企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14899件   回答数31934

適性検査について

従業員50未満のメーカーです。
商品デザイナー、企画プランナー、営業の採用に現在力を入れはじめています。
ミスマッチのない適性の高い人を採用する上で、面接は重要ですが、
・履歴書、
・デザイナーであれば過去の作品、
・面接
の3つだけでは不足を感じています。

採用人数は年間1名~2名です。媒体、自社WEBサイトでの募集を予算や緊急度に応じて使い分けています。

採用時に応募者をもっと鋭く見るための補助的なツールはないでしょうか?

協調性、チャレンジ精神、忍耐力、集中力or分散的発想力など志向と適性がもっと客観視できるテストを面接での判断時の補助ツールとして使えればと考えています。
何か良いお知恵を拝借できればと思います。よろしくお願いします。

(新卒に対しては、「TEG(エゴグラム)」、「作文」、応募者と当社の接点を見るため、私自身で作った「アンケート」を使用していますが、TEGはぼんやりとした結果しか出ないので不満を持っています)

  • *****さん
  • 大阪府
  • 繊維製品・アパレル・服飾
  • 回答数:1件
  • カテゴリ:中途採用
  • 投稿日:2007/09/18 12:28
  • ID:QA-0009760

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
1件中 1~1件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2007/09/18 12:41
  • ID:QA-0009762

ソフィアコンサルティング株式会社 コンサルティング本部 代表取締役社長

適性検査ツールは50歩百歩

ご相談を拝見し、ご連絡差し上げます。

採用プロセスにおいて、プロフェッショナル人材の資質を正確に見極められようとする御社の意図は、よく理解できます。

適性検査ツールとしては、長年の運用の中で改良が重ねられている、その間の多数の活用によって膨大なデータが蓄積されていること等により、R社のツールが一般に信頼感があります。

しかしながら、御社の採用戦略における有効性という点では、こうした一般的に信頼感が高いツールも含めて50歩百歩なのではと推察いたします。

適性検査は、素直に解答すれば、モチベーションや感情の特性を要素分解的に比較することができますが、総合的にコンピテンシーを測定することは不可能です。
したがって、プロフェッショナルとしてのコンピテンシーレベルを見極めようとする面接審査の補助材料にはなりにくいのではないでしょうか。

代替措置としては、御社で採用されるデザイナーのように、クライアントに対するミッションが明確な仕事の場合は、過去のクライアントをご本人に紹介してもらい、そこにインタビューに行かれるのがもっともよい方法と思われます。
クライアントの反応や評価をある程度詳細にヒアリングすれば、コンピテンシーの状態が御社が求める人材スペックに近いかどうかをかなり正確に判定できるからです。

以上、ご参考まで。

  • 投稿日:2007/09/18 15:17
  • 相談者の評価:参考になった

早速の回答ありがとうございました。
やはり、王道なしということでしょうか。おっしゃるようにコンピテンシーレベルを見極めるのは不可能なのかもしれません。
それでも見極めることを追究する努力は続けます。
特に「デザインの技術はまだイマイチだけど、理解力、吸収力が非常に高く、伸びそうだ」といった「成長株」を見極めることに注力したいです。

R社のツールというのも気になります。
(SPI2というものでしょうか?)

いろいろ参考になりました。ありがとうございます

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
採用時面接について
採用試験時の面接について、その手法を提供してくれる業者などはあるものでしょうか。
募集人数と採用人数について
新卒採用活動中です。 募集人数を50名程度とした際に、実際に採用した人数が10~20名とかけ離れていた場合は何か問題があるのでしょうか?採用したい学生が少なかった場合は、10名しか採用しなくても特に問題はないでしょしょうか。 ご教示いただければと思います。よろしくお願いいたします。
新卒採用を行うメリットとは
当社では現在中途採用のみ行っております。 新卒採用は行っていないのですが「新卒採用を行うメリット」や最近の動向・データなどをお教えください。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...
オンライン面接
「オンライン面接」とは、企業などが採用活動の際にオンラインで面接を行うことをいいます。応募者が企業に直接出向くのではなく、自宅のパソコンからウェブカメラを通じて採用担当者と面談したり、自分で撮影した動画を専用サイトに投稿したりするなど、場所や時間に拘束されない応募のしくみを構築することで、採用プロセ...
通年採用
「通年採用」とは企業が年間を通し、そのときの必要性に応じて自由に採用活動を行うことをいいます。多様化への対応やグローバル人材の必要性が高まっている近年、通年採用によって優秀人材の獲得を目指す企業が増えています。ここでは、一括採用との違いやメリット・デメリットを整理するとともに、通年採用を成功に導くポ...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
テレワーク特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

3,650社が活用!業界唯一の統合型eラーニング ジョブ・カード制度 総合サイト
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:12/01~12/07
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


テレワーク特集

「テレワーク」のメリット・デメリットを整理するとともに、導入プロセスや環境整備に必要となるシステム・ツール、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現<br />
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

「見える化」による効果検証で テレワーク導入をスムーズに実現
西部ガスが取り組む“業務・ワークスタイル改革”とは

福岡市に本社を構える西部ガス株式会社は、「働き方改革」の一環としてテレ...


「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加<br />
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

「グロービス学び放題」導入で公募研修の受講者が増加
“自発的に学ぶ”企業文化を醸成

急速に変化する市場環境の中で競争力を維持・向上させていくためには、人材...