企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14354件   回答数30503

高年齢雇用継続給付

いつもお世話になっております。
弊社には、高年齢雇用継続基本給付金を受給している従業員がおります。
この従業員が11月末日で退職するのですが、最後の申請で11月分と12月半月分の高年齢雇用継続基本給付金を申請できますでしょうか?
弊社の給与は15日締切 当月25日払いです。
なので、12月分は11/16~11/30までの半月分をこの従業員に支払います。
この場合、さきに資格喪失届を提出すると、高年齢雇用継続基本給付金がもらえなくなるのでしょうか?
しかし、12月の給与がでるまで待つと、資格喪失の届出が10日以上になってしまうので、離職票ができるまで、かなり時間がかかってしまいます。
こういった場合の手続きをご教示いただけないでしょうか。
宜しくお願いいたします。

  • **りんさん
  • 兵庫県
  • 建設・設備・プラント
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2013/11/25 18:21
  • ID:QA-0056982

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2013/11/25 23:58
  • ID:QA-0056986

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

高年齢雇用継続基本給付金ですが、雇用保険法第61条におきまして、支給対象月につき「その月の初日から末日まで引き続いて、被保険者」である事が要件とされています。11月末日で退職ですと、支給対象月となるのは当然に11月までとなります。

従いまして、文面の場合ですと賃金締め日や資格喪失届出をされる日に関わらず、11月分は申請(受給)可能・12月分は申請(受給)不可です。

  • 投稿日:2013/11/27 13:54
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
引っかかっていた部分が解消されて、助かりました。
次回もご教示の程お願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2013/11/26 09:11
  • ID:QA-0056987

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

支給要件のひとつとして、支給月の初日から末日まで在籍することがあります。

あくまで支給日を基準に考えますので、12月支給分については、その月に在籍していませんので、高年齢雇用継続給付は支給対象外となります。

途中退職の場合には、奇数月、偶数月は関係ありませんので、資格喪失を行えば、すぐに
申請が可能です。

  • 投稿日:2013/11/27 13:55
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
支給日を基準ということで、納得できました。
次回もご教示の程お願い致します。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
転籍者の高年齢雇用継続給付金
高年齢雇用継続給付金を去年から受給し始めた者が、今年4月にグループ会社へ転籍します。弊社では当人の雇用保険資格喪失処理を行うのですが、転籍先で引続き高年齢雇用継続給付金を受給し続けることは出来るのでしょうか?
高年齢雇用継続給付について
高年齢雇用継続給付について伺います。 この度、弊社元社員のの方から「高年齢雇用継続給付」について質問がありました。 既に退職された方なのですが、在職中に「高年齢雇用継続給付」の支給対象だったのではないか・・・との事でした。 調べてみると確かに対象となる方でした。 ただ、入社をした時点(当時61歳)...
高年齢雇用継続給付の申請期限について
お世話になります。 高年齢雇用継続給付の申請期限を誤って認識していたことにより、申請期限(11月末)を過ぎてしまいました。 この場合、会社側のミスですが、給付を受けることは難しいでしょうか。 なにか救済措置がありましたらご教示ください。 よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • “うっかり5年超え”に注意が必要! 無期転換ルールに対応した「定年退職日」と「再雇用終了日」の定め方
    就業規則等で定年および定年後の再雇用制度について定める場合には、労働基準法、高年齢者等の雇用の安定等に関する法律のほか、労働契約法および本年4月から施行される「専門的知識等を有する有期雇用労働者等に関する特別措置法」に留意する必要があります。本稿では、これらの法令と定年および定年後の再雇用制度の関連...
  • 高年齢者雇用の最新実態--改正高齢法への対応と継続雇用制度の実態を調査
    団塊世代の大量退職が始まる2007年を目前にして、「改正高年齢者雇用安定法」が2006年4月から施行されました。改正法は、定年後65歳までの安定した雇用確保を企業に義務付けています。2006年5月から6月にかけて『労政時報』が行った「改正高齢法への対応と高年齢者処遇の実態調査」から、各企業の改正法へ...
  • 「改正高年齢者雇用安定法」への企業の対応と今後の意向
    民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、本年4月から施行される改正高年齢者雇用安定法(以下、改正高齢法)に対する企業の対応を探るため緊急WEBアンケートを実施。本記事では、その中から「定年後継続雇用制度の現状」「改正高年齢者雇用安定法への対応」「現状の定年後再雇用制度の内容と見直し予定...

あわせて読みたいキーワード

高年齢雇用継続給付
「高年齢雇用継続給付」とは、定年後も企業に雇用されて働き続ける65歳未満の人が、60歳到達時点に比べ賃金が75%未満に低下した場合に雇用保険から支給される給付金であり、「高年齢雇用継続基本給付金」と「高年齢再就職給付金」の2種類に分かれます。前者は、60歳以降も継続して同一企業に雇用されている60歳...
65歳定年制
「65歳定年制」とは、企業が定年年齢を65歳と定め、当該年齢に達したことを理由に従業員との雇用関係を自動的に終了させる制度のことです。2013年4月に施行される改正高年齢者雇用安定法により、雇用主には、2025年度までに希望する従業員全員の雇用を65歳まで確保するよう「定年退職制度の廃止」「定年年...
改正高年齢者雇用安定法
65歳まで働き続ける環境整備を企業に義務づける法律。高年齢者の安定的な雇用確保のため、65歳までの雇用確保措置の導入が事業主の義務となった(2006年4月施行)ほか、雇用者の再雇用促進などを図る措置(2004年12月施行)も盛り込まれています。

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
新卒採用向けの「採用管理システム」を比較する4つのポイントを解説! 特長や料金も一覧で検討できます

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

しごとコンパス
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:07/01~07/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


新卒採用向け「採用管理システム」導入のポイント~競争力を持った採用活動の実現に向けて~

新卒採用向けの「採用管理システム」。導入する際に押さえておくべきポイントと選び方のヒントを解説


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...


河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

河合塾マナビスが実践 ~ 自立して考え、行動できる社員を育てる仕組みとは?

大学への現役合格を目指す高校生に、映像による授業を提供している、株式会...