企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

中小企業の評価制度の在り方について

お世話になっております。
掲題の件について、相談をさせて下さい。

従業員数:約50名
業種:IT関連 SES(システムエンジニアリングサービス)

働き方改革の一環として、
社員から改善要望を募ったところ、
・評価制度が不明瞭
との意見が大部分を占めておりました。

そもそも、中小企業でSESという業種の為、
各人がバラバラに顧客先で働いており、
マネージャが各人を評価することが難しいこともあり、
特定の基準はなく、マネージャや役員が独自の基準で評価を行っておりました。
その為、上記改善要望が出たのだと思います。

現在、評価制度見直しの最中なのですが、
社長としては、「社員が自分で考え行動するような人間になって欲しい。」
との意向をもっており、
月一回、部署ごとにケーススタディを実施し、
そのケーススタディ結果を各メンバーで評価、それを半年分集計し、
賞与や昇給に反映するとの指針を打ち出しました。

勿論、業績評価 + ケーススタディ評価 になるのですが、
ケーススタディ評価に重きを置きたいと考えているようで、
実務に関わらない部分での評価が大半を占める可能性があり、
ケーススタディ評価を不安視するメンバーが多くいる状況です。

ケーススタディ評価を何とか考え直させたいところなのですが、
中小企業で評価者の目の届くところに自社メンバーがいないような企業で
・会社貢献
・成長意欲
などを平等に評価する良い方法はないでしょうか?

良い案がございましたら、ご教授の程よろしくお願い致します。

投稿日:2019/09/01 22:41 ID:QA-0086521

戦う中間管理職さん
茨城県/情報処理・ソフトウェア

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

評価

効率的な評価は永遠の人事課題で、今もたくさんのコンサル会社が「これぞ人事評価の決定版」的なシステムやサービスを宣伝していますが、過去何十年も状況は変わりません。恐らくこの先も決定版などはないだろうと思います。

・会社貢献
通常は売上、利益評価です。担当案件の売上/利益評価ですが、個人の営業ではなく会社が割り当てるのであれば個人評価は不適切。パフォーマンスとして個人指名のリピートは大きく評価するなど、顧客満足度など加味する手はあります。
・成長意欲
このような抽象的な、測りようのない指標を評価に入れると、現時点で渦巻いている不満を促進する恐れがあります。具体的に評価ができないものは評価すべきではありません。「やる気」「目の色」のような不合理なものではなく、客観的数値化できるものだけ評価項目とし、上長面談でそのすき間を埋めるような構成が良いと思います。

投稿日:2019/09/02 10:03 ID:QA-0086529

相談者より

ご回答ありがとうございました。
やはり結論が出ないことが結論ということになるのですね。
具体的に隙間を埋めるような指針が必要であったため、本評価とさせて頂きました。

投稿日:2019/09/29 16:09 ID:QA-0087220あまり参考にならなかった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、会社貢献につきましては客観的な業績数値、成長意欲につきましては文面のケーススタディで相応の評価については可能となるはずです。

つまり、どんな評価制度であっても、個々の業務状況が全く同一でない事に加えまして人間が評価する以上完全に平等に評価する事は不可能ですので、今考えている方法でも特に差し支えはないものといえるでしょう。せっかく社長が考案されたものですので、実施前の段階で早々に見直しされるよりはまず試行されて見てその上で問題があれば改善される方が望ましいものといえます。

むしろこの段階でされるべき重要な事は、そうした評価に関わる判断基準を十分に検討され決める事、そして評価者が適正な判断を下せるようしっかり教育指導をされる事といえます。

投稿日:2019/09/02 17:02 ID:QA-0086542

相談者より

回答ありがとうございました。
具体的にどうするかが見えなかったため、
本評価とさせていただきます。

投稿日:2019/09/29 16:10 ID:QA-0087221あまり参考にならなかった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
絶対評価と相対評価の活用例
人事評価には絶対評価と相対評価の二種類があると言われますが、それぞれの活用先(賞与評価、昇給評価、昇格評価)とその理由につきまして、一般論で結構ですので、ご指導願います。
考課と評価の違い
お世話になります。 基本的な質問でお恥ずかしいのですが、考課と評価の違いについてご教授願います。 評価制度を作るにあたって、区別がつきません。 よろしくお願い致します。
人事評価制度 二次評価者について
人事評価制度で二次評価者が存在します。そもそも「二次評価者の目的と役割」は何でしょうか。そして、二次評価者の取り組み方として何が重要なんでしょうか。皆様お忙しいと存じますが、理解を深めたいと思いますので、詳細に教えて頂けますでしょうか(長文でも大丈夫です)。どうぞ宜しくお願い申し上げます。
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
水平的評価
上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数...
360度評価
パフォーマンスの高い組織をつくるスキームには、さまざまなものがあります。中でも、社員のモチベーションを高め、個々の人材が持つ能力を最大限に引き出す評価制度の設計は、人事担当者の腕の見せ所といってよいでしょう。従来採用されてきた上司から部下への一方向の評価体制の欠点を補う手法として、いま浸透しつつある...
多面評価制度
人事評価の制度をより高めるために、上司だけでなく部下や同僚、顧客など複数の方位から評価を行う制度です。上司から部下への一方的な視点に立つのではなく、あらゆる方向からの評価であるため「360度評価」とも言われます。すでに一般の企業の1割以上で導入されており、今後もさらに広がりそうです。

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

人事リーダー育成講座
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/20
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

企業のAI活用に不可欠なリテラシーと人材育成の方法とは?

さまざまな事業領域でAI(人工知能)が活用されています。そのため、ます...