企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15723件   回答数34159

イントラHPへの社員情報掲示と個人情報の関係について

当社では研修制度が確立していなかったため、今回研修制度を策定しました。
そこで、まず社員の現有スキルを社員と上長で測定して、測定結果をイントラHPに掲載しようと思っております。
上長の部下のスキル測定のバラツキをなくすことが目的なのですが、その案をだしたところ管理職から個人情報を勝手に出していいのか?とせめられてしまいました。
測定データは
各職能でどの程度のスキルが望ましいかの一覧表がありそれに沿って各人のスキルを数字化するようなものです。(最低0~最高5、仮にロジカルシンキングであれば主任であれば2必要など記載している一覧表があり各人が1~5で測定する)

このようなデータをイントラページに公表することはよくないことなのでしょうか?
個人情報保護法等に抵触しなければ、公表を実施したいと思います(別に利用目的の開示と同意が必要なのでしょうか?)

  • fantaさん
  • 東京都
  • 情報処理・ソフトウェア
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:育成・研修
  • 投稿日:2011/02/10 10:48
  • ID:QA-0042453
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/02/10 11:20
  • ID:QA-0042454

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

御相談の件ですが、社員個人別のスキル評価等につきましては当人に固有の情報ですので、個人情報に該当し保護すべき内容に当たるものといえるでしょう。

文面の目的(評価調整)であれば評価担当者のみバラツキ度合いを把握出来ればよいはずですし、個人別のデータをイントラHPに公表する必要性も無いものといえます。従いまして、敢えて公表する場合にはご認識の通り利用目的の開示と社員当人の同意が必要というのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2011/02/10 13:31
  • 相談者の評価:参考になった

ご回答有難うございます。

評価担当者のみのレベル調整の方法が難しかった(うまく浸透できるかわからなかった)ため公表を考えた次第ですが、ちょっと安直だったかもしれません。

評価者(現状では課長以上)が無能なので、まずそこから教育をしていく必要性を全社が感じていますがその階層の総入れ替えを早急に実施できるわけではないので、バラツキ対策は他の方法を検討したいと思います。

同意書の件は了解しました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/02/10 12:30
  • ID:QA-0042456

この回答者の情報は非公開になりました

イントラHPへの社員情報掲示

外資系コンサルタント会社で、人事情報システムの構築をサポートしていた経験があります。
既存のシステムをイントラで見えるようにしていましたが、その場合、階層に応じて見えるようになっていました。人事考課の参考にするのにもメリットがあります。その場合の注意事項ですが、実名など個人を特定化する属性を示さないことです。実際には配属部署などで特定が可能でも、実名や個人情報と評価情報がセットで出てくるのは好ましいとは言えないです。

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/02/10 12:53
  • ID:QA-0042457

代表者

保護法には当然抵触、狙いも不明

※..個人情報保護法との関連では、当然、差し控えるべきです。その前に、個人のスキル情報を、言い方に問題があるかも知れませんが、ある意味で、社内ネットで晒して、何の効果を期待されているのか理解に苦しみます。

  • 投稿日:2011/02/10 13:22
  • 相談者の評価:あまり参考にならなかった

今回のスキル情報に関しては、社内の評価制度を連動してない(今後連動する予定)のため、公表しても問題ないだろうと思っておりました。
逆にあえて公表することで、他の人と比較をさせ自覚を持たせるということも公表を検討した一つの要因です。
逆に言えば、公表できない何かが無い限り公表して問題ないだろ?という考え方です。
晒されて困る社員なら、スキルアップ自分で図ればよいだけですよね?

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2011/02/11 00:06
  • ID:QA-0042472

人事・経営コンサルタント

評価方法

公表につきましては小職も個人情報保護のため、避けるべきと考えます。また今回問題的されました、評価者の能力が不十分であることが知れ渡った場合、御社そのものへの疑念等、内部統制上悪影響が出ることを危惧いたします。

基本的に能力を100%公正に測る手段は通常は無いものと考えます。ゆえに評価者の能力は非常に大きな問題ではありますが、有能な管理者が公正に行なった場合ですら、評価に対してはネガティブな反応があるものです。完全な公正が無い以上は、公表はお控えいただくのが無難と言えます。

役員会、幹部会等で、結果を検分する程度ではいかがなのでしょうか。

  • 投稿日:2011/02/14 10:33
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご指摘有難うございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
情報保護管理について
ご教示下さい。 個人情報について、各種セミナーなどに参加した際に配布されるセミナー資料に個人が特定される情報の記載がある場合、個人情報としての管理が必要となりますでしょうか? また購入している書籍などに記載の個人が特定される情報についても同様に個人情報としての管理が必要となりますでしょうか? 初...
契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
社員紹介制度の報奨金
他の方の質問にありましたが、そもそもどうして報奨金を社員に支払うことが違法なのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
ポータブルスキル
「ポータブルスキル」とは、直訳すると「持ち運び可能なスキル」という意味で、業種・職種の垣根を越えて、どんな仕事や職場でも活用できる汎用性の高いスキルのことです。ポータブルスキルは2種類に分かれ、ひとつは英語や簿記技術のように専門的知識を求められ、その知識レベルが資格制度などによって客観的に証明され...
研修内製化
近年では研修を外部に委託せず、自社で内製化する企業が増えています。研修内製化することで、どのような効果が期待できるのでしょうか。また、どのように研修を内製化すればよいのでしょうか。研修スタイルの変遷を追いながら、今、求められる研修のあり方を考えます。
プロパー社員
プロパー社員とは、「正しい、本来の」などの意味をもつ英語“proper”から転じた和製英語まじりの言いまわしで、いわゆる「生え抜き」の社員や正社員のことを指す、日本の企業社会特有の表現です。「プロパー」と略して使われることが多く、その意味するところは文脈や職場によって異なります。
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

従業員の自律的なキャリア開発を支援する POSITIVEが選ばれる理由
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:05/01~05/31
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...