無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

労災保険料について

以下、教えていただけますでしょうか。

業務上災害が発生した場合には、基本的には労災保険料が上がると思いますが、通勤災害については、発生したとしても一切労災保険料には影響を与えないという認識でよいのでしょうか。

以上、よろしくお願いいたします。

投稿日:2009/12/16 14:12 ID:QA-0018621

*****さん
東京都/商社(専門)

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答1
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

冨田 正幸
冨田 正幸
冨田社会保険労務士事務所 東京都社会保険労務士会 所長

Re

労災保険のメリット制のことだと思うのですが、この制度は、過去3年間の労災保険の収支率(納付済保険料額に対する支給済保険給付額の割合)に応じて、その3年間の最終年度の翌々年度の労災保険率±40%の範囲で増減する仕組みですが、これは業務災害についてのみ適用され、交通事故などの通勤災害を使ってもアップすることはありません。

ご参考にしていただければと思います

投稿日:2009/12/16 15:38 ID:QA-0018628

相談者より

大変よくわかりました。
回答ありがとうございました。

投稿日:2009/12/16 17:51 ID:QA-0037282大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
関連する資料
労災対応マニュアル~労災の基礎知識から保険申請手続きまで~

厚生労働省が毎年発表している労働災害発生状況によると、労働災害による死亡者数は2017年から減少傾向にあったものの、2021年は増加しており、休業4日以上の死傷者数は1998年以降で最多となりました。
本資料では、コロナ禍で増加傾向にある労災について解説します。