無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

正社員の育児休業復帰後のパート扱いについて

いつもお世話になっております。

この度、社内で正社員の育児休業復帰後、
選択制で【正社員として復帰】もしくは【パートとして復帰】という制度の導入を検討しております。
【パートとして復帰】の場合には、育児が落ち着いたタイミングで正社員へ復帰の措置を取る予定です。
目的は、社員の柔軟が働き方をして、キャリアアップを目指すためです。

その際に、懸念されることとして何が考えられるでしょうか?
社会保険上や労基法の観点からメリット、デメリットを教えていただければ幸いです。


私が考える点として、以下の点が考えられます。
●正社員⇒パートの場合、一時的とはいえ雇用形態が変わるので、退職金を支給する必要があるのか?
仮に必要が無かった場合、パート雇用契約書に「正社員復帰前のパート期間中に、退職になった場合は、正社員退職時点での退職規定に基づき退職金を支給するものとする。」という一文を追加して、正社員復帰が前提の雇用形態転換の場合には退職金を払わないという選択はできるのでしょうか?

他にも、あると思います。
何卒よろしくお願いいたします。

投稿日:2021/10/15 15:34 ID:QA-0108709

めひかりさん
福島県/銀行業

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答5
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

「育児が落ち着いたタイミングで正社員へ復帰の措置を取る予定」ということであれば、

育児短時間制度ということになります。
これは、育児のため一時的に短時間勤務になるということで、身分は正社員です。
社会保険等でも育児月変、養育特例など様々なメリットがあります。

一方、パートに身分変更ということであれば、雇用契約を変更するということになります。

育児短時間制度であれば、退職金は退職するときに支払えばよろしいでしょう。

パートに身分変更した場合には、パートに退職金が無いケースもあり、退職金の規定によります。

投稿日:2021/10/15 17:29 ID:QA-0108714

相談者より

ご回答ありがとうございます。
今後の参考にいたします。

投稿日:2021/11/01 12:10 ID:QA-0109230大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、正社員の場合ですと、ご認識の通りパート社員としまして職場復帰されるとしましても殆どの場合は一時的なものと考えられます。

つまり、文面に示された退職金の件も含めまして、パート社員としての処遇の適用となりますと当人の不利益が大きくなりますし、敢えてそのような制度を新設されるメリットは乏しいものといえるでしょう。

従いまして、パート社員ではなく短時間勤務正社員として制度化されるならば、育児休業からの復職も安心して出来ますので検討される事をお勧めいたします。

投稿日:2021/10/15 20:57 ID:QA-0108723

相談者より

早々のご回答ありがとうございます。
以下、追加ですが、質問がございます。

従いまして、パート社員ではなく短時間勤務正社員として制度化されるならば、育児休業からの復職も安心して出来ますので検討される事をお勧めいたします。

⇒実は、すでに「短時間勤務制度」は導入しております。今回の選択制の導入目的は「正社員の職責を鑑みて、パート制も選択肢に入れる」という観点からでした。
職責に関しては、単純な業務量が増えるのかというと、人によって増減はありますが、正社員でいるという責任が負担になると考えています。

その職責負担軽減の点を考慮しても、今回の選択制の導入は、取得者本人に、それを上回るメリットは見られないと思いますでしょうか?
先生のご意見をお聞かせ頂けましたら幸いです。

投稿日:2021/10/18 10:50 ID:QA-0108762大変参考になった

回答が参考になった 0

人事会員からの回答

オフィスみらいさん
大阪府/その他業種

育児休業は、職場復帰を前提とした制度ではありますが、ただし、復帰後は正社員で働こうが、パート社員で働働こうが、基本的には本人の自由です。

本人が望み、会社が了承すればどんな働き方であっても構いません。

社会保険に関しても、パート社員を選択した場合、働く時間によってはいわゆる「4分の3ルール」から外れる可能性もありますが、本人が了承すれば何も問題はありません。

退職金をどういう形で支給するかは、退職金規程の定め如何によります。

支給条件・支給基準・支給対象者をどのように定めるかはすべて企業の自由ですから、「正社員復帰前のパート契約期間中に退職した場合は、正社員退職時点での退職規定に基づき退職金を支給する。」といった旨の規定があればそのまま運用すればよく、「正社員復帰が前提の雇用形態転換の場合には、その時点での退職金は支給しない」とするのも、定めがあれば別段問題はありません。

この機会に就業規則等を整備されたらいいでしょう。

投稿日:2021/10/17 08:38 ID:QA-0108739

相談者より

ご回答ありがとうございます。
今後の参考にいたします。

投稿日:2021/11/01 12:10 ID:QA-0109231大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

>目的は、社員の柔軟が働き方をして、キャリアアップ
であれば、パートとして復帰時にわざわざ雇用契約変更をせず、身分は正社員のまま、本人が完全パート化を希望するまで待てば良いのではないでしょうか。退職金も支払うことなく育児短時間制度で対応可能でしょう。

投稿日:2021/10/18 10:17 ID:QA-0108753

相談者より

ご回答ありがとうございます。
今後の参考にいたします。

投稿日:2021/11/01 12:10 ID:QA-0109232大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

再度お答えいたします

こちらこそご返事下さいまして有難うございます。

「その職責負担軽減の点を考慮しても、今回の選択制の導入は、取得者本人に、それを上回るメリットは見られないと思いますでしょうか?」
― 当人がパート社員としての処遇に甘んじても職責負担を減らす方が良いという希望でしたら、当人に取りましては当然ながらメリットがあるものといえます。
但し、そういった方はさほど多くはいらっしゃらないと思われますので、そうであれば正社員のまま短時間勤務も出来る制度で十分に対応可能といえるでしょう。
勿論、あくまで私見ですし、導入は絶対に避けるべきといった事でもございませんので、その点は職場事情を踏まえられた上で御社自身で判断されるべきといえます。

投稿日:2021/10/18 17:29 ID:QA-0108785

相談者より

ご回答ありがとうございました。
参考にさせていただきたいと思います。

投稿日:2021/10/19 12:57 ID:QA-0108822大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
退職理由説明書

退職合意済みの社員に、どのような理由で退職に至ったかを記入してもらう書類です。ヒアリングは慎重に行いましょう。

ダウンロード
退職証明書

従業員が退職したことを証明する「退職証明書」のサンプルです。ダウンロードして自由に編集することができます。

ダウンロード
退職手続きリスト

従業員の退職では社会保険や退職金の手続き、返却・回収するものなど、数多くの業務が発生します。ここでは必要な退職手続きを表にまとめました。ご活用ください。

ダウンロード
関連する資料

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード