人事のQ&A

相談数11283件   回答数23382

業務終了後に会社敷地内で受傷した場合の対応について

労災保険給付及び労災保険の業務上災害と通勤災害の災害発生場所についての区別について質問させて頂きます。

当社の社員が所定労働時間を終了し、タイムカード打刻後、会社の敷地内において、工事会社の設置した鉄板につまずき受傷して足を骨折しました。
また、所定労働時間終了の5分後に会社の敷地内で発生していますが、これは業務上災害として申請するか
通勤災害として申請するかどちらになりますでしょうか(私見では敷地内であるため、通勤経路には未だ至っていないため、業務災害ではないかと考えています)。
また、事故の原因となった鉄板を設置した会社からも傷病・休業補償する旨の申し出がでております。

これらの状況を勘案すると、第3者行為によるものとして手続きするのが妥当な線になるのでしょうか?

初歩的な質問で恐縮ですが、実務処理の流れについてご教示頂きたく存じます。よろしくお願いいたします。

  • 投稿日:2016/12/06 10:40
  • ID:QA-0068374

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2016/12/06 11:13
  • ID:QA-0068375

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、ご認識の通り業務終了後であっても会社の敷地内にいる間に発生した事故については業務災害として通常取り扱われることになります。

従いまして、事故原因が鉄板設置会社の不手際のようですので、第三者行為による業務災害として労災申請することが可能になります。但し、この度は先方が任意の傷害保険に加入している模様ですので、そうであればまず先方と相談しそちらの保険適用を優先されるのが妥当といえるでしょう。

  • 投稿日:2016/12/06 12:04
  • 相談者の評価:参考になった

早々のご対応ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2016/12/06 12:11
  • ID:QA-0068377

代表者

「業務上災害」としての取扱いが妥当

具体的な区分事例は、条件が錯綜していますので、災害の取扱いも、業務、通勤と分れていますが、基本的には、就業後であっても、会社敷地内であれば、事業主の支配管理下にあると解され、「業務上災害」として取扱われるのが妥当だと考えられます。

  • 投稿日:2016/12/06 13:02
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
労災保険料について
以下、教えていただけますでしょうか。 業務上災害が発生した場合には、基本的には労災保険料が上がると思いますが、通勤災害については、発生したとしても一切労災保険料には影響を与えないという認識でよいのでしょうか。 以上、よろしくお願いいたします。
業務上災害と通勤災害の災害発生場所についての区別
労災保険給付及び労災保険の業務上災害と通勤災害の災害発生場所についての区別について質問させて頂きます。 従業員が退職日の所定労働時間を終了し、タイムカード打刻後、会社の自転車置場から自転車を会社の玄関に移動させ、自転車に荷物等を積み、帰宅しようとした瞬間に転倒し足を骨折しました。 退職日における災害...
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
グローバル人材育成特集
会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。会員ができること
クラウド人材管理ツール『カオナビ』 詳しくはこちら
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:02/01~02/26
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


従業員のヘルスケア特集

本特集では、従業員の心と身体の健康管理に役立つ多彩なプログラムをご紹介。これを機に、自社のヘルスケアの取り組みについて見直してみませんか。



グローバル人材育成特集

本特集では、「グローバル人材」の育成に向けヒントとなるインタビュー記事やセミナー・サービスをピックアップ。 貴社のグローバル化推進にお役立てください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。