企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14928件   回答数32019

退職日の確定に関して

就業規則上は3ヶ月前までに退職願を提出する規定にはなっております。現実的には、民法の規定もありますので、それより短くても認めています。退職日の確定に関しては規定にはありません。

退職希望者が指定してきた日付を会社側で覆すことは出来るのでしょうか。いろいろ調べたところによると退職日は退職希望者が決定できるのであって、会社側に決定権はないとの認識です。ご助言よろしくお願い致します。

  • 管理業務担当さん
  • 東京都
  • 教育
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2018/05/24 08:21
  • ID:QA-0076739

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/05/24 09:58
  • ID:QA-0076747

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、確認されている通り、職業選択の自由の観点から退職日については退職者自身が決める事柄になります。但し、余り性急に退職日を決められますと会社の業務に支障が生じてしまいますので、民法による一定の制限が設けられているものといえます。

  • 投稿日:2018/05/24 10:45
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。
大変参考になります。

本人が希望した退職希望日を会社側がもっと早い日程にするように指示することは出来ないということでよろしいですか。依頼することは問題ないのでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/05/24 10:42
  • ID:QA-0076751

人事・経営コンサルタント

社員側

基本的に社員の申し出を飲むしかないのが実情です。2週間を切っての退職は拒絶できるといっても、本人がそれを飲まなければ現実には手が打てません。(3ヵ月というのは現実から乖離しているので民法優先となります)
ただし損害賠償請求は可能です。現実に急な退職で発生した被害を会社側が具体的に金額として算出できるのであれば、社員も負担しなければなりません。ただ現実にそこまで会社が証明するのは難しいのではないでしょうか。

  • 投稿日:2018/05/24 10:48
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。

やはり社員側の意向に沿うのがトラブルがない方法ということですね。

3ヶ月前というのは結構非常識的な規定なんでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/05/24 11:01
  • ID:QA-0076755

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

「本人が希望した退職希望日を会社側がもっと早い日程にするように指示することは出来ないということでよろしいですか。依頼することは問題ないのでしょうか。」
― 繰り返しになりますが退職日の決定権は当人にございますので、当然ながら会社から時期を早めさせる等といった指示を行う事も出来ません。どうしても何らかの事情で早く辞めてもらいたい場合ですと、当人に事情を丁寧に説明された上で当人の自由意思による同意を得て変更されることが必要です。

  • 投稿日:2018/05/24 11:18
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2018/05/24 12:41
  • ID:QA-0076760

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

確かに民法の規定はありますが、就業規則にて1~3ヵ月前と規定することは合理性があれば有効であり、そのことが根拠となりえます。

そのためには理由が必要です。例えば、業務引き継ぎ、要員補充等が考えられます。

急に辞められても会社も困ることもありますので、退職時には、業務引き継ぎを完了させることなども規定化しておくことです。

  • 投稿日:2018/05/25 08:01
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
退職日
当社は退職の申し出があった者に対し、退職届(退職願)を提出させています。 この際、退職日を確定するのですが、退職日は当社の営業日としています。 1.これは合法でしょうか。 たまに、退職日は●月末日と申告してくる社員がいます。 2.これは正式な届出としては認めなくてよいでしょうか。何日ときちんと日付...
希望退職募集の場合の退職金
経営がかなり逼迫している状況で、希望退職を募る場合、退職金の上乗せはどれくらいが妥当でしょうか?
定年退職時の退職金
お世話になります。 定年退職時の退職金支給について質問させてください。 退職金規定支給表に自己都合、会社都合がある場合、定年退職の場合は会社都合支給でよろしいのでしょうか? 
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

円満退社
「円満退社」とは、会社に就業していた労働者がその職を退く際、使用者との労働契約を双方の合意のもとに解除することをいいます。本来、そうした労働契約解除の形態を指す言葉ですが、より一般的な解釈としては、これまで勤めてきた職場の上司や同僚などにも納得・理解を得た上で、円滑な職務の引継ぎを経て、わだかまりな...
競業避止義務
「競業避止義務」とは、労働者は所属する企業と競合する会社・組織に就職したり、競合する会社を自ら設立したりするなどの競業行為を行ってはならないという義務のことです。一般に在職中は、労働契約における信義誠実の原則にもとづく付随的義務として競業避止義務を負うとされ、また取締役は会社法365条により、在任中...
就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ジョブ・カード制度 総合サイト
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/12
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...


会社の新しい挑戦を支えるために<br />
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

会社の新しい挑戦を支えるために
人事戦略のよりどころとなる総合的な人材データベースを構築

第一三共株式会社は2025年ビジョン「がんに強みを持つ先進的グルーバル...