企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

人事制度の構築の進め方

中国にある現地法人、約従業員100人のメーカーの人事制度を日本で考えようと思っています。
現状は従業員規定ぐらいしかなく、契約期間の途中で従業員が賃上げを要求してきます。評価はヤマ感でしていました。
評価者が変わることが多く、これでは公平な人事評価制度は作成することができません。経営者側と従業員側にも納得できるような評価制度を作りたいと思います。

評価に関しては従業員がなにを貢献できるか、それに対しての成果を記述方式でして、評価者が変わっても公平に評価できるようにしたいと思います。

評価制度を構築したあとにはどういう人事項目を構築していけば、いいでしょうか。たとえば、評価→賃金→ローテーションといった感じです。

投稿日:2014/05/04 16:42 ID:QA-0058767

*****さん
大阪府/ 

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件につきまして、特に決まった形式等はございませんが、重要な事柄は現場の実情に合った評価制度を構築される事、そして出来上がった評価制度における評価基準に沿った明確で分かりやすい項目を作成される事といえるでしょう。

特に、海外での人事制度の構築を日本で行うとなりますと、一見立派な人事制度に見えてもとかく実情とかけ離れた内容になりがちですし、導入後うまく機能しないという事も多々起こります。まして、現場での業務内容や人員等の詳細事情を知りえない当方で具体案を示す等の回答は出来かねる件ご了承下さい。

従いまして、まずは現地法人側で現場に即した制度案を検討してもらうのが望ましいでしょう。中国の人事法制は存じ上げませんが、基本的には現地法人が責任を持って自社の制度構築をされるべきという事に変わりはないはずです。その上で、両社間で相談し現場事情について確認しながらより良い制度構築を目指されるべきといえます。あとは、中国事情に詳しいコンサルタントを国内外で探されて直接ご相談されるのもよいでしょう。

投稿日:2014/05/04 22:36 ID:QA-0058769

相談者より

なんか当たり前の事を回答なされています。現地でできれば苦労しません。回答に関してはその人特有の切り口があると思います。それは他の人からどう思われてもいいと思います。回答なされなかった方が良かったのではないかという感じです。つまり、その人の考え方を知りたかったのです。自信なけれが回答しないことです。

投稿日:2014/05/07 19:33 ID:QA-0058805あまり参考にならなかった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

人事制度について

人事制度に魔法の杖はなく、十社十色ですので、会社にあった制度を
構築していくことが大切です。
それには、何のために今回構築するのか、目的を絞ることです。
評価制度については、賃金、賞与など何に、いつのタイミングで反映していくのか。
既存の「従業員規定」や賃金規程を作成し、整合性をとる必要があります。
そのうえで、従業員に説明・周知したり、評価者への教育が必要です。

投稿日:2014/05/05 12:51 ID:QA-0058774

相談者より

大体のことは理解できました。もう少し具体性があってもいいと思います。

投稿日:2014/05/08 15:04 ID:QA-0058815参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

評価と賃金

評価制度は賃金(職位)と連動するのが普通で、そうでなければ社員が能動的に動く要因ができません。ゆえに評価制度の後ではなく、並行して、両者は同時に設定が必要でしょう。ローテーションは配置の問題ですので、業務業種により要不要が判断されますが、一方で社員の水準を挙げるのは教育です。教育プログラムにどの程度注力するか、評価ポイント同様にヤマ勘ではない、絶対的な成果設定ができるものを考える必要があります。完全に絶対的評価は出来ませんが、「がんばり」のような情緒的なものではなく、売上げや利益等、客観的成果での評価が出来る基準を御社なりに設定する必要があります。

投稿日:2014/05/06 08:51 ID:QA-0058778

相談者より

客観的な評価があるべき姿ですね。評価と賃金が連動するのは、ちゃんとした評価ができてからでしょうね。

投稿日:2014/05/11 13:25 ID:QA-0058845参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

回答します

ご質問内容を拝読すると、一からの人事制度構築のようですね。

通常、人事制度を新規構築するにあたっては、以下の手順で検討していきます。

①人事方針策定・・・経営戦略・ビジョンの人事方針への落とし込み
  ↓
役割等級制度・・・社員の役割遂行責任に応じた格付け
  ↓
③評価制度・・・社員格付(役割等級)に応じた社員の評価の仕組み
  ↓
④賃金制度・・・会社業績・評価に応じた賃金配分の仕組み
  ↓
⑤昇降格異動・採用・教育制度
・・・評価後の社員の異動・調達・育成で組織力・社員力向上の仕組み


人事制度の目的で重要なことは、
「会社業績向上と組織・社員の成長を促進すること」です。
その目的を軸に、人的資源の有効活用の施策・仕組みの構築を、
経営層・社内キーマンと人事が密接に連携して進めていくことが慣用です。

また、運用フェーズになると③の評価制度が人事制度のエンジンとなり、
非常に重要ですので、十分な検討が必要です。
まず、評価制度を検討されるとのことですが、
全体俯瞰の視点で①⇒⑤のグランドデザインを策定することから
開始することをお勧めします。

差しあたって以上ですが、もし気になることなどありましたら、
別途問い合わせいただければ幸いです。

投稿日:2014/05/07 13:11 ID:QA-0058801

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

ご返信の件について‥

ご返信下さいまして有難うございます。

考え方は色々ございますでしょうが、文面を拝見しましての正直な所感を申し上げた次第です。特にこのような回答の仕方が不適切とは思いませんでしたが、評価は人それぞれですし、ご納得頂けなかった点に関しましては失礼いたしました。

投稿日:2014/05/07 22:30 ID:QA-0058806

相談者より

今さらいっても仕様がないと思いますが。

投稿日:2014/05/26 17:53 ID:QA-0058978あまり参考にならなかった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
人事評価制度 二次評価者について
人事評価制度で二次評価者が存在します。そもそも「二次評価者の目的と役割」は何でしょうか。そして、二次評価者の取り組み方として何が重要なんでしょうか。皆様お忙しいと存じますが、理解を深めたいと思いますので、詳細に教えて頂けますでしょうか(長文でも大丈夫です)。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
絶対評価と相対評価の活用例
人事評価には絶対評価と相対評価の二種類があると言われますが、それぞれの活用先(賞与評価、昇給評価、昇格評価)とその理由につきまして、一般論で結構ですので、ご指導願います。
考課と評価の違い
お世話になります。 基本的な質問でお恥ずかしいのですが、考課と評価の違いについてご教授願います。 評価制度を作るにあたって、区別がつきません。 よろしくお願い致します。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
水平的評価
上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数...
360度評価
パフォーマンスの高い組織をつくるスキームには、さまざまなものがあります。中でも、社員のモチベーションを高め、個々の人材が持つ能力を最大限に引き出す評価制度の設計は、人事担当者の腕の見せ所といってよいでしょう。従来採用されてきた上司から部下への一方向の評価体制の欠点を補う手法として、いま浸透しつつある...
多面評価制度
人事評価の制度をより高めるために、上司だけでなく部下や同僚、顧客など複数の方位から評価を行う制度です。上司から部下への一方的な視点に立つのではなく、あらゆる方向からの評価であるため「360度評価」とも言われます。すでに一般の企業の1割以上で導入されており、今後もさらに広がりそうです。
定番のQ&Aをチェック
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:09/01~09/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第2回)

ベンチャーのIT企業に入社し、4月から社会人3年目に突入したB氏。仕事...