企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】リモートワーク リモートワーク

「リモートワーク」とは、在籍する会社のオフィスに出社せず、自宅やレンタルオフィスなど、会社から離れた(リモート)場所で業務を遂行する勤務形態。ほぼ同義のテレワークやいわゆる在宅勤務を、こう呼び替えるケースが増えています。場所や時間の制約にとらわれず、よりフレキシブルな働き方を実践できるワークスタイルが注目を集め、育児や介護と仕事の両立を支援するなどの目的で、企業が積極的に導入を進める動きも広がっています。
(2016/1/29掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リモートワークのケーススタディ

出社しない働き方へのシフトが進行中
育児や介護など理由がなくても選択可能に

多様化する働き方の一つとして、「リモートワーク」への注目度が高まっています。拡充が進むインターネットインフラを駆使することで、時間や場所に関係なく、いつでもどこでもパフォーマンスを発揮し、よりフレキシブルなワークスタイルが実践できるからです。職務領域によって、すでに導入している先進企業も少なくありません。

IBMは、日本において、最も早くからリモートワークを取り入れている企業の代表格です。2009年には、従来週二日までだった在宅勤務を週四日以上認める、大幅な制度変更を実施。これにより、「出勤は月1回だけ」という思い切った勤務形態も可能になりました。時代の流れを先取り、それまでは社内の業務プロセスの補助的な位置付けに過ぎなかったリモートワークをいち早く強化しています。

今年1月から、すべての従業員を対象に、リモートワークを本格導入したことで注目を集めているのがリクルートホールディングス。リモートワークは育児や介護の両立支援策として導入されるケースが多いようですが、同社の制度は、そうした特別な事情を持つ社員だけでなく、全従業員が選択できるのが大きな特徴です。雇用形態にかかわらず、会社間の同意と本人の希望があった場合には派遣社員も利用できます。自宅はもちろん、カフェやコワーキングスペース、時間貸しオフィスなど、社外の任意の場所での勤務を選択でき、上限日数も設けられていません。働き方の選択肢を広げ、従業員がそれぞれに合ったスタイルで力を発揮できるようにするのが目的だといいます。

リモートワークの実施にあたっては、モバイルPCや携帯電話など、セキュリティー対策が施されたツールを会社から支給。「リモートワーク規定」で定めたルールに則って実施し、個人の評価は従来通り、成果にもとづいて行われます。同社のほか、一部グループ会社も対象とし、1月時点で2000人以上が新制度を利用する見込みです。

一方で、今後、リモートワークの普及拡大が進めば、時間と場所の制約から解放されたスタッフ間の“距離”が、物心両面で広がっていくことは避けられません。組織の結束やビジョン、ミッションの浸透をどう図るか、業務の確実な進捗やアウトプットの質をどう担保するかなど課題も浮上しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

モバイルワーク
「モバイルワーク」とは、決められたオフィスで勤務する働き方ではなく、時間や場所に縛られず、ICT(情報通信技術)を活用して柔軟に働く「テレワーク」の一形態です。具体的には移動中に携帯電話やメールを使って商談を進めたり、取引先からモバイル端末で社内のデータにアクセスしたり、テレビ電話で会議に参加したり...
ABW
「ABW」とは、「Activity Based Working」の略で、仕事内容に合わせて、時間や場所を自由に選択できる働き方のことをいいます。オランダの保険会社から生まれたこの考え方は、グーグルやアクセンチュアなどをはじめとする多くの企業で取り入れられ、広く知られるようになりました。近年では、AB...
在宅勤務
事業主と雇用関係にある労働者が、情報通信ネットワークなどを活用して、労働時間の全部または一部について、自宅や自宅近くの小規模オフィスで仕事に従事する勤務形態のことを言います。

関連する記事

テレワーク導入時、67.5%の企業が「社内コミュニケーションやマネジメントへの支障」を懸念していたが、実際に「大きな問題になった」のは1.0%
テレワーク・リモートワークの導入にあたって、人事担当者はどのような懸念をどの程度、感じていたのだろうか。「強く懸念していた」と「やや懸念していた」を足した割合が多かったのは、「社内コミュニケーションやマネジメントへの支障」(67.5%)、「時間に対してルーズさ...
2018/08/06掲載人事白書 調査レポート
在宅勤務制度に関する実態アンケート(労務行政研究所)  実施企業は36.4%。未実施でも検討・予定している企業が61.5%に達する。  運用上の効果は「育児による離職リスク軽減」が54.9%で最多
政府が推進する「働き方改革」において、「テレワーク」は「場所」や「時間」にとらわれない柔軟な働き方として重要施策に位置づけられている。中でも企業で導入機運が高まっているのが「在宅勤務制度」。各社の導入状況や導入効果など、人事担当者を対象とした実態調査から分析す...
2017/10/10掲載人事・労務実態調査
人事マネジメント「解体新書」第97回 仕事と介護の「両立支援」を考える 手遅れになる前に、企業はどんな対策を講じておくべきなのか(前編)
企業の中核を担う40代、50代を中心に、介護を理由とした離職が増えている。介護は「いつ始まり、いつまで続くのか」が分からない。手遅れになる前に、企業としての基本方針を示し、何らかの対策を講じておくことが、組織経営(人事マネジメント)の観点からも極めて重要だ。「...
2016/09/01掲載人事マネジメント解体新書

関連するキーワード

管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


採用の進化を担う リクルートのRPO<br />
経営戦略に貢献する採用活動を実現

採用の進化を担う リクルートのRPO
経営戦略に貢献する採用活動を実現

リクルートキャリアでは、2011年から新しい価値――「採用の最適化」を...


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...