企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ケアセキニン ケア責任

「ケア責任」とは、家族などにケアが必要な子どもや障がい者、要介護者がいる場合に、そのケアを担って責任を負うこと。「ケア責任」があることで、できる仕事に制限が生じたり、企業内で指導的な立場になりにくかったりするケースが考えられます。現在は、要介護者が増加傾向にあるなど「ケア責任」を負う人が増えており、ケア責任を負う人が不利にならない社会をいかにつくるかが課題となっています。
(2017/7/24掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケア責任のケーススタディ

要支援・要介護者が2014年度に600万人超え
ケア責任を負う人は今後ますます増加へ

厚生労働省は2016年6月に、2014年度の「介護保険事業状況報告」を公表。要支援・要介護の認定者が前年度より22万人増えて606万人となり、初めて600万人を超えたと報告しました。介護保険制度がスタートした2000年度の認定者数は256万人で、2014年度はその約2.4倍となっています。こうした増加傾向のトレンドは、今後も長く続くとみられており、それに伴って要支援・要介護者の「ケア責任」を負う人も増加しています。また、育児に関しても保育園など環境の改善がなかなか進まず、子どもの「ケア責任」は女性活躍推進の大きな壁となっています。

『「育休世代」のジレンマ』の著書があるジャーナリストの中野円佳氏は、子どもや障がい者、要介護者の「ケア責任」の多くを女性が担っており、そのことが企業での管理職への登用や職場への復帰を妨げていると主張しています。女性の社会進出が進まないのは、「女性」という性別の問題ではなく、「女性がケアを担っている、または女性が将来ケアを担うことになるという予測が立つことが影響している」というのです。

企業が進めるダイバーシティの動きにも、「ケア責任」の有無は関係します。今後、「ケア責任」のある人が増えて、これまでのような働き方ができなくなれば、企業における管理職や指導的地位には「ケア責任」のない人ばかりが就くかもしれません。これは「ケア責任」による差別の問題といえます。

今、社会全体で求められることは、「ケア責任」が増えている現状を認識し、その価値観を各々で問い直すことでしょう。ここで課題解決に向けて必要なのはケアへの男性の参画です。「ケア責任」が人と人の関係における責任であるならば、そこには男女の区別はありません。いかにこの問題を是正していけるかが問われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

ラインケア
「ラインケア」とは、企業などの職場のメンタルヘルス対策において、部長・課長などの管理監督者が直属の部下にあたる労働者へ、個別の指導・相談や職場環境改善を行う取り組みのことです。組織内で指示命令を出す相手=部下を持つ管理監督者は、部下の状況を日常的に把握し、具体的なストレス要因の評価やその改善を図るこ...
女性活躍推進法
「女性活躍推進法」とは、2015年8月28日に国会で可決成立した新法――「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」の通称です。同法は、女性が職業生活でその希望に応じて、十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整備するために制定されました。これにより、従業員301人以上の企業は来年の4月1日までに、...
マミー・トラック
「マミートラック」とは、子どもを持つ女性の働き方のひとつで、仕事と子育ての両立はできるものの、昇進・昇格とは縁遠いキャリアコースのことです。職場の男女均等支援や仕事と育児の両立支援が十分でない場合、ワーキングマザーは往々にして補助的な職種や分野で、時短勤務を利用して働くようなキャリアを選ばざるをえ...

関連する記事

いま、見直される「セルフケア」
近年、働く環境が大きく様変わりし、職場におけるストレス要因が増加してきた。その結果、心身の健康を害する人がこの数年間で急増しているという。このような状況下において、メンタルヘルスに対するケアというのは、企業はもちろんのこと、各個人が積極的に対処していく「セルフ...
2007/09/26掲載注目の記事
女性活躍推進が成果を「上げている」企業は約半数。 「上げていない」と答えた企業では、女性従業員の「昇進意欲」や「モチベーション向上」が課題
多くの企業が女性活躍推進に取り組んでいる。その成果については、「上げている」(8.9%)「どちらかといえば上げている」(36.6%)が合わせて45.5%と、半数近くが手ごたえを実感している。女性活躍推進の成果を「上げていない」「どちらかといえば上げていない」と...
2018/08/02掲載人事白書 調査レポート
辛淑玉さん 女性を活用できない企業は潰れる
男女均等処遇の取り組みが始まって久しいのに、それが必ずしも現場に深く浸透していかないのは、どうしてなのか。女性が働きやすい職場環境をつくっていくために、企業がしなければならないことは何か。人権や男女差別の問題に詳しい人材育成コンサルタントの辛淑玉さんにうかがい...
2005/01/24掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するキーワード

注目のHR Technology特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

インディードの採用ノウハウを無料公開 学びを可視化する ビジログ
<アンケートのお願い>人事コンサルティングに関する活用実態調査

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


注目のHR Technology特集

【採用・退職率予測・エンゲージメント推進】
人事・経営者として知っておきたいHR Technologyサービス、セミナー、資料をピックアップ!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人手不足と多様化の時代<br />
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人手不足と多様化の時代
「給与前払い」は人材採用のフックとなるか?

人材獲得施策にはさまざまなものがありますが、最近注目されているツールが...


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...