企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15178件   回答数32696

元役員の競合企業への転職

元役員が退職することになりましたが、競合企業への転職の噂があります。
当社では、社員が退職するときに、秘密保持と退職後2年間は競合へ就職しない旨の誓約書をかわすことになっています。

この場合、役員であればこの誓約書は有効だと思いますが、元役員が競合に転職したときに、訴訟をおこして勝訴することは可能でしょうか。
ちなみに、元役員は数年間役員でしたが、1年前に役員に選任されず、給与面では年収ベースで約25%程度減給されています。

合わせて、総務のマネージャーのような機密事項を知りえる立場にある人が競合に転職したときはどうでしょうか?
この場合は、そのマネージャーには特に給与面でのプラスαはありません。

宜しくお願い致します。

  • 投稿日:2014/06/27 15:36
  • ID:QA-0059394
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/06/27 16:06
  • ID:QA-0059396

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、裁判の結果につきましては個別の詳細事情によって大きく左右されますので、勝訴の可否に関して確答は出来かねる件ご了承下さい。

その上で申し上げますと、仮に誓約書を取っているとしましても職業選択の自由の重要性から考えますと、単に競合企業へ転職されたというだけで勝訴というのは困難と考えられます。さらに、当事案の場合ですと、転職制限を課していながら報酬まで減じているといった事もございますので、この点も訴訟では不利な条件の一つになるものといえるでしょう。

勝訴を得る可能性を高める為には、元役員が顧客引き抜きや機密情報の漏洩といった悪質な行為を行っている事、そしてそうした行為によって実際に御社に相応の損害が発生している事が求められます。総務マネージャーにつきましても同様といえます。

  • 投稿日:2014/06/30 19:54
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
ちなみに、顧客引き抜きというのは、単純に当社に在籍していた時の顧客に営業に行った、競合会社の商品を販売したという事でも該当するのでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/06/27 21:55
  • ID:QA-0059397

代表者

《 交わすことになっている 》 だけでは、 会社に有利性はない

退職後の競業避止義務に関する係争では、 会社側が負けるケースが目立ちます。 勝訴の場合でも、「 就業規則や誓約書による競業禁止の定めの有無 」 が、 大きな要素になっています。 ご説明では、 「 社員退職時に、 秘密保持と退職後2年間は競合へ就職しない旨の誓約書を 《 交わすことになっている 》 」 というのは、 「 社員退職時までは交わしていない 」 というように受取れます。 そうなら、 「 競業禁止の定めがある 」 とは云えない状態です。 問題の人は、 元役員であったとしても、 現在は、 一従業員に過ぎない訳ですから、 他の社員と同様、 退職時まで、 誓約書を交わす義務はないことになります。 そもそも、 《 交わすことになっている 》 のは、どのように定められているのでしょうか。 単なる慣行では、 就業規則の定めや、 雇用時の誓約書のような効力はなく、 会社に有利性は、著しく欠落していると思います。

  • 投稿日:2014/06/30 19:49
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
退職時に競業禁止と守秘義務の誓約書をとっているのですが、実際、就業規則には守秘義務の誓約書を提出することとしか記載されていないので、片手落ち状態でした。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/06/28 00:46
  • ID:QA-0059399

人事・経営コンサルタント

可能性

掲示板程度の情報誌しかない中で裁判の行方を占うことは、限りなく不可能と思いますが、憲法は最上位の法律なので、具体的に損害が発生しないと、なかなか難しいのではないでしょうか。どうやってその損害を証明するかというハードルもあります。

  • 投稿日:2014/06/30 19:56
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
損害の証明というところがキーポイントですね。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2014/06/30 22:17
  • ID:QA-0059408

