無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

労務担当の使命(ビジョン)とは

弊社は,約1,000名の従業員の建設業です。組織としては,総務部の中に,労務担当(4名)があります。業務としては,給与計算・社会保険関係業務・就業規則・旅費関係・福利厚生制度等に従事していますが,一体,労務担当の使命とは何なのでしょうか?給与計算・諸手続を誤らないこと(?),就業規則を法改正に併せて改正すること(?)。担当業務にビジョンがなければ,単なる事務処理に過ぎないと思いますが,労務担当の使命とはどういうものなのでしょうか?
つまらない質問で恐縮致しますが,アドバイスくださいませ。

投稿日:2007/08/22 11:49 ID:QA-0009463

*****さん
広島県/建設・設備・プラント

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、決してつまらない質問ではなく、大変重要な問題と感じています。

従事する職務に関しまして、使命感や理念といったものが明確で無ければ、日常の業務を淡々とこなすだけで終わってしまい、更なる業務改善及び企業の発展に繋げることは出来ません。

労務担当につきましては、文面にございますような給与計算・規則改定といった個々の業務を間違いなく行っていく事はもちろん必要ですが、もっと根本的な点を申し上げますと、「従業員にとって働きやすい職場環境を整え、リスク回避及びモチベーションアップを図ることにより、企業の業績向上に繋げる」といったことになるのではないでしょうか‥

現実には経営事情等も有り、簡単に事が運ばない場合も多いでしょうが、サービス残業セクハラパワハラメンタルヘルス等の問題を見ましても労務管理の重要性は今日大変高まっています。

上記で述べましたような考え方を持って業務に取り組んでいくことが担当部署には求められるといえます。

投稿日:2007/08/22 12:31 ID:QA-0009464

相談者より

いつも参考にさせて頂いております。
本件につきましても,早々に的確なご回答を頂きまして,ありがとうございました。
今後とも,お手数をお掛けすることがあると思いますが,ご指導頂きますようよろしくお願い申し上げます。

投稿日:2007/08/22 16:37 ID:QA-0033787大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

田添 忠彦
田添 忠彦
ソフィアコンサルティング株式会社 コンサルティング本部 代表取締役社長

間接・サービスからビジネス貢献への視点が重要

ご相談を拝見し、ご連絡差し上げます。

本件、大変素晴らしいご質問とお見受けします。
かくいう小職も20代の頃人事部で給与計算担当・労務担当をやっておりました。
 ※もっとも、小職の場合はそれがいやで30歳の時に辞めてしまいましたが。

そこで、労務担当のミッション拡充の考え方ですが、2つの方向があるのではないでしょうか?
1つは、いわゆる労務の範囲内での成果責任をより明確化する方向。
もう1つは、労務管理を通じて、ビジネス価値そのものの向上に貢献する方向です。

前者の方向は、社員の満足度やモチベーション向上についての目標や方策、及びその達成基準値を明確にして取り組んでいくことになります。

後者の方向は、例えば、目標管理や評価マネジメントプロセスを充実させる中から、事業部門のマネジメントのレベルアップに貢献するというようなこともできます。
また、例えば、某自動車メーカー等では、労務責任者が頻繁に外部で貢献を行い、その最後に自社の自動車をさりげなく売り込むというようなことを行ってるケースもあります。
大事なことは、労務部門といえども、企業のビジネス価値向上に深くコミットし、そこに直接関わる道もありうるということだと思います。

以上、ご参考まで。

投稿日:2007/08/22 13:50 ID:QA-0009468

相談者より

 

投稿日:2007/08/22 13:50 ID:QA-0033789大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
新たに相談する

「人事のQ&A」で相談するには、
『日本の人事部』会員への登録が必要です。

関連する書式・テンプレート
関連する資料
入社処理って実はもっとラクにできた!

入退社の作業は毎月多くの工数がかかる作業です。さらにコロナ禍では入社時の従業員と労務担当者のやり取りが煩雑になりがち。そんな大変な作業、実はもっとラクに正確に終わらせることができます。

【障害者雇用】業務切り出しシート【テンプレート】.xlsx

障害のある従業員が担当可能な業務のリスト管理表テンプレートです。【Excel】
・切り出し業務の「難易度」や「実施頻度」、「所要時間」等も一元管理!
・『【障害者雇用】『業務切り出し告知文書』.docx』とセットでご活用ください!