無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

賞与支給について

入社後、試用期間賞与算定期間外であることが
労働条件通知書や就業規則に明記されていないにも関わらず、支給対象外とすることは違法なのでしょうか。

入社時に提示した労働条件通知書ならびに条件が記載されている書類には
年2回の支給時期と、入社時期によって金額が異なる、という文言のみ明記されています。

賞与に関する記載に対象外とする旨記載していない場合は
支払うよう請求された場合払わなければならないのでしょうか。

ご教示いただけますと幸いです。

投稿日:2022/09/14 13:40 ID:QA-0119033

くもがくれさん
千葉県/食品

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

賞与の決定・計算方法が、賃金規程でどのように記載されているかにもよります。

貢献度等により計算するなどとあれば、試用期間は除外しても入社時期によって金額が異なる
との記載もありますので、不合理とまではいえないでしょう。

ただし、試用期間の期間にもよりますが、
例えば、初めの賞与は支給がないことが明確であれば、※但し、初年度〇月分は支給なしなどと
雇用契約書に記載しておいた方が、トラブルのリスクは回避できるでしょう。

投稿日:2022/09/14 15:37 ID:QA-0119042

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

試用期間と賞与支給

▼労働条件通知書や就業規則は、私文書ですから、違法ではありません。
▼賞与が、対象期間の利益の分配であり、入社時期を支給額の決定要素とすることは、慣行として不当なものではありません。
▼特に不支給と明記がない限り、合理的な調整は必要ですが、支給対象とすべきでしょう。

投稿日:2022/09/14 16:27 ID:QA-0119046

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
株式会社RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

本来なら算定期間である在職にも関わらず、試用期間であるがゆえに算定に含めずという判断はあり得ますが、かなり不合理ともいえます。このような社員に不利な取り扱いほどしっかり事前に知らしめておかなければ、ただモチベーションダウンが起こるだけで、誰もハッピーにはなれません。

ただちに違法とは言えないでしょうが、人事的には入社時に徹底しておき、指摘して一筆取るくらいに期待をつぶしておくか、そもそも合理性に乏しい扱いなのでやめるか、決めておくべきでしょう。

投稿日:2022/09/14 17:22 ID:QA-0119049

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、試用期間であっても御社で雇用され勤務されている事に変わりはございません。

従いまして、賞与の件に限らず、原則としまして正採用となった期間と同じ取り扱いをされる必要がございます。勿論当人からの請求有無に関わらず、対象外の定めが無い限り賞与算定期間に含めて計算の上賞与を支給される事が求められます。

投稿日:2022/09/14 19:09 ID:QA-0119053

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

試用期間中といえども、雇用契約を結んだ時点で御社従業員としての身分を取得しているわけですから、ことさら試用期間を対象外とする合理的な理由は見当たりません。

賞与規定等に対象外とする旨の定めがない限り、試用期間であろうと賞与の算定期間として計算対象に含むのが自然です。

投稿日:2022/09/15 09:15 ID:QA-0119063

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
関連する資料
入社処理って実はもっとラクにできた!

入退社の作業は毎月多くの工数がかかる作業です。さらにコロナ禍では入社時の従業員と労務担当者のやり取りが煩雑になりがち。そんな大変な作業、実はもっとラクに正確に終わらせることができます。

雇用契約書とは? 記載の必須事項、作成方法について

雇用契約を締結する場合、労働条件の詳細を明記した書面を交付することが
法律で義務付けられています。規定項目があり、漏れなく伝えなければなりません。

本記事では、雇用契約書とは何か、雇用契約時に雇用主が伝えるべき必須項目を
記載した労働条件通知書の作成方法を解説します。