無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】メリットセイ メリット制

「メリット制」とは、一定要件を満たす事業場の労災保険料率を、その事業場で発生した労働災害の多寡に応じて±40%の範囲内で増減させる制度のことです。労災保険率は、事業の種類ごとに過去3年間の災害発生率等を考慮して定められますが、同一の業種でも個々の作業環境や事業主による災害防止努力などの違いによって災害発生率に差が生じるため、保険料負担の公平性を確保するとともに災害防止努力を促進する観点から同制度が設けられています。これにより、災害の発生率が高い事業場ほど保険料負担が重くなり、逆に低い事業場は軽減されます。
(2012/5/14掲載)

メリット制のケーススタディ

災害発生率が低いほど労災保険料が下がる
法改正で2012年度から適用対象拡大も

メリット制は「一定の規模以上の事業」に適用される制度であり、「一定の規模以上の事業」とは以下の要件のいずれかを満たしている事業を指します。要件の(3)については、2012年4月1日施行の厚生労働省の改正省令によって緩和され、同制度の適用範囲が拡大されていますので、留意してください。

(1) 連続する3年度中の各保険年度において、常時100人以上の労働者を使用している場合

(2) 連続する3年度中の各保険年度において、常時20人以上100人未満の労働者を使用しており、その使用労働者数に、事業の種類ごとに定められている労災保険率から非業務災害率(通勤災害や二次健康診断等の給付に充てる分の保険料率)を減じた率を乗じて算出した数が0.4以上である場合

(3) 建設業と林業では、従来、一括有期事業(年間の中小規模の工事をひとまとめに扱うもの)については、連続する3年度中の各保険年度において年間の確定保険料の額が合計100万円以上である場合に、単独有期事業(大規模な工事)については、当該工事の確定保険料額が100万円以上であるか、または請負金額が1億2000万円以上である場合にメリット制が適用されました。2012年の改正により、有期・単独とも適用要件となる確定保険料の額が従来の「100万円以上」から「40万円以上」に緩和され、適用対象となる事業場が増えることになります。

ただし一括有期事業にかぎっては、連続する3年度中の各保険年度の確定保険料額が合計100万円以上なら、保険料率を上げ下げするメリット増減率は従来通り最大で「±40%」が適用されますが、3保険年度中のいずれかの保険年度の確定保険料額が40万円以上100万円未満の場合は、適用される増減率は最大で「±30%」に変更されています。

メリット制が適用された事業場の保険料率が実際にどれくらい増減されるかは、メリット収支率によって判定されます。メリット収支率とは、一定期間において支払った保険料の額に対し、業務災害に関わる保険給付等の額の割合がどれくらいであったかという比率をもとに厚労省が算出するもので、すなわちその事業場における災害発生の多寡を示す尺度となります。収支率が75%以下である場合は保険料率が割引され、その値が小さいほど割引率が大きくなります(最大40%の割引)。一方、収支率が85%を超える場合は、その値が大きいほど保険料率は大きく増加します(最大40%割増)。収支率が75%を超えて85%以下である場合は、労災保険料率に増減はありません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「メリット制」に関する記事

「メリット制」に関する人事のQ&A

健康保険の被扶養者認定について

いつも拝見させていただいております。
本日は標記についてお伺いさせていただきます。

従業員(正社員)から、妻を扶養に入れたいと連絡がありました。
これまで社会保険に加入していた会社に、時間を減らして...

人事三郎さん
神奈川県/ 保安・警備・清掃(従業員数 501~1000人)
2021/01/07 17:35 ID:QA-0099668 労務・法務・安全衛生 解決済み回答数 2 件

海外駐在員事務所の現地採用従業員の社会保険加入について

お世話になっております。

海外駐在員事務所(現法ではなく)の現地採用従業員(現地国籍)は、日本の社会保険に加入する必要はございますでしょうか?

組合からは、日本法人との雇用関係があり、日本法人から...

※※※※※※さん
愛知県/ その他業種(従業員数 501~1000人)
2020/12/25 17:36 ID:QA-0099480 労務・法務・安全衛生 回答終了回答数 2 件

「メリット制」に関する書式・テンプレート

防災組織図

緊急時の体制を示しておく防災組織図の例です。BCPを策定する際のサンプルとしてご利用ください。

ダウンロード