企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】メリットセイ メリット制

「メリット制」とは、一定要件を満たす事業場の労災保険料率を、その事業場で発生した労働災害の多寡に応じて±40%の範囲内で増減させる制度のことです。労災保険率は、事業の種類ごとに過去3年間の災害発生率等を考慮して定められますが、同一の業種でも個々の作業環境や事業主による災害防止努力などの違いによって災害発生率に差が生じるため、保険料負担の公平性を確保するとともに災害防止努力を促進する観点から同制度が設けられています。これにより、災害の発生率が高い事業場ほど保険料負担が重くなり、逆に低い事業場は軽減されます。
(2012/5/14掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メリット制のケーススタディ

災害発生率が低いほど労災保険料が下がる
法改正で2012年度から適用対象拡大も

メリット制は「一定の規模以上の事業」に適用される制度であり、「一定の規模以上の事業」とは以下の要件のいずれかを満たしている事業を指します。要件の(3)については、2012年4月1日施行の厚生労働省の改正省令によって緩和され、同制度の適用範囲が拡大されていますので、留意してください。

(1) 連続する3年度中の各保険年度において、常時100人以上の労働者を使用している場合

(2) 連続する3年度中の各保険年度において、常時20人以上100人未満の労働者を使用しており、その使用労働者数に、事業の種類ごとに定められている労災保険率から非業務災害率(通勤災害や二次健康診断等の給付に充てる分の保険料率)を減じた率を乗じて算出した数が0.4以上である場合

(3) 建設業と林業では、従来、一括有期事業(年間の中小規模の工事をひとまとめに扱うもの)については、連続する3年度中の各保険年度において年間の確定保険料の額が合計100万円以上である場合に、単独有期事業(大規模な工事)については、当該工事の確定保険料額が100万円以上であるか、または請負金額が1億2000万円以上である場合にメリット制が適用されました。2012年の改正により、有期・単独とも適用要件となる確定保険料の額が従来の「100万円以上」から「40万円以上」に緩和され、適用対象となる事業場が増えることになります。

ただし一括有期事業にかぎっては、連続する3年度中の各保険年度の確定保険料額が合計100万円以上なら、保険料率を上げ下げするメリット増減率は従来通り最大で「±40%」が適用されますが、3保険年度中のいずれかの保険年度の確定保険料額が40万円以上100万円未満の場合は、適用される増減率は最大で「±30%」に変更されています。

メリット制が適用された事業場の保険料率が実際にどれくらい増減されるかは、メリット収支率によって判定されます。メリット収支率とは、一定期間において支払った保険料の額に対し、業務災害に関わる保険給付等の額の割合がどれくらいであったかという比率をもとに厚労省が算出するもので、すなわちその事業場における災害発生の多寡を示す尺度となります。収支率が75%以下である場合は保険料率が割引され、その値が小さいほど割引率が大きくなります(最大40%の割引)。一方、収支率が85%を超える場合は、その値が大きいほど保険料率は大きく増加します(最大40%割増)。収支率が75%を超えて85%以下である場合は、労災保険料率に増減はありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

労働保険
「労働保険」とは、「労災保険(労働者災害補償保険)」と「雇用保険」を総称した保険制度のこと。保険給付は別個に行いますが、保険料の徴収などは労働保険として原則、一体のものとして取り扱います。また、労働保険は農林水産業や建設業など一部の事業を除き、労働者を一人でも雇用していれば適用事業となります。そのた...
産前産後休業保険料免除制度
「産前産後休業保険料免除制度」とは、産前産後休業(産休)期間中の健康保険料、厚生年金など社会保険料について、次世代育成支援の観点から、その支払いを免除する制度のことです。保険料の免除は事業主からの申出により、折半している被保険者本人負担分と事業主負担分の双方が対象になります。免除された保険料は支払っ...
労働保険
労働者災害補償保険(労災保険)と雇用保険の2つの保険をまとめた総称。前者は業務中や通勤途上の災害によるケガや病気に対する補償を、後者は失業した場合の給付などを行う制度です。

関連する記事

人材派遣の「現状」
進化・拡大の勢いは止まらず――。数字から読み解く人材派遣市場の動向
2016/10/31掲載よくわかる講座
通勤・業務における自動車管理の最新実態 ――マイカー通勤の許可条件、社有車に関する取り扱い
公共交通機関が完備されていない地方の事業所や交替制勤務を行っている企業では、マイカー通勤に依存しているケースが少なくありません。そこで、『労政時報』ではマイカー通勤や業務上使用、社有車管理等の実態に関して「通勤と業務における自動車使用等の実態調査」を実施し、そ...
2007/12/10掲載人事・労務実態調査
社員の「兼業」「副業」について「制度を設けて認めている」企業は約2割。そのうち「自社にメリットがあったかどうかはわからない」のは約6割
従業員の「兼業」「副業」を認めているかどうかを聞いたところ、「制度を設けて認めている」(19.1%)、「制度は設けていないが黙認している」(9.9%)、「今後制度を設けて認める予定である」(9.7%)という結果となった。企業にとって、従業員の「兼業」「副業」を...
2018/08/09掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

登記の事業目的について
事業目的ですが、今後の事業拡張のために現在の事業内容だけでなく、見込まれるものも入れておきたいのですが、どのような文言がよいのでしょうか?文例のようなものがあれば教えてください。(できるだけ多くの事業内容を盛り込みたい)
適用事業所
当社では、本社以外に10営業所があります。 いずれも5人ほどの規模です。 現在、本社のみ雇用・労災保険の適用事業所として届出しています。 本社以外は、いずれも5人ほどですが、すべての事業所を届出するものなのでしょうか。 また、36協定等もすべての事業所で届出なければいかないのでしょうか。
事業者とは?(2)
労働安全衛生法は、労働基準法から分離独立したものですので、基準法の使用者と同じように、事業者についても、事業主又は事業の経営担当者その他その事業の労働者に関する事項(安全衛生)について、事業主のために行為するもので、権限が与えられている者と定義して、事業者とは、事業場の長となる?事業者が事業主の時は...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

期間限定キャンペーン LINE採用コネクト

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「2010.4 改正労働基準法」施行を前に、<br />
人事担当者が考えておくべき「人事管理システム」とは?

「2010.4 改正労働基準法」施行を前に、
人事担当者が考えておくべき「人事管理システム」とは?

来る2010年(平成22年)4月1日、いよいよ「労働基準法の一部を改正...