企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13460件   回答数28216

労災待機期間中の事業主の補償について

いつも大変お世話になっております。

労災待機期間中の事業主の補償について教えてください。

3日間の待機期間中を有給を使い切っているなどの理由で有給をあてない場合、
事業主は6割の補償を行わないといけないと思うのですが、待機期間の3日間がもともとの勤務でない公休日である場合にも補償しないといけないのでしょうか?

また、時給者であるパート・アルバイトと日給月給者である正職員は同じなのでしょうか?
パート・アルバイトの場合、週1回契約だと待機期間3日間は基本的に勤務日ではありません。

宜しくお願い致します。

  • 修造さん
  • 静岡県
  • 医療・福祉関連
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2018/09/14 09:59
  • ID:QA-0079088

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/09/14 11:26
  • ID:QA-0079091

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、労災補償と同様の考え方になりますので、待機期間の3日に公休日が含まれていても、3日分の補償をする事が必要です。パート・アルバイトで元々勤務日でなかった日ににつきましても休日という点では変わりませんので同様になります。

但し、欠勤でも賃金控除がされない完全月給制の正職員の場合ですと、給与自体で補償されていることになりますので、改めて公休日について賃金補償される措置は不要です。

  • 投稿日:2018/10/01 09:03
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
各担当が待機期間の補償について、正しく理解できるように周知したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/09/14 11:35
  • ID:QA-0079092

代表者

待機期間中に休日があっても事業主補償は必要

▼ 会社の所定休日も待機期間に含まれます。従い、休業補償中として、平均賃金の60%以上を支払う必要があります。
▼ パート・アルバイトと日給月給者である正職員、何れにも、適用されます。勤務日ではないということは、労働義務が存在しないという意味では、休日と同じだからです。

  • 投稿日:2018/10/01 09:04
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
誤った認識を持っていたので、
各担当が待機期間の補償について、正しく理解できるように周知したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/09/14 16:45
  • ID:QA-0079099

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

待機期間3日間については、公休日も含みます。
また、その後の労災からの休業補償も公休日も含みます。

これは、労務不能のため、週1以外の日も他でも働けないという理由もあります。

  • 投稿日:2018/10/01 09:04
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
各担当が待機期間の補償について、正しく理解できるように周知したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
アルバイトの雇用契約について
お世話になります。 たとえば、週1日で8時間勤務でアルバイト契約(雇用契約書を締結)した場合 週に2日(16時間)勤務させることは難しいのでしょうか?
業務上災害時の待機期間について
いつも大変お世話になっております。 標記の件について教えてください。 労災が発生した場合には、待機期間3日間が必要になるかと思います。 業務上災害の場合、事業主が日額60%の補償を行わなくてはいけないという決まりがあり、補償を行うにしても被災者本人から「60%になるのであれば年次有給休暇を使用した...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • アルバイト・パートの「現状」
    全雇用者の4人に1人を占めるアルバイト・パート労働者。 そもそもアルバイトとパートの違いとは?知っているようで知らない アルバイト・パートの基本情報をチェック!
  • パートが定着する上司、定着しない上司
    人材不足で求人難の現在。“採用”という入口から人が入ってこないのであれば、出口つまり“退職”を防ぐ=定着させることで、企業内の人員を維持していくという視点も重要です。パートを定着させるためのポイントとは?調査結果から分析します。
  • 2. アルバイト・パート雇用における労務上の注意点
    正社員もアルバイト・パートも労働者としての権利に変わりはない。アルバイト・パートの場合は、勤務時間や出勤日数が正社員よりも少なく、時給や日給といった給与形態が一般的だ。勤務条件が個々に異なるため、有給休暇の付与日数や社会保険の加入・非加入にも違いがあり、さらには扶養控除内での勤務も絡んでくるなど、き...

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット 優秀な人材確保のために、女性活躍推進を!
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

次世代リーダー育成に役立つセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...