オフィス代表

再度お答えいたします

こちらこそご返事頂き有難うございます。

「ちなみに、顧客引き抜きというのは、単純に当社に在籍していた時の顧客に営業に行った、競合会社の商品を販売したという事でも該当するのでしょうか?」
― 特に明確な定義等はございませんし、営業等の詳しい状況にもよります。但し、「引き抜き」ですから営業や販売だけで御社顧客として継続しているなら該当しないでしょう。また引き抜きではなくとも、顧客情報をそのまま使用して営業等を行ったとなれば、御社の利益を損なったものとして問題になる可能性が生じます。
 いずれにしましても、前回申し上げました通り、争った場合の結果見通しまでこちらで確答は出来かねますので、より詳しい説明をお求めでしたら、労働問題に精通した弁護士に直接ご相談される事が必要といえます。

  • 投稿日:2014/07/01 08:40
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
確かに、競合が特定のユーザーや業界を攻めるために、そのユーザーを顧客化している営業マンを引き抜くということもあるので、余程のことがない限りは難しいのでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
役員の降格
役員を社員に降格させた場合について質問です。 降格により役員が社員に戻る場合、役員就任前の社員としてのキャリアは継続せず 新たに中途で社員を採用したのと同じような扱いになるのでしょうか?な お、役員就任期間は6年です。 また、役員の退職慰労金を支払った場合は、退職金控除を受けることできるのでしょう...
役員の傷病手当金について
役員には「役員報酬」が定められており、毎月支払われているのですが、この度、1ケ月ばかり入院することになり、傷病手当金で処理しようかと思っております。その際、役員報酬は一月分ストップしなくてはいけないかと思いますが、議事録ではどのようにしておけばよろしいでしょうか?その他にしておくべきことがありました...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 後向きな理由から始まる、前向きな転職理由
    人材紹介を行うにあたって欠かせないのが、転職を希望する人たちとキャリアアドバイザーとの直接面談だ。そこで最初に確認するのが、転職後のミスマッチを防ぐための最重要ポイントとなる「転職理由」である。そして、ほとんどの転職が最初は「ネガティブな理由」から出発しているのだ。
  • 社風や仕事内容は、本当に合っている? 時期尚早な転職先の決断が、後悔へとつながった求職者のケース
    転職を成功させる上で重要なのが、転職先の社風や仕事内容と自分との相性をじっくり見極めることでしょう。しかし、実際に転職活動を行っていると、早い決断を迫られることがあります。企業側が採用を急いでいる場合や、求職者側が経済的な事情で早く働きたいと焦っている場合などです。特に後者の場合は、本当は自分に合っ...
  • 年度末における転職模様
    在職者は、いつでも好きな時に転職できる訳ではない。特に責任あるポジションを任されている場合などは、「転職するので辞めます」と途中で仕事を投げ出すわけにいかないことも多い。そんな転職希望者にとって、「年度末」は仕事の区切りがつけやすく、ある意味で転職の絶好機と言える。しかし、年度末に自分にあう求人が見...
あわせて読みたいキーワード
給与公開制
従業員に支払われる給与は、一般的に各社の給与テーブルによって決められます。しかし、どの程度評価をされればどれだけ給与がもらえるのか、従業員に給与テーブルをはっきりと示していない企業は多いでしょう。一方で近年は、給与テーブルの完全オープン化を試みる企業が現れ始めています。給与額を公開する狙いは、不公平...
ジョブホッピング
「ジョブホッピング」(job-hopping)とは、労働者が好待遇やスキルの向上を求めて、あるいは職場の人間関係や業務分担への不満などから、比較的短い期間に転職を繰り返すことを言います。また、ジョブホッピングを行う人は「ジョブホッパー」と呼ばれています。世界的に見ると、よりよい条件を求めて転職を重ね...
ストック・オプション(自社株購入権)
Stock Option。自分が働く企業の株を一定期間内に、あらかじめ決められた価格で購入できる権利のことです。1920年代に米国で導入されたのが始まりですが、1997年の商法改正で日本企業への適用が全面解禁されました。業績に貢献した役員や従業員に対する報酬として活用する企業が増えています。
定番のQ&Aをチェック
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

女性活躍推進法が改正!▼詳細はクリック▼ Z会×最新テクノロジーのTOEIC対策
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:02/01~02/16
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...