企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

嘱託社員の給与について

いつも勉強させていただいております。

社員が60歳になるためその後は嘱託社員として雇用する予定でおります。
現在年収700万円ですが嘱託雇用する場合の給与決定について悩んでおります。
一般的には現役時代と比べてどのぐらいダウンさせているのでしょうか。
職務内容及び責任の範囲は現行と同様と考えております。

参考になるデータ等ありましたらご紹介いただけないでしょうか。
なにとぞ宜しくお願いいたします。

投稿日:2011/10/25 18:13 ID:QA-0046674

*****さん
東京都/その他業種

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

大雑把には 6~7割、有効なキーワードでネット検索を

再雇用後の賃金は、職務内容及び責任・権限以外に、高年齢雇用継続給付や、在職老齢年金なども絡んできますので、決定プロセスが複雑になることがありますが、ご相談のように、職務内容及び責任が変わらないとすれば、60歳直前に比べ、大雑把に言って、6~7割といったところだと思います。2~4つの関連単語を組み合わせ、ネット検索で、チェックされるのが早道でしょう。 《 再雇用 》、《 賃金 》、《 相場 》 も有効なキーワードの組み合わの一例だと思います。

投稿日:2011/10/25 21:25 ID:QA-0046677

相談者より

ありがとうございます。
サイトも調べてみます。

投稿日:2011/10/26 14:44 ID:QA-0046687大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御相談の件ですが、職務内容や責任に加え勤務時間等も含めた労働条件が全く変わらないということであれば、給与を引き下げる明確な根拠がございませんので、現状維持が基本線になるものといえます。

しかしながら、嘱託社員という事からも恐らくは勤務日数や時間が一定減ることになるのではと思われます。現に定年後の再雇用ではそのような形で労働条件を変更するのが一般的な対応といえますし、当人も敢えてフルタイムの勤務を望まないケースが多いはずです。詳しいデータ迄は存じ上げませんが、そうであればそうした勤務負担の減少に沿う形で減給されるのが納得性の高い決め方といえるでしょう。但し、在職老齢年金及び高年齢雇用継続給付等との兼ね合いもございますので、自社で設定が困難のようでしたら詳細につきお近くの社会保険労務士等の専門家に御相談されることをお勧めいたします。

投稿日:2011/10/25 22:38 ID:QA-0046678

相談者より

ありがとうございます。
参考にいたします。

投稿日:2011/10/26 14:45 ID:QA-0046688大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
人事・経営コンサルタント

職務職能の分析を

>職務内容及び責任の範囲は現行と同様   
とございますが、全く完全に同じでしょうか?部下の管理や決済といった、さまざまな職務職能の観点から、これは全く同等としか言いようがないという結論でしたら、減給はすべきでないと考えます。一般的には管理業務を外したり、少なくとも管理者ではない職務に就けるといった対応は必要なのではないかと思います。現役時の6割程度の給与とする例が多いのはこうした役割変更があるからです。こうしたバランスでお考えいただくのがよいかと存じます。

投稿日:2011/10/25 23:16 ID:QA-0046679

相談者より

ありがとうございます。
職務との兼ね合いも考えて決定いたします。

投稿日:2011/10/26 14:43 ID:QA-0046686大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

お答えします。

「職務内容及び責任の範囲は現行と同様」なのであれば、給与も現状維持という考え方も、有り得ます。 一方、そのような場合でも、雇用形態や職階が異なる、「嘱託」など名称が変わる、といったことを理由に、下げている例も多くあります。 最も多いのは、役割や時間の変更をした上で、ダウンさせるというパターンです。
下げる場合は、5~7割にするのが相場ではないかと思います。

投稿日:2011/10/26 09:17 ID:QA-0046680

プロフェッショナルからの回答

この回答者の情報は非公開になりました
 

嘱託の賃金

千差万別ですが、5-7割が多いのではないでしょうか。しかし、信託銀行のように2割程度という極端な例もありますから、中高年賃金体系の問題として専門家を交えて検討してみることが必要ではないでしょうか。そうすれば、嘱託社員のモチベーションも維持できると考えます。

投稿日:2011/10/26 11:13 ID:QA-0046681

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
嘱託社員の時間外管理
当社では、60歳以上の継続雇用制度を利用する社員は、嘱託社員として月額で給与を設定しています。 嘱託社員の契約書には時間外の割増賃金の記載をしていませんが、労働基準法上問題はございますか?
契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
社員さんがパート社員になりたいと申し出がありました。
現在正社員として雇用されている社員さんから、パート社員に変更してほしいとの申し出がありました。どのような手順を踏めばよいのか、ご指導お願いいたします。 社員は社会保険・雇用保険・厚生年金がかかっております。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
    人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
  • 3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)
    「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や若手社員の早期離職は、大きな社会問題だ。企業としては当然対策を講じるべきだが、若手社員の実情を把握しないまま策定した一方的なものでは、本人たちになかなか受け入れられないだろう。
  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...
あわせて読みたいキーワード
プロパー社員
プロパー社員とは、「正しい、本来の」などの意味をもつ英語“proper”から転じた和製英語まじりの言いまわしで、いわゆる「生え抜き」の社員や正社員のことを指す、日本の企業社会特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは文脈や職場によって異なります。
給与公開制
従業員に支払われる給与は、一般的に各社の給与テーブルによって決められます。しかし、どの程度評価をされればどれだけ給与がもらえるのか、従業員に給与テーブルをはっきりと示していない企業は多いでしょう。一方で近年は、給与テーブルの完全オープン化を試みる企業が現れ始めています。給与額を公開する狙いは、不公平...
家族手当
配偶者や子供のいる社員に対して、基本給とは別に支給される手当です。会社によって金額に違いがありますが、配偶者に1万円程度、子供(1人)には5000円程度が支給されるケースが多いようです。欧米の企業では給与は基本給が主体で、家族手当にあたるものは見当たりません。日本独特のシステムと言えそうです。
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/10
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


変わる、就職・採用!大量に集めて大量に落とすモデルの限界

変わる、就職・採用!大量に集めて大量に落とすモデルの限界

「厳選企業と優秀学生をつなぐスカウト型のエージェントサービス」IROO...