企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数13921件   回答数29400

新規採用手法に関しまして

各位

お世話になっております。

表題に関しまして、現在弊社では中途採用数(社員・パート社員等)を促進すべく新たな採用手法を検討しているところでありますが、社員の紹介採用手法以外で新規採用手法はございますでしょうか(コスト面等は一旦無視して大丈夫です、また大手媒体に掲載する等は除いて)
併せて企業様の導入例等ご教授頂けますと幸いです。

お忙しいところ大変恐縮ではございますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  • 投稿日:2018/12/19 09:26
  • ID:QA-0081133

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/12/19 09:42
  • ID:QA-0081137

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、費用を考慮されないという事でしたらやはり人材紹介会社に直接ご相談されるのがよいでしょう。媒体利用に限らず様々な有益となる情報を有していますし、自社のみで検討されますと資源を多くつぎこんでもロスが多くなりがちですので、御社の業態や採用ニーズについてご説明された上で最適な採用方法をアドバイスしてもらう事をお勧めいたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/19 10:50
  • ID:QA-0081141

株式会社パフォーミア・ジャパン 代表取締役

参考までに

初めまして。森と申します。
人材の見極めから組織づくりを成功させる専門家です。

投稿を拝見しました。新卒ではなく、中途採用ですよね。

求人媒体掲載、リファーラル、人材紹介会社などは軸としては外せないでしょうが、それ以外ですと、転職イベントへの参加、Facebookやインスタグラム、ブログなどでの自社情報発信、ヘッドハンティングなどが挙げられるでしょう。

求人媒体自体にも強みと弱みがありますし、業種によって、人気/不人気があるので、御社にマッチする媒体を見つけることはかなり重要かと思われます。

地元向けの求人媒体の小さい枠でキャッチだけ目立たたせて、検索名やURLを掲載して自社HPに誘導する会社もありますし、Wantedlyなどの共感型サイトが効果があったと言っている会社もあります。

成果報酬型求人サイトで、たくさん広告を出しておき応募を増やし、見極めをしっかり行うことでミスマッチを避け、結果的にコストを抑えている会社もあります。

弊社のクライアントの中には、複数の求人媒体とSNS発信を組み合わせて、月に200~500人の応募を集めている兵の会社もあります。(弊社HPの導入事例をご覧ください。)

御社の業種、状況などをもう少しお聞かせいただければ、もう少し具体的なアドバイスができるかもしれません。

これからの中途採用は、通年採用で一年中門戸を開けておき、基準にあった人材がきたら採用するという方法が主流になっていくと思います。もし人材の出入りが頻繁に起こっている場合は、ミスマッチ採用か、もしくは組織内部に問題があり、それがコストの損失にも繋がっているはずです。

企業側も最初にしっかり人材の見極めを行い、より長くより安定して働いてくれる人材を見つけていくことが、人材不足の悪循環の逆向きにさせることになります。

よろしくお願いします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/19 11:29
  • ID:QA-0081145

代表者

先ず、採用対象のポジショニングを

▼ 採用に関する活用媒体には、次の7つの活用ツールがあります。
① ハローワーク ② 大学や専門学校 ③ 求人媒体 ④ 人材紹介 ⑤ 人材派遣 ⑥ SNS ⑦ 外部個人の紹介
▼ 夫々に、一長一短があります。希望の人材獲得に必要な要件の軽重順位を、次の要素軸で、ポジショニングした上で、募集方法を絞り込みます。
▼ 要素軸は、「コスト」、「人材のスペック」、「人材の母数」の3種類です。コスト要素の無視というのは、人材のスペックがばっちり合えば、青天井ということですが、仮令、結果論としてそうなっても、採用方針を立てる段階ではシッカリ決めなければなりません。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/12/19 12:50
  • ID:QA-0081147

人事・経営コンサルタント

採用方針

手法はインターネット中心次々と新たなサービスが出ていますが、基本的に料金後払いや成功報酬、人材登録型スカウトなど、大きな意味では大差ありません。新たなサービスを探すより、貴社の採用したい社員のスペックを精査し、正社員といっても職務によって求めるスペックは全く違うはずですので、業務に即して具体性のあるジョブディスクリプションをまとめるなどが先ではないでしょうか。
それが固まれば、その人材に合うソーシングは選びようがあります。(予算と効果は一致する訳ではありません)

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
社員紹介制度の報奨金
他の方の質問にありましたが、そもそもどうして報奨金を社員に支払うことが違法なのでしょうか。
契約社員就業規則の同意をもらう社員の範囲について
質問いたします。弊社では現在社員300名、うち10名が契約社員です。このたび契約社員就業規則を改正するにあたり、同意をとろうと思います。その際同意をとる社員は契約社員だけでいいのでしょうか。もしくは全社員の方がいいのでしょうか。ちなみに、正社員を対象とした就業規則を改正する場合、全社員を対象に同意を...
採用時面接について
採用試験時の面接について、その手法を提供してくれる業者などはあるものでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

タレントパレット みらいプランナー画像
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:03/01~03/19
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理

注目コンテンツ


新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介します。
貴社の課題解決のヒントに、ご活用ください!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


エンゲージメントサーベイの選択眼を養う<br />
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

エンゲージメントサーベイの選択眼を養う
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

従業員に長く活躍してもらうために、いかに組織の土台を作り上げていけばい...