企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14737件   回答数31435

家族手当

いつも参考にさせていただいております。
さて、 家族手当の支給に関して、社員が扶養する配偶者または子(18歳未満)がいる場合に支給しておりますが、「扶養している家族」とは原則健康保険法上の被扶養者が一般的なのでしょうか?
また、家族手当に関する注意事項等がありましたら、アドバイスのほどお願いいたします。

  • *****さん
  • 東京都
  • 商社(専門)
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:その他
  • 投稿日:2007/11/10 23:15
  • ID:QA-0010401

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2007/11/11 01:03
  • ID:QA-0010402

オフィス代表

お答えいたします

いつもご利用頂き有難うございます。

家族手当の支給対象要件となる「家族」につきましては、会社で任意のその範囲を決めることが出来ます。

一般的には、「扶養している家族」とは「健康保険法上の被扶養者」または「税法上の扶養控除対象者」のいずれかを指すといえるでしょう。

いずれにしましても、殆どの会社では対象家族を配偶者または子に限定していますので、扶養の定義が現実に問題となる事は余り無い為、「扶養」の定義をしていない会社も多く見られるようです。

但し、両法の対象となる範囲には微妙な違いがありますので、出来ればどちらを指すか就業規則に明記しておいた方がよいでしょう。(※配偶者控除との関係で、税法上の扶養家族とする方が多いかもしれません。)

また、手当支給につきましては同居条件を付けたり、或いは配偶者の場合ですと所得税法上の控除対象者に限定したり、子の場合ですと18歳未満で区切る等、より対象範囲を狭めることで余分な手当支給を抑える定めが多いといえます。

いずれにしましても、家族手当は必須の手当ではございませんので、御社で家族支援に関するポリシーを決められた上で、規定の整備をされることが重要です。

  • 投稿日:2007/11/11 01:03
  • 相談者の評価:大変参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2007/11/11 17:57
  • ID:QA-0010403

ソフィアコンサルティング株式会社 コンサルティング本部 代表取締役社長

支給上の注意事項

ご相談を拝見し、ご連絡差し上げます。

家族手当支給実務における最大のポイントは、扶養の設定・解除の手続きを正確に行うことです。
特に、配偶者・子女の就職やアルバイト収入の発生等のため、実質的な不正受給が発生してしまうケースが多く見られます。
この点は、もちろん扶養控除申告書等によって会社側でも管理すべきですが、原則的な責任は社員本人に委ねるよう、就業規則に規定しておくのが妥当です。

「家族手当」とは、労働法上は時間外労働手当の算定方法に関する省令の中に出てきます。
その実質的な定義は行政通達の中で行われていますが、名称に関わらず扶養家族数に連動して支給される給与と規定されています。
したがって、注意事項としては、家族手当導入前に住宅手当を支給している場合、その住宅手当が扶養家族数に連動しているために残業基礎給に算入されていないようなケースでは、家族手当支給後は算入の必要が出てくると思われますので、留意する必要があります。

ご参考まで。

  • 投稿日:2007/11/11 17:57
  • 相談者の評価:参考になった

 

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
家族手当について
当社では家族手当を配偶者の有無、子供の人数に応じて家族手当を支給しています。 この家族手当について、規程上、例えばある一定の年齢を迎えた者については、適用しないという定めをすることは可能なものでしょうか。 以上、よろしくお願いいたします。
家族手当支給について
いつもお世話になります。 弊社の家族手当についてご相談させていただきます。 現在、配偶者がいる場合所得の有無に関わらず、家族手当を支給しております。 将来的に、年間103万円を超える所得がある配偶者については、家族手当対象外にした場合、不利益変更が発生するのでしょうか。 他に気をつける点がありまし...
家族手当の支給について
当社には夫と子供を2人持つ正社員がおります。 現在は夫の方に子供2人を扶養に入れているのですが、「家族手当をもらいたいため今回1名を自分の扶養に入れたい」と申し出てきました。 この場合、社員の申し出どおり扶養の申し出を許可しないといけないのでしょうか。 よろしくお願いします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

家族手当
配偶者や子供のいる社員に対して、基本給とは別に支給される手当です。会社によって金額に違いがありますが、配偶者に1万円程度、子供(1人)には5000円程度が支給されるケースが多いようです。欧米の企業では給与は基本給が主体で、家族手当にあたるものは見当たりません。日本独特のシステムと言えそうです。
現物支給
「現物支給」とは、賃金などを、金銭(通貨)で支払う代わりに、物品や物品に相当する金券・證券、自社商品を値引き購入できるなどの権利、その他の経済的利益をもって支給することをいいます。労働基準法では原則として、賃金の現物支給を認めていませんが、労働協約などで特にその旨が定められていれば、例外的に賃金の現...
災害見舞金
震災や火災などの災害に遭った被災者に対して、個人や企業、地方自治体から贈られる見舞金を、「災害見舞金」といいます。企業が、被災した自社の従業員などに対して支給する災害見舞金は、一般に慶弔・災害給付の一環として制度化され、就業規則で定められた給付額などの規定にしたがって支給されます。福利厚生費のため...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

LINE採用コネクト シェアNo.1採用管理システムi-web
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。