企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】エムジカーブ M字カーブ

日本人女性の年齢階級別の労働力率(15歳以上の人口に占める求職中の人も含めた働く人の割合)をグラフで表すと、学校卒業後20歳代でピークに達し、その後、30歳代の出産・育児期に落ち込み、子育てが一段落した40歳代で再上昇し、アルファベットの「M」のかたちに似た曲線を描く傾向が見られます。「M字型カーブ」とはこのグラフの形態を指し、日本人女性の就業状況の特徴を表す用語としても定着しています。
(2013/2/25掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

M字カーブのケーススタディ

出産で仕事をあきらめる女性が6割
活用状況の「見える化」で逆U字型へ

労働力人口の本格的な減少が見込まれる中、女性の就労促進は日本経済の喫緊の課題であり、成長戦略としてもその潜在力の開発・活用に期待が高まっています。厚生労働省がまとめた「平成23年版 働く女性の実情」によると、平成23年の女性の労働力人口は2632万人で、前年に比べて11万人減少(前年比0.4%減)しました。また生産年齢(15~64歳)の労働力人口は前年より10万人少ない2419万人で、生産年齢の労働力率は前年と同じく63.0%でした。労働力率を年齢階級別にみると、「25~29歳」(77.2%)と「45~49歳」(75.7%)が左右のピークで、「35~39歳」が谷底になるかたちの「M字型カーブ」を描いていますが、M字型の谷底の値は67.0%で前年より0.9ポイント上昇、過去最高を更新しています。

女性の年齢階級別労働力率がこうしたM字型カーブを描くのは日本独特の傾向で、他の先進国にはほとんど見られません。欧米諸国では早くからM字型の底の部分にあたる出産・育児期の落ち込みが消え、逆U字型の曲線で推移していました。積極的な女性活用や柔軟な働き方の普及など、女性が出産・育児を経ても継続して働けるための環境整備が進んでいるためです。

一方、日本では改善されつつあるものの、依然としてM字型カーブが残っており、日本の現状では、仕事と出産・育児の両立はまだまだ容易ではありません。実際、内閣府の調査報告書などによると、第1子出産前後に離職する女性は正社員で5割近く、パートなどの非正規で8割以上、全体では6割にも上り、逆にこれを解消すれば国民総生産を1.5%押し上げるとの試算もあります。

政府が2012年6月に策定した「女性の活躍促進による経済活性化行動計画――働く『なでしこ』大作戦」においても、20代後半から40代女性の労働力率を高めてM字型カーブを逆U字形に変えることが、最大の目的の一つに掲げられています。カギをにぎるのが仕事と子育ての両立を支援する企業の施策や組織風土づくりの推進。厚労省ではそのための方策として、女性の活用状況の「見える化」に力を入れています。企業に、男女の平均勤続年数や管理職比率、男女間格差の解消に向けたポジティブ・アクションの取り組み状況などの情報開示を促すことで、意識改革を波及させていくのがねらいです。同省が運営する専用サイトでは、2013年1月末時点で、同省の要請に応じた800社近くが情報を公開しています。

こうした先進企業の多くは女性活用を、単に労働力確保という視点からだけでなく、重要な経営戦略として位置づけているのが特徴です。独立行政法人経済産業研究所が国内1677社を対象に行った調査では、育児・介護の両立支援や柔軟な職場環境推進に取り組む企業は、何もしない企業に比べて生産性が2倍以上高く、業績もよいことがわかっています。調査結果の分析を手がけた米・シカゴ大学の山口一男教授(社会統計学)は、「女性が管理職で活躍できるような企業は生産性が高いということ。女性の活躍を妨げる長時間労働や柔軟性に欠ける勤務体制などは改革すべき」と述べています(読売新聞2012年7月3日付)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

マザーズハローワーク
子育てしながら求職する女性に対し、再就職支援を行うハローワークです。2006年4月1日から、全国12都市(札幌・仙台・千葉・東京・横浜・名古屋・京都・広島・福岡・小倉・神戸・大阪)でオープンしました。
なでしこ銘柄
「なでしこ銘柄」とは、東京証券取引所(以下、東証)と経済産業省が女性人材の活用に積極的な企業を選定し、投資家に紹介する取り組み、および選ばれた東証一部上場企業を指す呼称です。名称の由来はサッカー日本女子代表のなでしこジャパンから。企業側に女性活用の推進を促すとともに、日本株の魅力をアピールし、個人...
マミー・トラック
「マミートラック」とは、子どもを持つ女性の働き方のひとつで、仕事と子育ての両立はできるものの、昇進・昇格とは縁遠いキャリアコースのことです。職場の男女均等支援や仕事と育児の両立支援が十分でない場合、ワーキングマザーは往々にして補助的な職種や分野で、時短勤務を利用して働くようなキャリアを選ばざるをえな...

関連する記事

女性活躍推進が成果を「上げている」企業は約半数。 「上げていない」と答えた企業では、女性従業員の「昇進意欲」や「モチベーション向上」が課題
多くの企業が女性活躍推進に取り組んでいる。その成果については、「上げている」(8.9%)「どちらかといえば上げている」(36.6%)が合わせて45.5%と、半数近くが手ごたえを実感している。女性活躍推進の成果を「上げていない」「どちらかといえば上げていない」と...
2018/08/02掲載人事白書 調査レポート
女性活躍推進の重要性が叫ばれる現在も、変わらず求められるのは 「トップやマネジメント層の理解」と「女性社員の意識改革」 ~「女性管理職3割以上」時代に向けて実態を調査~
昨今、女性管理職の登用を推進する企業が増えています。企業の現状はどうなっているのかを知るために、「女性管理職に期待していること」「活躍している女性管理職のタイプ」「女性管理職を増やすための取組み」の三項目について聞きました。
2014/10/01掲載編集部注目レポート
香山リカさん 均等法世代の働く女性の結婚問題
仕事で自己実現を図っても、結婚していない女性は「負け犬」という厳しい見方をされてしまう風潮も出てきていますが、均等法から現在までの間に、働く女性の結婚観はどう変わってきたのでしょうか。『就職がこわい』『結婚がこわい』(ともに講談社)などの著書もある精神科医、香...
2005/10/07掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するQ&A

女性採用の推進のための具体策
女性活躍推進法に則り、弊社では3割の女性を次期採用目標に設定しましたが、 現状は女性率1~2割弱で厳しい状況です。 応募者の割合も同等です。 効果的な対策を教えていただけないでしょうか。 ちなみに女性管理職はいません。
女性管理職の育児短時間勤務時間の取り扱い
女性管理職が育児短時間勤務制度を利用した場合、給与カットをしても良いのか?
従業員数のカウントについて
現在、産前産後の休暇や育児休業をとっている女性社員がおります。 外部に公開する会社の従業員数には、上記の女性社員は含めるべきでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 就業管理 ]
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

期間限定キャンペーン LINE採用コネクト

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

これからのビジネスに欠かせない「経済知力」とは?

変化のスピードが速い現代において、過去の“経験則”だけでは通用しないの...