企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>
相談数15191件   回答数32724

有給休暇年5日消化義務

お世話になります。
当社の就業規則には休日は日曜及び土曜と記載されております。
入社時は土日祝日休み。月1回土曜出勤あり(休む場合は有休扱い)と
いうことでした。
実際は土曜祝日も物流は出荷があるので営業事務の方は当番で出勤(休日出勤扱い)
経理・総務は休みとなります。
今回、年5日の有給休暇消化義務に伴い、出勤カレンダーの祝日出勤を増やし休む人は有休扱いとしこれで年5日消化させようとするようです。
就業規則と口頭での休日扱いが違うことも問題なのですが
今まで会社カレンダーに祝日出勤日が年5日程ありましたが出勤しなくても有休扱いにはなってなかったのでこのような会社のやり方はどうなのかと社員は不満です。
年に20日(前年度繰越をたすと40日)あるので5日以上休んでも問題はないのですが・・・
総務として今後、社員が納得できるようどのように社長と話をしようかと悩んでおります。
何かよいアドバイスがあればよろしくお願いします。

  • 投稿日:2019/07/29 09:08
  • ID:QA-0085856
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/07/29 11:51
  • ID:QA-0085866

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

ご質問の内容は、法改正の趣旨に反しています。

まずは社長に意識改革してもらうことですが、どうしようもなければ、デメリットを説明することでしょう。

デメリットとしては、
従業員のモチベーション低下、
会社に対する不信感、
不利益変更による訴訟リスク、
行政による是正勧告などが考えられます。

  • 投稿日:2019/07/30 10:15
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
人事会員より
  • 投稿日:2019/07/29 15:01
  • ID:QA-0085868

オフィスみらいさん
  • 大阪府
  • その他業種

国民の祝日に関する法律(祝日法)第3条1項には、「国民の祝日は休日とする」と、定められていますが、これが、労基法上の休日と、どのような関係になるのかを考える必要があります。

行政通達によれば、祝日法は、国民の祝日に休ませることを強制的に義務づけるものではなく、労基法上の毎週1日または4週4日の休日を与えている限り、国民の祝日に休ませなくても労基法違反にはならないとしています。

そこで御社の就業規則ですが、日曜・土曜を休日とすると定めている以上、祝日はあくまで労働日ということになり、祝日を休日にするのであれば、就業規則にその旨定めておく必要があります。

したがって、祝日(労働義務のある日)に有給休暇を取って休むことは、何ら問題はありません。

そもそも、就業規則に休日は日曜及び土曜とすると定めていながら、入社時は祝日も休みというところに、話しをややこしくしている原因があります。

年5日の祝日出勤日に出勤しなかった場合は、単に欠勤日となるだけであって、当然には有休扱いになるものではありません。

これを機会に、就業規則を見直してみては、いかがでしょうか。

  • 投稿日:2019/07/30 10:16
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。
就業規則見直しを話してみたいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/07/29 17:48
  • ID:QA-0085870

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、文面内容を拝見する限り、祝日に勤務された際に休日勤務扱いされていることからも、就業規則の通り祝日が会社の所定休日であることは明らかといえます。

従いまして、仮に祝日勤務を増やしても、単に休日勤務が増えるだけであって、そうした元々休日である祝日に年休を消化させることは出来ないものといえます。年休5日指定義務につきましては、そうした違法性を伴うような方法ではなく、通常の労働日について行われるべきです。

  • 投稿日:2019/07/30 10:17
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
人事会員より
  • 投稿日:2019/07/30 20:43
  • ID:QA-0085902

阿倍野区民さん
  • 大阪府
  • その他業種

経験者は語る…になりますが、
社長の意に反して意見することは、
どれだけ社会通念上正論だとしてもリスクがあります。

錦の御旗は「労基がうるさい」です。
頑張って下さい。

  • 投稿日:2019/07/31 08:50
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
度々社長とは、やりあってきました。
従業員あっての会社です。
頑張って社員に不利益にならないよう話し合ってみます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
出勤日の数え方について
お世話になります。 当方では、出勤日を1日、0.5日というように、 最小出勤単位を「半日(0.5)」として数え方をして処理しています。 やむを得ず休日に2時間だけなど、半日に満たない出勤がある場合 出勤日数はどのようにカウントすればよいのでしょうか。 よろしくお願いします。
出勤率が低い社員への有休の付与
いつもお世話様です。さて、社員の中に、昨年4月以降12月まで休職していた方がいます。当社では休職は勤続年数に加算しない、出勤率80%以上の場合は有休を与えると就業規則に定めています。質問は、 1.休職中も、出勤率の計算に入れる(つまり上記の場合ですと出勤率は、12分の3となる)のですか? 2.上記の...
傷病休職中の仮出勤を有休計算するにあたって出勤としていいのか
傷病休職中の方が復職にあたって仮出勤します。この仮出勤の日数は、有休計算をするにあたっての 出勤率の出勤日数に使用していいのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
  • 人材紹介会社のフォロー範囲
    人生の大きな決断である転職。転職先で企業文化の違いに驚いた、場合によってはカルチャーショックさえ受けた、という話は珍しくない。早期退職を防ぐため、入社後も転職者をフォローする人材紹介会社は多いが、人事は採用した社員に人材紹介会社とつながりを持ってほしくない、という気持ちが強いようで――。
  • タイミングを狙った引き止め策? 退職直前で転職を見合わせた求職者
    人材紹介会社の転職相談に来た人が、必ずしも全員転職するわけではありません。自分の「市場価値」を知りたいだけの人や職場の不満をぶつけて発散したいだけの人もいます。本当に転職しようとして相談に来たものの、さまざまな理由で思いとどまるケースもあります。また、転職先が決まって退職しようとしましたが、勤務先か...
  • 薄井ゆうじさん 「新会社法」で起業して成功する社長、失敗する社長
    今年5月から新しく「新会社法」が施行され、誰でも資本金1円でも簡単に株式会社がつくれるようになります。しかし、「なぜ会社をつくるのか」「会社をつくるとはどういうことなのか」が、現在ほど問われている時代もないでしょう。薄井さんに改めて、会社をつくるということについてうかがいました。
あわせて読みたいキーワード
有給休暇
2019年4月から、労働者に対して年5日の年次有給休暇を確実に取得させることが使用者の義務となりました。有給休暇は、労働者の働き方を考える上で大変重要ですが、使用者側からは「取得時季を変更させたい」「有給休暇取得時の理由を聞いてもよいのだろうか」といった声も聞こえてきます。ここでは、現場からの疑問や...
就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。
振替休日
「振替休日」とは、就業規則で定められた休日をあらかじめ労働日に変更し、そのかわりに近接する他の労働日を休日とする制度のことです。労働日と休日を“事前”に振り替えておくことで、もともとの休日が労働日となるため、その日の労働については「休日労働」として扱われず、休日労働に対する割増賃金の支払義務も発生し...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
目標管理・人事評価システム導入のメリットとは?

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

職員の皆さまに、資産形成の研修を
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:02/01~02/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


「目標管理・人事評価」に役立つソリューション特集

目標管理・人事評価システムを選ぶときのポイント、おすすめのサービスを紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


Employee Experienceを企業競争力の源泉へ<br />
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

Employee Experienceを企業競争力の源泉へ
リクルートが本気で取り組む「エンゲージメント型経営」

リクルートホールディングスでは2015年から、働き方変革を推進。グロー...


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...