企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14281件   回答数30314

1ヶ月単位の変形労働時間制における所定労働時間の計算について

いつもお世話になっております。
1ヶ月単位の変形労働時間制における所定労働時間の計算について質問です。
当社は1日あたり8時間、1週あたり40時間、1月あたり160時間が所定労働時間です。
所定労働時間を超えた分は、1日8時間を超えた分、週で40時間を超えた分、月で160時間を超えた分という順番で超過勤務として取り扱いますが、例えば以下のように勤務割をした場合の考え方に誤りはないでしょうか。(分かりやすくするために残業は省略します。)

前提条件として、当社のシフトは
A勤務→8時間、B勤務→9時間、C勤務→10時間、D勤務→7時間
の4パターンとします。

(左から順に月曜、火曜…金曜とします。)
○第1週…8時間、9時間、8時間、8時間、8時間→計41時間(1時間の超過勤務取り扱い)
○第2週…7時間、8時間、8時間、8時間、8時間→計39時間(問題なし)
○第3週…10時間、8時間、8時間、8時間、8時間→計42時間(2時間の超過勤務取り扱い?)
○第4週…8時間、8時間、8時間、8時間、8時間→計40時間(問題なし)
●合計…162時間(2時間超えているが、第1週と第3週でカウントしている)

この考え方によっては、例えばある週では41時間でも、他の週で39時間にし、月単位で160時間に収まれば超過勤務として取り扱わなくてよいのではと社内で意見がありました。

また、有給休暇(1日=8時間)を取得した場合はそれも込みで所定労働時間を計算するということでよいのでしょうか。

ご解説よろしくお願いいたします。

  • 投稿日:2019/01/09 09:14
  • ID:QA-0081460

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/01/09 09:38
  • ID:QA-0081464

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、1カ月単位の変形労働時間制であれば、ご意見の通り月平均で週法定労働時間以内に収まっている限り1日8時間または週40時間を超える場合でも時間外割増賃金を支払う必要はございません。

但し、当初の予定を超えて新たに1日8時間または週40時間を超える勤務が発生した場合ですと、こうした時間分については時間外割増賃金を支払う必要がございます。

また、有給休暇を取得した日の時間については、欠勤とならない意味での所定労働時間にはカウントされますが、時間外労働の時間数を計算する際には実労働時間のみカウントしますので除外することになります。

  • 投稿日:2019/01/09 13:08
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
ということは所定労働時間の長い週と、短い週の組み合わせで、月の所定労働時間を超えなければ、所定労働時間に限っての超過勤務は発生しないという認識でよろしいでしょうか?

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/01/09 17:12
  • ID:QA-0081482

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

1ヶ月変形労働時間制では、シフトが週平均40h以内であれば、そのシフトを超えない限り超過勤務とはなりません。
 月単位では、30日であれば171h、31日であれば177h以内のシフトであれば、問題はありません。
 1日7hの日に1h超過勤務した場合には、通常単価の支払いが必要です。
 1日8h以上の日に超過勤務した場合には割増賃金の支払いが必要です。

1日のあとは1週間をみるわけですが、このときには実労働時間でカウントしますので、40h超えて割増賃金が発生するかどうかの算出に、有休の時間は除外します。

  • 投稿日:2019/01/10 08:43
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご返信ありがとうございます。
労基署へ質問に行った際に、変形労働時間制の超過勤務の発生事案としては、
①その日に割り振られた所定労働時間を超えた時間(いわゆる一般的な残業に相当)
②その週の所定労働時間を超えた時間(本事例では週40時間を超えた時間*残業抜き)
③その月の所定労働時間を超えた時間(①および②で拾いきれるのでカウントすることは稀)
と、教わりました。

そこで今回質問に至りました。
労基署によると週単位で所定労働時間を超えていないかをみなくてはならず、皆さまの回答からすると月単位で超えていなければ可という解釈かと思います。

この点についてはいかがでしょうか?
重ね重ね申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/01/10 22:45
  • ID:QA-0081539

オフィス代表

再度お答えいたします

ご返事下さいまして感謝しております。

ご質問の件ですが、その通りで文字通り1か月単位で見る事が可能になります。

  • 投稿日:2019/01/11 09:41
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。モヤモヤしたものがスッキリしました。
”1週間単位”ではなく”1ヶ月単位”の変形労働時間制たる由縁はそこなのですね。
今後は1ヶ月の所定労働時間が超えた分のみ、超過勤務扱いとします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
残業代
基本的な質問で申し訳ありません。 1日8時間、1週間5日勤務の場合、1日おいて8時間を超えた場合は割増した賃金支払は問題ありません。 週に規定された2日間の休暇以外に休みが合った場合、やはり割増賃金は発生するということでよろしいでしょうか。 例 基本ライン 月曜 8時間勤務 火曜 8時間勤務 ...
連休における時間外労働時間の算定について
教えてください。 来年5月に予想される連休に於いての時間外労働時間の算定について 1.基本として暦週に於いて、総労働時間-法定休日労働時間-40時間=時間外労働時間 と考えていますが 4/28(日 法廷休日) 0時間 4/29(月 祝日 所定休日) 8時間勤務 4/30(火 祝日 所定休日) 8時間...
週40時間を超えている日の有給
いつも大変お世話になっております。 週40時間を超えている週の有給について教えてください。 月曜日から金曜日まで毎日8時間の勤務がある週の土曜日が会社の都合で出勤日になった場合で その日に有給を申し出てきた者がいたときは、有給の金額は通常の金額なのでしょうか。 それとも割増のついた金額でしょうか...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

変形労働時間制
変形労働時間制とは、時期や季節によって仕事量の差が著しい場合、従業員の労働時間を弾力的に設定できる制度。一定の期間について、週当たりの平均労働時間が労働基準法に基づく40時間以内であれば、特定の日・週で法定労働時間を超えても(1日10時間、1週52時間を上限とする)、使用者は残業代を支払わずに労働...
コンプレストワークウィーク
「コンプレストワークウィーク」(Compressed workweek)とは、「圧縮された週労働時間」という意味。1週間の所定労働時間は変えずに、1日あたりの就業時間を長くして、その分就業日数を少なくする勤務形態のことです。たとえば週40時間労働で通常は1日8時間×週5日勤務のところを、1日10時...
勤務間インターバル規制
「勤務間インターバル規制」とは、時間外労働などを含む1日の最終的な勤務終了時から翌日の始業時までに、一定時間のインターバルを保障することにより従業員の休息時間を確保しようとする制度です。恒常的な長時間勤務や不規則な勤務体系の改善を目指す業界を中心に、ワーク・ライフ・バランス推進の具体策として注目を集...

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/26
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、見直される「セルフケア」

いま、見直される「セルフケア」

近年、働く環境が大きく様変わりし、職場におけるストレス要因が増加してき...


HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HR Techで人事が変わる~AI・データ分析の基本と実例~ 提供:ワークデイ

HRカンファレンス2016秋で大好評だった、『HR Techで人事が変...