企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無給の休暇取得、または欠勤発生時の給与計算について

お世話になっております。

就業規則上で無給休暇(育児休暇・介護休暇など)としている休暇や欠勤が発生した場合の給与計算方法について確認させて頂ければと思います。

月の所定労働時間:160時間
1日の所定労働時間:8時間
平日の労働時間:152時間
無給休暇日数:1日
欠勤日数:1日
法定外休日の労働時間:8時間(4時間が2日)
法定休日の労働時間:5時間


フレックス勤務の場合(1か月清算)とフレックス勤務でない場合の給与計算について、それぞれ以下のどの考え方が正しいのかご教示ください。
弊社では従来①の方法で計算しておりますが、弊社役員からは誤りと指摘され、対応に苦慮しております。

①月の所定労働時間から、無給休暇・欠勤の日数分の時間を差し引いて残業時間の計算を実施
 所定:160-(2日*8時間)=144時間
 残業時間(平日) 152-144=8時間
 残業時間(平日と法定外休日) 8+8=16時間
 その他、法定休日5時間の残業代(割増35%)

②月の所定労働時間は調整せずに計算する方法
 所定:160時間
 所定ー平日労働=-8時間(この分は控除)
 残業時間:法定外休日の8時間の残業代
      法定休日の5時間の残業代(割増35%)

③①、②以外の方法

よろしくお願いいたします。

投稿日:2019/03/13 18:45 ID:QA-0083078

hodaka#33さん
栃木県/建築・土木・設計

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答2
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、正確にはフレックスタイム制の場合ですと、御社規則に特約が無い限り所定労働時間(160時間)ではなく月の法定労働時間の総枠を超える労働時間が割増賃金の必要な時間外労働となります。31日の日数月ですと、177.1時間が法定労働時間の総枠になります。そして、欠勤や休暇の有無に関わらず、この総枠を超えていない限り時間外労働は発生しませんので当事案では時間外労働はゼロ、さらに所定労働時間も超えていない為割増無の残業時間もゼロ(所定労働時間に満たない8時間分は賃金控除)、よって法定休日の5時間の残業代(割増35%)のみの支払となります。

一方、通常の労働時間制の場合ですと、時間外労働を月単位でまとめて計算する事は出来ませんので、1日8時間または1週40時間を超える労働時間については全て時間外労働として計算する事が求められます。当事案ですと、記載の情報では1週40時間を超えて労働した時間の有無が分かりませんので、各週毎に労働時間数を計算された上で超えていれば時間外割増賃金の支払いをする事になります。そして、割増無の残業時間及び法定休日の残業代等の扱いについてはフレックスの場合と同様です。

投稿日:2019/03/14 20:42 ID:QA-0083121

相談者より

回答ありがとうございます。

弊社規則では、フレックス勤務において所定労働時間を超過したものは残業時間として計上します。今回の例の場合は160時間を超えた場合は残業時間となります。

この場合のフレックス勤務における計上は8時間の残業代と法定休日割増5時間分の残業代という認識でしょうか。

また、欠勤・無給休暇日数分の時間を所定労働時間から控除したやり方は法的に問題があるのか回答頂けると助かります。

投稿日:2019/03/15 11:31 ID:QA-0083149大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

「この場合のフレックス勤務における計上は8時間の残業代と法定休日割増5時間分の残業代という認識でしょうか。」
― 触れられた8時間の残業については控除分の8時間と相殺されますので、月160時間の所定労働時間を超える扱いにはならず、結果としてこの時間に関する残業代が発生することはございません。先の回答の通り法定休日割増5時間分の残業代のみが発生します。

「また、欠勤・無給休暇日数分の時間を所定労働時間から控除したやり方は法的に問題があるのか回答頂けると助かります。」
― 労働者に取りましては残業代が増え有利な扱いになりますので法的には問題ないですが、逆に言えば会社側に取りましては明らかにコスト増となります。こうした無用な残業代支給について御社役員の方が是正を指摘されるのは当然ですので、経営への悪影響を招かない為にも正しい計算方法に基づく賃金支給にされるべきといえます。

投稿日:2019/03/15 13:08 ID:QA-0083150

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
休日と休暇
休日と休暇の定義(違い)を詳しく教えていただきたいです。
時短勤務者の所定時間外労働について(フレックスタイム制)
いつもお世話になっております。 フレックスタイム制における時短勤務者の「所定時間外労働」の 考え方について教えていただけないでしょうか。 (まず総労働時間=所定労働時間だと理解していますが、 この考え方が間違っていましたらご教示いただきたいです。) 「月の総労働時間=標準となる1日の労働時間(...
所定労働時間>法定労働時間の場合の時間外賃金について
弊社はフレックスタイム制で割増賃金の計算は ・所定労働時間~法定労働時間の総枠までは100% ・法定労働時間の総枠を超えた場合には125% の計算方法で行っています。 また中途入社者の法定労働時間の考え方は、 入社日~精算期間終了日までの暦日数÷7日×40時間で算出することが規程で定められております...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
労働時間貯蓄制度
「労働時間貯蓄制度」とは、主にドイツなどで導入・実施されている労働時間モデルの一つで、職場で定めた契約上の労働時間と実労働時間の差、すなわち残業や休日出勤など所定外の労働時間をあたかも銀行預金のように勤務先の口座に積み立て、後日、従業員が有給休暇などに振り替えて利用できるしくみのことです。労働需要の...
みなし残業制度
「みなし残業制度」とは、あらかじめ一定の残業代を給与に入れておく制度で、固定残業制度とも呼ばれます。企業と従業員の双方にメリットがある仕組みですが、正しく運用しなければ、労使間のトラブルや法律違反に発展することがあるため、注意が必要です。
変形労働時間制
変形労働時間制とは、時期や季節によって仕事量の差が著しい場合、従業員の労働時間を弾力的に設定できる制度。一定の期間について、週当たりの平均労働時間が労働基準法に基づく40時間以内であれば、特定の日・週で法定労働時間を超えても(1日10時間、1週52時間を上限とする)、使用者は残業代を支払わずに労働...
定番のQ&Aをチェック
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:08/01~08/14
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!<br />
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

人を採り、定着させる人材戦略を「昼食」が支える!
単なる福利厚生ではない「食事補助システム」の活かし方とは?

近年、社員を取り巻く生活環境や価値観・就労観の変化などにより、企業にお...


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第1回)

日々激しく変化する、ビジネス社会。企業を取り巻く環境も、厳しさを増して...