企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14491件   回答数30787

海外勤務からの帰任者への家賃補助について

相談させてください。
弊社は日本から出向として海外勤務をし、その後、帰任した社員について
就業規則とは別途定める社宅規定に従い、3年間、日本の家賃を補助しています。
(就業規則には帰任時の記載は無し)
ただこの「3年間の補助」が、
・持ち家のある者には補助が無い(ローンの支払いなどあっても対象外)、
・海外勤務に出ていない者との収入の差が大きい
・本人都合で帰任した者にも現状支給している
・海外での業績が良くなく帰任させた社員についても支給している
などの問題点から、補助の期間を短くする、または廃止したいと考えております。

案としては以下を検討しています。
・3年間の家賃補助期間を1年へと短縮くする
・家賃補助を廃止し、帰任仕度費用をアップする(家財の購入、住宅契約の初期費用を補える額)

この変更が、不利益変更となるのか
また不利益変更となる場合、どういった手順を取ることがより安全か
ご教示いただければと思います。

よろしくお願いいたします。

  • ねこすけさん
  • 海外
  • その他業種
  • 回答数:3件
  • カテゴリ:福利厚生
  • 投稿日:2019/04/29 11:40
  • ID:QA-0084155

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/05/07 20:30
  • ID:QA-0084196

代表者

「廃止」に向けての措置をお薦め

▼現行制度の、制定経緯が不明なので、限定的になりますが、現行制度自体が、合理性、公平性に欠けている印象が強く、回答者としては、「廃止」に向けての措置をお薦めします。
▼廃止伴う措置としては、終結に向けての「激変緩和策」と、真に必要な「実費支給ルール」の策定です。
▼不利益変更と言っても、「理に叶った制度」の減額・廃止と、「合理的根拠の乏しい既得権」の廃止は、ハッキリ分けて、措置を講じることが必要です。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/05/07 20:36
  • ID:QA-0084197

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、社宅制度が就業規則ではなく内規等の非公式の規定に基づき行われるものであっても、該当する従業員に殆ど適用されているようでしたら事実上既定の労働条件になるものといえます。またそのようであれば、社宅に関する規定そのものが就業規則の一部を構成する内容と判断される可能性もございます。

従いまして、これを廃止する等の変更についてはいわゆる労働条件の不利益変更に該当するものといえるでしょう。

しかしながら、労使間で真摯に協議された上で現に支給されている従業員に対する打ち切りはせず今後新たに帰任された従業員から廃止とされる等、文面内容以外でも十分な配慮措置を取られるようでしたら、変更内容について従業員の個別同意までは得られなくとも差し支えないものといえるでしょう。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/05/08 11:08
  • ID:QA-0084212

人事・経営コンサルタント

猶予期間

現状の制度がきわめて手厚すぎることが問題ですので、改善自体は経営方針として理にかなっています。ご提示案はかなり現実的だと思います。
対象者の人数や現実の赴任期間実績など不明なので一般論ですが、現状が長期間定着していたのであれば不利益変更ではありますので、「3年後実施」のような猶予期間と、全社員向け説明などていねいな対応を取ることで納得は得られるのではないでしょうか。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
就業規則の「深夜勤務」について
 以下は、当社の就業規則の「深夜勤務」の条文です。 「満18才未満の社員には、深夜勤務をさせることはない。ただし、交替勤務制により勤務する満16才以上の男子社員については、この限りでない。」 この条文は男子のみの記載となっておりますが、問題ないでしょうか。
翌日に跨ぐ勤務時間について
基本的な質問になるかと思いますが、 勤務時間が0:00を跨ぐ場合で、翌日が休日の場合、0:00から5:00までは休日かつ深夜労働とみなすべきでしょうか? 例えば平日の9:00~翌日(休日)3:00まで勤務した場合の0:00~3:00までの勤務時間についてです。 宜しくお願いいたします。
就業規則と社宅家賃補助の関係
社宅の家賃補助割合他社宅関係について就業規則とは別に社宅規程を定めています。この場合、家賃補助の割合を変える際、社宅規程の内容を変更すれば、労基署に届出が必要なのでしょうか。就業規則でななく、就業規則に準じる場合、福利厚生として任意的記載事項の為、届出扶養とも考えられますが。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 海外勤務者の安全対策の実態
    一般財団法人 労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、2013年3月に「海外勤務者の安全対策に関するアンケート」を実施。海外勤務者の安全対策に企業がどのように取り組んでいるのかを調べました。本記事では、その中から「海外勤務の状況」「海外勤務の安全対策」を中心に取り上げます。
  • 人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える! 単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?
    近年、社員を取り巻く生活環境や価値観・就労観の変化などにより、企業における「福利厚生」の持つ位置付けが大きく変化しています。単なる福利厚生ではなく、社内コミュニケーションや人材戦略に生かそうという動きが出ており、その中でもチケットやカードによる「食事補助」が大きくクローズアップされるようになってきま...
  • 外国人の求職者を日本企業に紹介する難しさ
    日本企業でも外国人の採用が増えているという記事を、新聞などでよく目にするようになりました。しかし、新卒採用が中心で、外国人の中途採用は積極的に行われていないのが実情。外国人を優先的に採用するとしたら、海外拠点とのコミュニケーションを担当する「外国人枠」での募集か、一定のスキルを持った人材を各社が奪い...

あわせて読みたいキーワード

就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。
ホームリーブ
「ホームリーブ」(Home Leave)とは、出向や転勤により本国を離れ、日本国内で長期間勤務する外国人社員が、休暇などのために一時帰国することをいいます。ホームリーブにかかる諸費用を使用者が負担した場合、一定の要件を満たしていれば、その費用に関する税務上の取り扱いについては給与所得とはせず、所得税...
出向
「出向(在籍出向)」とは、一般的には企業が社員との雇用契約を維持したまま、業務命令によって社員を子会社や関連会社に異動させ、就労させることを指します。出向の場合、対象となる社員の籍と給与の支払い義務は出向元企業にあり、社員に対する業務上の指揮命令権は出向先の企業が有します。人事異動の形態としては、企...

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/24
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、<br />
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

ビジネスの競争環境が大きく急速に変化していく中、
人事がその変革のエージェントとして経営を支援していく

急速なデジタル技術革新、グローバルな競争環境の一層の多極化、働く人々の...