企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

時差出勤&在宅勤務導入後の賞与査定における勤怠評価について

初めて質問いたします。

従来、当社では時差出勤・在宅勤務ともに認めておらず、全社員が原則社内で勤務していたことから
賞与査定には、いち要素として算定期間中の勤怠評価を含めて参りました。
本来のシフトの基準とした遅刻、早退、欠勤の回数ならびに合計時間を考慮して、賞与の減額(10~50パーセントの幅)を行うものです。

今回、コロナ感染対策の一環として時差出勤(本来のシフトより前後一時間の幅で当日の出退勤時間を自由に変更することができる)、ならびに全社的な在宅勤務を導入した結果、遅刻・早退という概念はほぼ無くなり、在宅勤務者の勤務状況についてはほとんど把握できない状況になってしまいました。
そのため従来の賞与査定の方法では、正しい評価・判断ができないと考えております。

コロナ禍以前より時差出勤ならびに在宅勤務制度を導入されていた企業様において、
①賞与査定時の勤怠評価の有無
②時差出勤者の遅刻・早退判断
③在宅勤務者の勤怠査定
以上、どのように判断・評価されていたか、お聞かせ願えますと幸いでございます。

おいそがしい中恐れ入りますが、何卒宜しくお願い致します。

投稿日:2020/09/15 13:32 ID:QA-0096745

ちよ子さん
東京都/通信

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、勤務時間がきちんと管理出来ない以上、勤怠評価を付ける事はほぼ不可能になります。

従いまして、在宅勤務制度におきまして時間管理が困難の企業の場合ですと、賞与支給に関わる勤怠評価をしないのみならず勤怠を査定する仕組み自体が存在しない場合が多いものといえます。

これに対し、単なる時差出勤であれば、通常の場合勤務時間の管理が可能でありかつ始終業時刻についても一定の枠内に制限されている事からも、そうした時刻枠に合わせて勤怠評価を実施の上査定に反映させるのが一般的な取り扱いといえるでしょう。

投稿日:2020/09/15 16:36 ID:QA-0096756

相談者より

服部様

このたびはご回答いただき誠にありがとうございます。

在宅勤務、時差出勤それぞれの場合において
勤怠評価の内容・反映の有無など新規にルールの作成をすることが必要と改めて認識いたしました。
従来の規程を全体的に見直すことといたします。

貴重なご意見誠にありがとうございました。

投稿日:2020/09/16 12:34 ID:QA-0096780大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

人事管理上、勤怠管理は重要な評価ではありますが、工場生産や小売サービス・接客のような業務では、勤怠不良をネガティブ要素評価で使用する例が多いと言えます。時差出勤や在宅業務のような成果管理型業務ではあまり重要度が高くないため、そもそもの評価体制が異なると思います。
勤怠評価をするのであれば、時間管理、勤務状況把握システムは必須です。これがなければ成り立たないシステムです。ご提示の問題は勤怠管理のシステム化で対応できるものですので、システム会社と相談されるのが良いかと思います。

投稿日:2020/09/15 20:52 ID:QA-0096762

相談者より

増沢様

このたびはご回答いただき誠にありがとうございます。

質問にも記入させていただいた通り、弊社においても勤怠=ネガティブ要素評価として使用してまいりました。
これから行おうとしている時差・在宅勤務の定着化の過程においてはそぐわない制度であることを再確認し、
この機に、従来の評価体制を大幅に見直す必要があることを改めて実感いたしました。

勤怠管理システムはすでに導入しておりますので、現在の社内環境に基づいて活用できる機能について、システム会社に確認いたします。

貴重なご意見誠にありがとうございました。

投稿日:2020/09/16 12:48 ID:QA-0096782大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
在宅勤務手当の取扱いについて
いつも拝見させていただいております。 今般の新型コロナウィルスの影響により、弊社では、在宅勤務を導入しました。 今後も継続で在宅勤務を行うことになり、自宅での光熱費等が増えるということで、在宅勤務手当の支給を検討しております。 いろいろと調べてみますと、在宅勤務手当は割増賃金計算の基礎となる賃...
在宅勤務に関して
在宅勤務に関して 弊社では 特に在宅勤務を制度として持っているわけではないのですが 今回特例で勤務のスタッフを採用することを検討しています。 勤務時間等に関しては 現在裁量労働制を導入しているので対応が可能かと考えますが 社会保険等に関しては加入が必要となるのでしょうか? また、在宅勤務として...
在宅勤務について
質問があるのですが、事務職の社員でヘルニアを発症し病院より、1ヶ月間の在宅勤務が望ましいとの診断書を頂きました。 本人、会社の同意の上、在宅勤務をする運びとなりましたが弊社では、規程等にも在宅勤務の運用ルールがないため、注意する点、必要な事項等があれば教えていただけますでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
在宅勤務
ライフスタイルに合わせた働き方が実現できる「在宅勤務」は、企業と労働者の双方に多くのメリットをもたらします。一方で、事業内容や職種によって決めるべきルールや整備すべき体制が異なるなど、導入に際して難しさを感じている企業も少なくありません。ここでは在宅勤務のメリットを整理しながら、導入時に注意すべきこ...
水平的評価
上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数...
360度評価
パフォーマンスの高い組織をつくるスキームには、さまざまなものがあります。中でも、社員のモチベーションを高め、個々の人材が持つ能力を最大限に引き出す評価制度の設計は、人事担当者の腕の見せ所といってよいでしょう。従来採用されてきた上司から部下への一方向の評価体制の欠点を補う手法として、いま浸透しつつある...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。