企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

平均に上げる教育について

いつもお世話になります。

先日、社内において基本的なことができていない社員が多いので、
基本的なことができる(平均に上げる)教育を考えて欲しいと言われました。

「平均に上げる教育」を実施するにあたり、面談で本人に対して
「できていないこと、必要であること」を気づかせる
(自覚させる、認識させる)ことから始めようと考えております。

またその対象者を集めて平均に上げたいテ-マに関しての教育を
実施したいと考えておりますが、このような方法で進めても
問題はないのでしょうか。

よろしくお願いします。

投稿日:2011/01/27 16:14 ID:QA-0042202

****さん
大阪府/機械

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

社員教育の方法は様々ですが、賃金や労働時間といった法定の労働条件とは異なり、どのような方法で行うのも個々の会社の自由です。それ故、ご質問の意味が法的に問題が有るか否かということですと、特に問題はございません。(※但し、例えば一律に女性のみを対象者から外す等、能力に関係なく差別的に実施することは勿論認められません。)

そうした問題ではなく、基本的な事が出来ない対象者を集めて平均に上げたいテ-マに関しての教育を実施することの効果をお尋ねでしたら、教育の具体的内容や手法にもよりますので一概には申し上げられません。こちらで私共で申し上げられる事は、基本の出来ていない社員を放置しておくことは業務に直接支障を与える為避けなければならない事、及びそうした教育研修を行う為には、ご指摘の通りまず問題意識を当人達に持たせることが不可欠である事、そして研修が形骸化しないようあくまで実務に沿った内容で個々のニーズを踏まえた上で行う事といったところです。

投稿日:2011/01/27 19:20 ID:QA-0042206

相談者より

ご回答ありがとうございます。
実務に沿って個々のニ-ズを勘案しながら進めていきたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日:2011/01/28 16:49 ID:QA-0042234大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

テーマ設定

小職は研修を職として取り組んでおりますので、「できていないこと、必要であること」「基本的なことができる(平均に上げる)」というご趣旨は理解できます。
しかし「基本的なことが出来ていない」社員の方々に、そのような提示で理解が可能でしょうか。

これは今の若い人の共通の問題で、「知っていて当然」というこれまでの常識が極めて乏しくなっています。また「教わって当然」という意識が蔓延しており、具体的なテーマ設定をしておきませんと、かなり研修企画の策定はご苦労されるのではないかと考えます。

「基本的なことが出来ていない」という意見を述べている管理者の方々が、まずは率先して、問題点の具体化を行い、その上で対象者に課題を設定いしていくという流れが現実的ではないかと考えます。

投稿日:2011/01/27 23:24 ID:QA-0042211

相談者より

ご回答ありがとうございます。
テ-マを設定し対象者に課題を設定するようなことも踏まえて考えていきたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日:2011/01/28 16:52 ID:QA-0042235大変参考になった

回答が参考になった 1

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
新人教育担当者(OJT)の教育
はじめまして。 4月からの新人教育担当者の教育についてお聞きしたいと思います。 弊社は、ようやく社内教育を始めた小さな会社です。 まだ、定期的には多少の新人研修しか行えていません。 3年目ですが、新人だけを教育しても現場に行くと挨拶などもなくなってしまいます。 新人教育担当者への教育について何か...
平均年齢
平均年齢29歳というのは、低いのか高いのか判断する基準値などありますでしょうか。ちなみに弊社はフードビジネスです。
社員教育研修費の年間平均額はどれくらい
日本における従業員一人当りの年間社員教育研修費は会社規模にもよると思いますがどれ位か教えて下さい。また、関連サイトがあれば合わせてお願いします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
ROI
「ROI」とは、return on investment(リターン・オン・インベストメント)の略で、「投資利益率」「投資収益率」などと訳されます。投下した資本に対して得られる利益の割合を示し、企業の収益性や事業における投下資本の運用効率を評価する際に用いられる基本的な指標です。基本的な式は〈ROI...
STEM教育
「STEM教育」のSTEMは「Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Mathematics(数学)」の頭文字を取った造語であり、これら理工系の知識を統合的に学ぶ教育をいいます。米国において戦略的に科学技術人材を育成しようと始まったもので、オバマ元大統領...
コープ教育
「コープ教育」とは英語のCooperative Educationを和訳した用語で、産学連携による実践的なキャリア教育の方法論を意味します。趣旨はインターンシップと共通しますが、インターンシップが企業など学生を受け入れる側のイニシアチブで実施されるのに対し、コープ教育では大学などの教育機関が産業界・...
定番のQ&Aをチェック
離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:07/01~07/14
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ウィズコロナ時代の働き方改革<br />
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

ウィズコロナ時代の働き方改革
デジタルシフトで変わる!店舗が実施した非対面の人材開発、職場コミュニケーションとは

新型コロナウイルスの感染拡大は、店舗事業者に甚大な影響をもたらした。さ...


ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアのスキルの細分化、高度化が進み、人事が知りたい「実務力」...