企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数11955件   回答数24739

残業時の駐車場代について

マイカー通勤している社員が、残業することにより
駐車場代が増えた場合、会社側は支払いをするべきなのでしょうか?

つまり、1日500円のコインパーキングに毎日駐車していて、
残業がなければ500円ですんだところを、
残業があったため(会社の指示による残業)、500円では不足し、1000円かかった場合、
その差額分を支払う義務があるのかどうか知りたいです。

  • やまっさんさん
  • 岐阜県
  • 教育
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:賃金
  • 投稿日:2017/09/14 17:46
  • ID:QA-0072519

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2017/09/14 18:21
  • ID:QA-0072522

人事・経営コンサルタント

契約

会社側が常に駐車料金を支払う、実費支給などの規定をしているのであれば、社員の請求に沿って払う必要があります。一般的に交通費規定ではそうした日々変動する実費支給というケースはなく、距離に応じたガソリン代などで規定しているので、正当な業務上の残業はその範囲内で収める義務は社員側にあります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/09/14 20:09
  • ID:QA-0072528

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、就業規則(通勤・車両規程等)で駐車場代の支給内容についてどのように定められているかにより変わるものといえます。

例えば、1日500円支給と明示されているか、またはコインパーキングの駐車を認めていないものの従業員が自己都合で勝手に利用しているということであれば、それだけでも構いません。

他方、単に駐車場代を会社が負担するとのみ定めているか、または実費を支給する旨定められているということであれば、会社が指示した残業である以上追加で全額支給されるのが妥当といえます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2017/09/14 20:59
  • ID:QA-0072529

代表者

法定義務ではない

▼ 時間外労働に伴う割増賃金とは異なり、増加駐車場代の支払は法定義務ではありません。それだけで、解決すれば良いのですが、法定外であっても、支払うべきか否か、支払うのが好ましいか否かは、当事者間で考えが異なるでしょう。
▼ 立場が違えば、観点が違い、観点が違えば、同じ半量の水も「半分も入っている」ともなれば、「半分しか入っていない」の議論になり、結論が正逆となるケースが多く見受けられます。
▼ 結局の処、労使いずれの立場を、より強く勘案するかに帰結する事案なので、「法定義務ではない」という事実だけに回答を留め置き、労使間の協議にお任せしたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休日にかかった深夜残業
いつもお世話様です。 さて、質問させてください。 当社は土日はお休みなのですが、たとえば金曜に残業をして、そのまま土曜の深夜2時まで残業した場合、土曜になってしまった2時間分の残業単価は、休日単価として支払わなければいけませんか?それとも、金曜の続きで残業したのだから、平日の残業単価でよいのでしょう...
みなし残業について
いつもお世話になっております。 質問ですが、 当社では 月30時間分のみなし残業代(125%)を支給しております。 みなし残業の30時間の中には、30時間分の残業代、平日深夜、休日、休日深夜の分も全て含む形になっております。 休日や休日深夜の勤務を行わせた場合に、上記みなし残業代以外の支給を行う...
半日勤務時の残業について
みなし残業導入時の残業について質問させてください。 当方では月30時間分の残業代を支給しております。 残業代は、時給×1.25×30時間で算出しております。 半日有給、半日出勤を認めておりますが、その場合の残業の取扱いについて教えてください。 みなしがない職場では、 半日出勤で残業をした場合残業...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 生活型、付合い型、独りよがり型、抱え込み型…etc “タイプ別”残業時間削減のテクニックとその進め方
    残業を削減するには、まずは社員の働き方を検証、見直し、恒常型残業を削減することから始めなければなりません。本記事では、日本能率協会総合研究所の広田 薫氏が「残業削減に向けた基本的な考え方」や「残業の九つのタイプ-その傾向と対策」など、具体的な事例を挙げながら、詳しく解説しています。
  • 「残業手当」100%支給にこだわる求職者
    裁量の範囲が大きいオフィスワーカーや開発職などで、「みなし労働時間制」を導入している企業は多くあります。ところが最近、残業手当の有無や支給状況を気にする人が現れてくるようになりました。勤務時間が長くなりがちなIT業界、特にエンジニアなどにその傾向が目立つといいますが、その理由とは――。
  • 「残業」削減を考えるときに読んでおきたい記事6選
    働き方改革の重要性が叫ばれる現在、従業員の残業時間削減は、多くの企業にとって重要な課題となっています。しかし、残業時間削減の目的や、残業が発生している原因を明確にしないまま施策を実施しても、その効果は一時的なものにとどまってしまい、根本的な解決にはつながりません。人事には、自社の問題をしっかり見極め...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
組織の競争優位性を高める「成長戦略」『日本の人事部』ダイバーシティ&インクルージョン特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/23
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


『日本の人事部』ダイバーシティ&インクルージョン特集

D&I推進に取り組む企業様におすすめなプログラムをご紹介。ぜひ貴社のD&I推進にご活用ください。



『日本の人事部』管理職育成特集

管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

求人に特化した検索エンジンIndeedで自社採用HPへの集客を高め、「自立した採用力」を促す

「企業が自社の「採用力」を高めていくためには、“自立した採用力”こそが...


いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?<br />
~「型」を覚えることが人を成長させる

いま、なぜ「ビジネスマナー」が求められるのか?
~「型」を覚えることが人を成長させる

近年、若い人の言葉遣いや立ち振る舞いに対して、「違和感」を覚えることが...