企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A
相談数15727件   回答数34173

家族対同社の定年退職後の引っ越し費用負担

ご担当者様

 定年退職者の引っ越し費用のご相談です。

 採用地から現在就業地へ転勤になり、その後そこで家族が出来た社員がいます。この度定年を過ぎ、雇用契約の期間満了に伴い、採用地(古里)に戻る事になりました。その際の引っ越し費用、移動のための旅費を会社として負担する必要がありますか。ご参考までに社内規程にはこの取扱を規定していません。その社員は就業地での工場立ち上げに尽力し、15年ほどここで勤務しています。採用地での勤務を含めると35年ほど勤務しています。
 
 どうぞよろしくお願い申し上げます。

  • 素人の総務さん
  • 東京都
  • 半導体・電子・電気部品
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2019/06/14 08:54
  • ID:QA-0085030
この相談に関連するQ&A
プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/06/14 09:35
  • ID:QA-0085032

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、規定が無い以上直ちに会社が費用負担をされる義務まではございません。

但し、同様の事案でこれまで費用負担されている実績があるようでしたら、公平性の観点からも費用負担されるのが妥当といえるでしょう。また文面にもございますが、個別の事情・御社への貢献度等を配慮しあくまで特例としまして任意で費用負担をされる分には差し支えないものといえます。

  • 投稿日:2019/06/17 09:08
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。ご教示いただいた内容を踏まえ、社内調整していきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
人事会員より
  • 投稿日:2019/06/14 11:07
  • ID:QA-0085034

オフィスみらいさん
  • 大阪府
  • その他業種

社内規定に、社員の定年退職に伴う引っ越し費用等は会社が負担するといった旨の取り決めが無いのであれば、負担する義務はありません。

普通は、こういう場合、個人が負担するものです。

そうは言っても、工場の立ち上げから会社に尽力してくれた社員ですから、長年の貢献に報いる意味で、費用一切を会社が負担するということであれば、そこは会社の判断になります。

ただし、今後もこういうケースが想定されるのであれば、これを機会に社内規定を整備されておかれたらいいでしょう。

  • 投稿日:2019/06/14 17:25
  • 相談者の評価:大変参考になった

早速の回答ありがとうございます。
予想はしていましたが、参考になりました。今まで対象者がいなくて明文化されておらず、今回の問題となった次第です。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/06/14 23:36
  • ID:QA-0085043

人事・経営コンサルタント

規定

就業規則その他規定に取り決めがないのであれば、費用負担義務はありません。
しかし慣例的にこれまで実施している実績があるのであれば、不平等にならないよう、支給されるべきでしょう。功績に報じて特別対応やボーナスのような報償代わりに支給する場合、判断基準など記録しておくと良いでしょう。 

  • 投稿日:2019/06/17 09:07
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
各先生方からの回答を拝見し、正にご提示いただいた
線で調整しようと考えておりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/06/15 10:27
  • ID:QA-0085047

代表者

定年退職後の転居費用

▼ご説明の状況なら、負担する必要はありません。

  • 投稿日:2019/06/17 09:06
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。すっきりしました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
勤務地について
新卒採用の際、勤務地限定採用はしない予定でおります。 ただ、結果的に勤務地が偏ってしまった場合、問題になりますか。
半休の場合の割増無の時間
派遣勤務者は、本社と勤務時間が異なります。半休を取得して残業を行った場合、派遣勤務先の勤務時間が9:00~17:00の7時間勤務、本社は8:30~17:30の8時間勤務、派遣勤務者は午前中半休、13:00~22:00まで勤務すると×1.25が1時間、×1.00が4時間となるのでしょうか?本社勤務者は...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...
地域限定型採用
地域で募集・採用し、勤務してもらう採用方法のこと。昇進・昇給のスピードは遅くなりますが、転勤はありません。
ホームリーブ
「ホームリーブ」(Home Leave)とは、出向や転勤により本国を離れ、日本国内で長期間勤務する外国人社員が、休暇などのために一時帰国することをいいます。ホームリーブにかかる諸費用を使用者が負担した場合、一定の要件を満たしていれば、その費用に関する税務上の取り扱いについては給与所得とはせず、所得税...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

従業員の自律的なキャリア開発を支援する POSITIVEが選ばれる理由
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:06/01~06/01
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアの「最適育成」と「最適配置」 ~スキル可視化が生み出した新しい可能性~

ITエンジニアのスキルの細分化、高度化が進み、人事が知りたい「実務力」...