し、それぞれが費用を分担する。(日本経...

ニュース2013/01/31
日産自動車、本社内に託児所を開設。
仕事と育児の両立支援を強化し、女性管理職比率10%を目指す
日産自動車株式会社(神奈川・横浜市)が本社内に事業所内託児所施設を開設したと発表した。仕事と育児を両立しやすい環境を整備し、出産後の女性社員の復職を支援することが狙い。同社では、2016年までの中期経営計画の中で女性管理職比率を10%(現状6.7%)...

記事・コラム2012/01/23
株式会社レナウン
目指すのは三つの“C”――Change、Challenge、Create
人財を通じて改革を推進する「レナウン元気塾」の挑戦
アパレルは人なり。人が変わらなければ会社は変わらない――。1世紀以上の歴史を誇るファッション業界の老舗レナウンではここ数年、ビジネス環境の激変を受けて大胆な改革が進められています。その大きな柱の一つが「人材開発」。「レナウン元気塾」として体系化された...

ニュース2011/12/14
産労総合研究所、2011年度 育児・介護支援制度の最新実態
定期刊行誌「人事実務」を刊行するシンクタンク機関の株式会社産労総合研究所(東京都千代田区、代表 平 盛之)は「育児・介護支援制度の最新実態」の2011年度調査結果をとりまとめた。その概要を紹介する。【 調査要領 】調査対象 : 当所の会員企業から一定...

記事・コラム2011/08/29
育児・介護支援制度の最新実態
民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、各企業の育児・介護休業等の最新実態を調査しました。今回はこの中から育児休業・介護休業それぞれの「期間」「休業中の月例賃金の取り扱い」について紹介します。

ニュース2011/02/02
アイエスエフネット、茨城県子育て応援企業表彰 優秀賞受賞
株式会社アイエスエフネット つくば営業所(以下アイエスエフネット、茨城県つくば市)は、 このたび、平成23年度茨城県子育て応援企業表彰において、仕事と子育て両立支援部門 優秀賞を 受賞いたしました。なお認定・表彰式は平成24年2月8日となります。■ ...

記事・コラム2007/08/27
候補者をプロファイリングする企業
育児支援制度を利用したい転職者
人材採用がますます難しくなっている現在、人事としては「少しでも間口を広げて、応募者を増やしたい」と考えるのが普通だろう。たしかに、候補者を増やさないことには話は始まらないのだが、短絡的に間口を広げてもいい結果が得られるとは限らない。実は逆転の発想の方...

記事・コラム2006/08/28
キリンビール株式会社:2007年問題・女性社員をめぐるシステム改革
2007年からホールディングカンパニー制に移行する、キリンビール。同社人事部も今までの「全体最適」から「各社最適」の形へと、新たな体制作りの過程にある。そんな中、人事制度の政策立案を行う藤谷氏は、管理職や一般職の制度作り・見直しなどに携わり、改革を進...

  • 1

20件中 120件を表示

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会