企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12667件   回答数26359

新人受け入れに伴う適切な席配置について

200名規模の会社で40人ほどの部門の管理職をしております。
私の部門では3つのプロダクトがあり、席もプロダクトごとに分けておりました。しかし来年度の新卒・第二新卒が15人ほど入ってくるため、席配置について悩んでおります。

現在はプロダクトのグループごとに席を配置しています。
プロダクトごとのまとまりはいいのですが、プロダクトを跨いだ技術交流などは少なく、また受け入れる新人が多いことで現状のまま受け入れるとより交流の希薄化が発生すること、またノウハウの蓄積がバラバラになってしまうことを危惧しております。

プロダクトごとの席配置をやめ、スキルごとの席配置にすることで、将来的にリモートワークや新人を受け入れれる状態にすることを考えておりますが、ご意見を頂けないでしょうか?

スキルごとの場合はサーバサイドエンジニア/インフラ、フロントエンドエンジニア/アプリ、ディレクション、デザイナー、管理(CS含む)となっております。

よろしくお願いいたします。

  • 匿名5555さん
  • 東京都
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2016/12/12 11:57
  • ID:QA-0068419

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2016/12/12 23:12
  • ID:QA-0068431

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、プロダクトごとの席配置、スキルごとの席配置いずれにしましても一長一短があるものといえます。どちらが良いという判断については職場事情によっても異なりますので一概に申し上げる事は出来かねます。

重要な事は、職場の業務遂行上各々の配置によるメリット・デメリットを比較考慮された上で、どちらが現状適しているかを見極める事といえるでしょう。

その際、管理者の観点だけでは見えにくい面もございますので、広く社内の各レベルの従業員から意見を聴かれた上で決めるというのもよいでしょう。そうすれば、従業員側での納得感も得られやすく、モチベーションアップも見込めるものと思われます。

但し、配置が上手く行かなければまた変えればよいものと思われますので、あまり神経質になり過ぎない方がよいでしょう。

  • 投稿日:2016/12/13 17:06
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
ほかメンバーとも再度話し合って、ダメなら戻す等で対応して行きたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/12/13 22:24
  • ID:QA-0068447

人事・経営コンサルタント

組織論

機能別、プロダクト別といずれも横か縦か良い点も悪い点もあり、オールマイティな組織というものはありません。ご提示の組織状況からすれば、相当多数の新人受入れということで、組織論よりまず受け入れ態勢は大丈夫でしょうか。

現在の担当者が指導もするとなれば、業務量をどうするのか(通常は減らさなければ指導はできません)、給与体制等含め、ここまで大きな組織変更では経営方針を明確にしておく必要があります。その責任を負うのは事業部長様になります。

まずは役職や年次より、指導能力を鑑み、指導者や福指導者などの選定をしつつ、その人たちの業務量や他の人員との負担の兼ね合いなど見据え、結果として少ない指導者で回すのであれば機能別(スキル別)、多少なりとも人材育成にリソースを割けるのであれば、指導がしやすいプロダクト別も手かと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/12/15 21:46
  • ID:QA-0068474

社会保険労務士法人SRグループ 代表

新人の育成と自由なコミュニケーションの促進に寄与する席配置のポイント

本件ご質問をいただき、どうもありがとうございました。
ご質問を拝読し、本件には 1.新人の育成に寄与する席の配置 と 2.自由なコミュニケーションの促進 の2つのポイントがあると感じましたので、これらのポイントにしたがい、以下のとおりお答えいたします。

ポイント1.について : 先輩・メンター・上司が新人を見守ることができる距離に座る
新人があるグループに入り、彼らの席を決める際には、関係者皆で新人を見守ることができるよう、彼らの近くにメンターなどの相談に乗ってあげられる立場の人が座ることをお勧めいたします。
彼らの隣などの近い席には実際に仕事を教える人が座り、メンター役の人がそのまとまりの中(もしくはすぐそば)に座ると彼らも安心して業務に携わることができると考えます。
なお、上司などの目上の人は、必要以上にプレッシャーを与えないため、彼らの真ん前には座らず、目が届く範囲である程度の距離を置いた席に座る方がよろしいかと存じます。

ポイント2.について : コミュニケーション用フリースペースの確保
人、すなわち各々のメンバーが一番の情報源かつ創造力の源であり、彼らの自由な交流が組織の活力と推進力を生み出すと言えます。
したがいまして、メンバー間が交流する際、グループの垣根を越えて気軽に話ができるようなフリースペースを設けると、自由な交流の促進が可能になると考えます。
 ・もちろん、グループ同士の打ち合わせもできるようなスペースを確保しておきます。
 ・また、あえて椅子を置かず、立って話をするスペースを設けておくと、短時間で
  打ち合わせを行うことになり、効率的なミーティングを行うためのトレーニング
  にもつながると存じます。
このような、ある意味ゆとりのスペースがありますと、新人だけでなくメンバー全員のためにもなりますので、ご配慮いただければ幸いです。

最後に、まとめを付記させていただきます。
まず、座席決めの際の基本原則を作っておいたり、あるまとまったユニットで座るようにしておくと、次回以降の席替えの際に手間が省けると存じます。
この「ユニットで座る」という点に、これまでのグループワークのご経験や培ったノウハウを活かしていただけると存じます。

次に、これまで積み上げたgood practiceやノウハウを活かし、まず既存のメンバーがより働きやすい職場(座席配置)を考え、その上で新人を迎えるにふさわしいレイアウトについて模索されるとよいと存じます。

結局のところ、まず既存のメンバーのことを考慮に入れ、次に新人のためにどんなことができるか考えられた方が、これまで積み上げたものを活かしつつ、より効果的に新人を迎えることができると考えます。

以上、回答させていただきますので、ご参考になれば幸いです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
障害者雇用について
聾唖者の方を雇用する場合、手話の出来る人を配置することは義務付けられているのでしょうか。
席替えについて
弊社の事業所のひとつですが、以前に人員の縮小を行ったために 配置してある机に従業員が点在して座っています。 10月より新しく入社がありますので、 丁度良い機会と、点在している人員を1箇所にまとめるよう 席替えを行おうとしたところ、 一人の従業員から激しい抵抗に遭いました。 現在、その者は壁を背に...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
人事ソリューション導入を検討されている企業様向け「注目のセミナー特集」

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:04/01~04/26
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


19卒採用支援ソリューション特集

本特集では、今からでもご活用いただける、19卒新卒採用に役立つソリューションをご紹介します。
貴社の19卒採用にぜひご活用ください。



注目のセミナー特集

今期、新たな人事ソリューション導入を検討されている企業様向けに、『日本の人事部』が厳選したセミナーをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

【グローバルタレントマネジメントフォーラム2018】成長する企業の人財活用力 ―可能性を引き出すタレント基盤―

今や企業の成長を左右する源泉は人財活用力であり、人財を一つの企業資産と...


「短時間JOB」は組織に何をもたらすのか? iction! の取り組みから見えた兆しに迫る

「短時間JOB」は組織に何をもたらすのか? iction! の取り組みから見えた兆しに迫る

リクルートグループは2015年より、働く子育てを支援する「iction...


企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

さまざまな事業領域でAI(人工知能)が活用されています。そのため、ます...