企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14620件   回答数31062

フレックスタイムでの有休・半休について

お世話になっております。

現在フレックスタイム制を検討しており、
標準労働時間は9時~18時の8時間、
コアタイムは10時~15時、
フレキシブルタイムは7時~20時(コアタイム除く)、
12時~13時は休憩時間とする予定で、
翌週の勤務予定を当週末までに上司に提出することを考えています。

さて、勤務予定で「10時~20時(9時間)で勤務する」と届けていた日に、
1日の有給休暇を取得した場合ですが、行政通達(昭和63年1月1日基発第1号)で
「当該日に標準となる一日の労働時間(当社の場合8時間)労働したものとして
取り扱うこととするものであること」とされていますので、
この場合は、予定の9時間を勤務したことにはならず、
仮に勤務予定がコアタイムのみの4時間勤務であれ、マックスの7時~20時までの12時間であれ、
8時間勤務したものと取り扱うということでよろしいでしょうか。

次に、半休取得ですが、1日の有給休暇取得については通達で「8時間働いたものと取り扱う」ので、
半休については「4時間働いたもの」とすればいいと考えております。
当社では、従来から半休については「8時間勤務の半分働いて休む」という考えで、
午前半休は14時~18時までの4時間勤務、午後半休は9時~13時までの4時間勤務して
休暇を取るという運用をしておりました。
フレックスタイム導入後も、午前半休は14時に出社して午前中4時間勤務したものとする、
午後半休は13時まで勤務して午後から4時間勤務したものとするとしようと思っています。

この場合、先ほどの例の「10時~20時(9時間)で勤務する」と届けていた日に、
半休を取得する場合の考え方ですが、
午前半休の場合、14時に出勤して予定の20時まで勤務すると6時間実勤務+半休の4時間で
10時間勤務したものとする。
午後半休の場合、10時に出勤して13時までの3時間実勤務して半休の4時間で
7時間勤務したものとする。
ということになり、午前半休と午後半休で勤務時間に差が出てしまいますが、
特に問題はないでしょうか。

ご教示のほどよろしくお願いいたします。

  • 人事担当課長Kさん
  • 大阪府
  • 不動産
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2018/08/08 14:12
  • ID:QA-0078327

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/08/09 13:32
  • ID:QA-0078338

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

フレックスタイム制とは、労働者に始業・終業の時刻を委ねる制度ですので、事前に勤務予定を出させたりすることは、フレックスタイム制とはいえなくなりますので、止めるべきでしょう。

半休については、就業規則によりますが、1日の有休は、会社で定めた「標準となる1日」となります。よってその1/2という決め方でよろしいと思います。

  • 投稿日:2018/08/09 15:44
  • 相談者の評価:あまり参考にならなかった

勤務予定は、あくまで社員本人が決めた始業終業時刻を出させるものですが、勤務予定を出させるとフレックスタイム制とは言えなくなる理由がわかりません。補足いただけましたら幸いです。

半休について、午前半休と午後半休で集計上、勤務時間に差が出てしまうことが問題ないかを質問しています。1/2にしていいかをお尋ねしている訳ではありません。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/08/09 17:41
  • ID:QA-0078346

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、フレックスタイム制の場合ですと、事前に勤務表を出されたとしましてもあくまで予定に過ぎず、仮に当日異なる時間帯で出退勤されても制度上は問題ないことになります。

従いまして、行政通達の通り、標準時間である1日8時間で計算された賃金支払をされるのが妥当といえます。

そして半休の件ですが、半休の区切りについては会社が任意に決める事になりますので、その結果ご文面のような時間差が午前午後の半休取得によって生じるとしましても差し支えはございません。そもそも半休自体が本来の年休の取り方(暦日単位)から外れる措置ですし、午前午後のいずれかは労働者自身が選べるわけですから、特に不合理な措置には当たらないものといえます。

  • 投稿日:2018/08/13 11:23
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございます。

予定はあくまで予定なので、有給休暇を1日取得した日は8時間勤務とみなすことで問題なしということですね。
半休についても、午前・午後どちらに取るかによって時間的な損得が生じても、社員自らの選択に委ねられている以上、選択した結果は甘受すべきもので問題ないということですね。

よくわかりました。ありがとうございましした。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
半休の場合の割増無の時間
派遣勤務者は、本社と勤務時間が異なります。半休を取得して残業を行った場合、派遣勤務先の勤務時間が9:00~17:00の7時間勤務、本社は8:30~17:30の8時間勤務、派遣勤務者は午前中半休、13:00~22:00まで勤務すると×1.25が1時間、×1.00が4時間となるのでしょうか?本社勤務者は...
早朝勤務者の短時間労働について
弊社では、事業のために土曜日の早朝4時ごろから勤務させる場合が年に数回あります。この場合、3時間程度の勤務でこの日を労働日とみなしてかまわないものでしょうか。また、いったん帰宅して夕方から深夜までの勤務というケースもありえるのですが、例えば「午前4時―7時まで勤務し、いったん帰宅して午後4時から12...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

コンプレストワークウィーク
「コンプレストワークウィーク」(Compressed workweek)とは、「圧縮された週労働時間」という意味。1週間の所定労働時間は変えずに、1日あたりの就業時間を長くして、その分就業日数を少なくする勤務形態のことです。たとえば週40時間労働で通常は1日8時間×週5日勤務のところを、1日10時...
分断勤務
「分断勤務制度」とは、1日の所定勤務時間を分割して働くことができる勤務形態のことで、「分割勤務」と呼ばれることもあります。これまでの勤務形態は、昼休憩は挟みつつも「連続して8時間」などが通常でしたが、会社外での勤務を認めるリモートワークが広がり、「オフィスで4時間+自宅で4時間」といった柔軟な働き方...
勤務間インターバル規制
「勤務間インターバル規制」とは、時間外労働などを含む1日の最終的な勤務終了時から翌日の始業時までに、一定時間のインターバルを保障することにより従業員の休息時間を確保しようとする制度です。恒常的な長時間勤務や不規則な勤務体系の改善を目指す業界を中心に、ワーク・ライフ・バランス推進の具体策として注目を集...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック 求める人材を確実に採用する視点
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/22
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大前提はノーマライゼーション<br />
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

大前提はノーマライゼーション
障がい者を含め多様な人材が活躍できる環境づくりに取り組む

2018年4月1日に施行された「改正障害者雇用促進法」で、法定雇用率の...


ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアのスキルの細分化、高度化が進み、人事が知りたい「実務力」...