企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】イクボス イクボス

「イクボス」とは、男性の従業員や部下の育児参加に理解のある経営者や上司のことです。子育てに積極的に関わる男性をイクメンと呼ぶのに倣い、そのイクメンを職場で支援するために、部下の育児休業取得を促すなど、仕事と育児を両立しやすい環境の整備に努めるリーダーをイクボスと呼びます。
(2013/7/29掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イクボスのケーススタディ

部下に育休をとらせた上司を積極評価
官主導のイクメン支援策は浸透するか

育児休業を取得した男性の割合は1.89%――厚生労働省が発表した2012年度の雇用均等基本調査によると、2010年10月からの1年間に子供が生まれた男性の育休取得率は、初めて2%台に乗って過去最高を記録した前年度から0.74ポイント減り、1%台に逆戻りしました。ちなみに女性は83.6%で、こちらも前年を4.2ポイント下回っています。こうした結果について、同省は「東日本大震災後で企業側に余裕がなくなり、育休を取りにくい雰囲気があったのではないか」と推測しています。

しかし震災の影響はあくまで一時的な要因。一ケタ台で推移する育休取得率の低迷そのものの背景には、社員や部下、特に男性の“イクメン”化を依然として歓迎しない、経営者や管理者の理解不足が根強くあるようです。そこで部下の育休取得を促進し、男性も子育てに参加しやすい環境整備に配慮する「イクボス」を増やす取り組みが、国や自治体の主導で始まっています。

イクボス」を最初に提唱したのは群馬県です。同県による調査の結果、県内で働く男性従業員の育休取得率が1.1%にとどまる一方で「育休を利用したい」と考えている男性の割合は48.3%あり、潜在的なニーズが高いことがわかりました。これを機に、県は「イクボス養成塾」と題した県内企業向けのセミナーを開催。東レ経営研究所特別顧問の佐々木常夫さんを招き、仕事と家庭の両立支援の重要性をテーマとした講演会を実施しました。講演の中で佐々木さんは「男性社員が子育てしながら働ける環境を作ることは業務効率化や生産性向上につながる」と、イクメンを支援するイクボス増加のメリットを強調しています。

6月には森雅子消費者行政担当大臣が、群馬県の取り組みをモデルにして、イクボスが査定アップにつながる「育ボス制度」を消費者庁内の人事制度に導入したことを発表しました。これは、育休を取得した職員とともに、部下の育休取得を積極的に認めた上司や、育休をとった職員の仕事を分担した同僚に対しても人事評価で考慮するという制度です。育休取得を進めるために、当初は育休をとった職員のみ昇進・昇給で有利に扱う案が検討されていましたが、「休んだ人だけが厚遇されるのはおかしい」「穴埋めで苦労するのは同僚なのに不公平」といった反対意見に考慮して、評価の対象を上司と同僚にまで広げたといいます。

もっとも、この制度の下で育休取得者が増えれば、組織全体でこなせる仕事量に比べて人件費が膨らみ、かえって生産性が下がってしまうおそれもあるでしょう。森大臣は会見で、自ら経済団体にも導入を働きかける意向を示していますが、“官”発のイクボス養成の取り組みがはたして民間にまで広がり、定着するかどうか。日本の企業社会が、仕事と育児の両立支援を進めていく上でひとつの分岐点になるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

出生時両立支援助成金
「出生時両立支援助成金」とは、男性従業員が育児休業を取得しやすい制度の導入や職場風土醸成の取り組みを行い、実際に男性従業員がその制度を利用して育児休業を取得した企業に支給される助成金で、「イクメン助成金」とも呼ばれています。仕事と育児の両立を望む男性と両立支援に取り組む事業主を後押しするために、20...
パタハラ
「パタハラ」とは、パタニティー・ハラスメントの略。パタニティー(Paternity)は英語で“父性”を意味し、男性が育児参加を通じて自らの父性を発揮する権利や機会を、職場の上司や同僚などが侵害する言動におよぶことを、パタニティー・ハラスメントと呼びます。女性社員の妊娠・出産が業務に支障をきたすとして...
イクメン
「育児をするメンズ(男性)」の略語。単に育児中の男性というだけでなく、進んで育児休暇を取得するなど子育てを積極的に行う男性や、育児を楽しみ自らも成長しようとする男性、または将来的にそうありたいと考えている男性のことを、「イケメン」をもじって「イクメン」と称します。

関連する記事

株式会社ローソン: 男性が変われば企業風土も変わる! ダイバーシティ先進企業、ローソンが行う「男性の育児休職取得」促進のための取組みとは(後編)
男性の育児休職の取得促進を、女性活躍推進の一環として位置づけるローソン。2014年度に新設した「短期間育児休職制度」の普及・啓蒙を目的に各種施策を展開し、取得率の向上を導いています。インタビュー後編では、同社が展開する「男性の育児取得促進活動」がどんな成果、効...
2016/10/31掲載となりの人事部
日本ユニシス株式会社: 個の多様性を広げ、働き方を変えるきっかけに 日本ユニシスの「目標値なし」「男女問わず」の育児休暇推進
女性活躍推進法が2016年4月に完全施行されて以来、多くの企業が女性に関する目標値を掲げ、ジェンダーギャップの是正に取り組んでいます。女性の活躍推進とセットで進められるべきなのが、育児や家事を夫婦で分かち合うという考え方の浸透です。しかし、育児分担の入り口とも...
2019/08/08掲載となりの人事部
武石恵美子さん 「男性の育児休業」と「ワーク・ライフ・バランス」
仕事と子育ての両立支援計画を企業に求める「次世代育成支援対策推進法」(次世代法)が施行されて1年。これをきっかけに、多くの企業が男性社員も育児休業をとりやすい環境整備に取り組み始めています。『男性の育児休業』(中公新書)の共著書もある武石恵美子さんは、このよう...
2006/04/17掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

男性の育休取得について
男性の育休取得推進、行く行くは、くるみんの取得を考えております。 この度『育休は取りたいが、その期間に有休を使いたい』という申し出がありました。多くの企業がそうであると認識していますが、現状弊社の育児休業規程では、育休中は無給と定めています。社としては育休は歓迎で、有休取得もしてもらって構わないので...
<改正法>育休を父母ともに取得したかの確認について
同じ会社の場合は父母ともが育休を取得しているかどうかわかるのですが、配偶者が他社の場合は、配偶者が育休をとっている証明をもらう必要があるのでしょうか?
4週4日を取得できない場合の対応
休日については労基法で4週4日が定められていますが、例えば4週で2日しか休日を取得できなかった場合、残りの2日は休日勤務として割増賃金(35%)を支払うというのは問題ないのでしょうか? それとも何が何でも4週4日を取得しないといけないのでしょうか? 初歩的な質問ですみません。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

働くパパママ育休取得応援奨励金 ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...